「完璧だ、サトコ・ミヤハラ」 宮原の演技に欧州実況興奮「まさにブリリアントだ!」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦、NHK杯は9日、女子ショートプログラム(SP)を行い、GP第1戦のスケートアメリカ優勝の宮原知子(関大)はシーズンベストの76.08点で2位。3年ぶりの優勝へ好発進を決めた。欧州で衛星放送で中継した「ユーロスポーツ2」の実況アナウンサーも「ブリリアント! まさにブリリアントだ!」と大興奮で絶賛している。

 白の衣装に身を包んだ宮原は欧州メディアも魅了した。今季の新プログラム「小雀に捧げる歌」の美しい調べに乗せて冒頭の3回転ルッツ―3回転トウループの連続ジャンプを成功させた。

 すると「ユーロスポーツ2」の実況は「魔法のようなスタートだ、ミヤハラ!」と伝えた。ダブルアクセルも完璧に着氷させると、後半の3回転ループも綺麗に決めるなど、トレードマークのパーフェクトに「まったく問題なしです」とうっとりの様子だった。

 演技後にはスタンドから巻き起こる、スタンディングオベーションに会心の笑顔を浮かべる宮原の美しさに「ハッ!」とおもわず絶叫してしまった実況アナ。そして、「ブリリアントだ!まさにブリリアントだ!完璧だ、サトコ・ミヤハラ」と最上級の賛辞を並べていた。

 スコアはシーズンベストの76.08。宮原は華麗な舞いで欧州メディアをも魅了していた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です