羽生結弦の “限定オルゴール” が即完売のウラで、コラボ快諾の意外な理由

週刊女性PRIME によると。

 10月20日に開幕したフィギュアスケートグランプリシリーズ。日本が誇るエースの羽生結弦は、11月3日から行われる第3戦のフィンランド大会に出場する。人気ぶりは相変わらずで、

「10月に2冊の写真集が発売され、10月22日付のオリコンランキングでは、2作同時にトップ10入りしています」(スポーツ紙記者)

 10月17日には、彼にちなんだ“あるもの”が発売に。

「昨シーズン演じたショートプログラム、ショパンの『バラード第1番』と、フリーの『SEIMEI』をメロディーに用いたオルゴールがそれぞれ発売されました。写真も羽生選手を撮影し続けているフォトグラファーの能登直さんの撮り下ろしで、ファン必見のものになっています」(同・スポーツ紙記者)
あっという間にプレミア化
 オルゴールはクリスタルを用いた豪華なもの、ジュエリーケース状になっているもの、ショップバッグのような形になっているカジュアルなものの3種類で、2200円~4万5000円となっている。

「発売当日は3時間で完売。数量限定のため、直後に出品されたフリマサイトでは価格が高騰しました。2200円のものが2点セットで2万円、4万5000円のものが5万5000円でしたね」(ワイドショースタッフ)

 あっという間にプレミア化したオルゴールだが、反響を受けて11月からは注文の受け付けが決定している。今回、このオルゴールを作成した『日本電産サンキョー』は、オルゴール業界で最大ともいわれるメーカー。今回のコラボレーションについて問い合わせてみると、
「楽曲に関しては、羽生選手がどの部分を使用するかを考えました。『バラード第1番』は冒頭部分、『SEIMEI』はステップの部分で、映像がすぐにイメージしやすい場面です」(同社担当者)

 実際にこの部分は、30秒以内に収まる短いもの。しかし、

「何度もやりとりを繰り返しましたね。羽生選手の“音楽”に対するこだわりの深さを感じました」(同・担当者)

 今回のコラボレーションが決定した背景には、実は意外な理由があった。

「この会社のスケート部には、平昌五輪のスピードスケートで2つの金メダルを獲得した高木菜那さんをはじめとした有力選手が在籍しています。冬季五輪のスケート競技にゆかりが深いこともあって、羽生選手も快諾したそうです」(前出・スポーツ紙記者)

 オルゴールの人気同様、今年も破竹の勢いで滑り出してくれるはずっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です