真央以来の快挙、紀平梨花が女王ザギトワ抑え初出場V 

東スポWeb によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル最終日、女子フリーで、ショートプログラム(SP)首位の紀平梨花(16=関大KFSC)がトップの150・61点を出し、自己ベストの合計233・12点で初出場優勝を果たした。日本勢のGPデビューシーズンでの制覇は2015年の浅田真央以来。

 平昌冬季五輪女王のアリーナ・ザギトワ(16=ロシア)はSP、フリーともに2位の合計226・53点で2位に終わり、連覇はならなかった。

 3位は215・32点のエリザベータ・トゥクタミシェワ(21=ロシア)が入り、坂本花織(18=シスメックス)は211・68点で4位、宮原知子(20=関大)は201・31点で6位だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA