エリザベスカラー派? それとも術後服派?

ねこのきもち WEB MAGAZINE によると。

そのときに、うにとてんちゃんは服を着るのが苦手!と書きましたけれど、実は『まぁ大丈夫♪』な場所が、一か所だけあるのです。
それはどこかといいますと・・・・首周りなのです!(・∀・)b

小さい頃から迷子防止用のネームタグを付けた首輪をしていたからでしょうか、うにもてんちゃんも首周りに何かを装着するのには、かな~り寛容でして。

うになんて特に『大丈夫♪』なタイプだったので、たとえ相当大きな物だったとしても、たいして気にすることなく、首周りに着けたまま遊んだりしていました(^∀^;)
なのでふつうの首輪はもちろんのこと、マフラー、襟付きの首輪、ワッペン付き首輪、ふわっふわのフェイクファーなどなど、いろいろな“首周りオシャレ”をした写真が残っているのでした(*^-^*)

服を着ると途端に動きがきごちなくなっちゃうてんちゃんも、うに同様、首周りだけは大丈夫みたいです。
そんな2匹ですから、ケガなどをして致し方なくエリザベスカラーを付けたとき、付けたままキャットタワーに駆け登ってみたり、問題なくトイレに入ってみたり、便利なマクラとしてそのまま寝てみたり・・・・ものすごい早さでエリザベスカラーに馴染んでおりました。
『ちょっと大き過ぎるけどね、この首輪( ̄ω ̄)』ぐらいの感覚だったのかもしれませんよね、うに・てんにとっては(^∀^;)

もはや自分の一部!というぐらい、エリザベスカラーのあつかいが上手だったうに・てんとは真逆で、まったくエリザベスカラーになじめなかったのが、実はもーちゃん。
以前手術をしたあと、エリザベスカラーを付けなければならない時期があったのですが、歩くときもトイレに入るときもガンガンぶつかって上手くいかず、しまいには『もう動きたくない(_ _lll)』という感じになってしまい・・・。
あまりにも不憫だったのでカラーをやめ、術後服にしてみたところ、ようやくふつうに動けるようになったという(;・ω・A

まぁ、そんなことない方がいいに決まってるんですが、猫たちだって人間と同じで、やむを得ず手術をしなければならないときもあったりしますのでねd(・ω・;)
術後服かエリザベスカラー。
両方とも・・・とはいきませんでしたが、その片方だけでもあまりストレスなく付けてくれるコたちでよかったなぁと、思っている次第であります(;^∀^A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です