紀平梨花の脅威は15歳コストルナヤか 3A跳べるとスルツカヤ氏が断言「彼女は飛行的」

THE ANSWERによると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで初優勝を飾った紀平梨花(関大KFSC)。平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)を破った戴冠の要因の一つは代名詞の「3回転アクセル」だったが、元世界女王イリーナ・スルツカヤはジュニアGPを制した15歳アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が将来的に“3回転アクセルを跳べる”と断言している。

 02年ソルトレイクシティ五輪銀、06年トリノ五輪銅と2大会連続で銅メダルを獲得したスルツカヤ氏。世界選手権も2度制したロシアの元女王はロシア紙「スポルトエクスプレス」のインタビューに応じ、GPファイナルについてジュニア、シニアともに見どころが豊富だったと総括。「誰が一番強い印象を与えましたか?」と問われると、1人の名前を挙げた。

「ジュニアに関して言うと、アリョーナ・コストルナヤが競争にならないほど優れていました。この優美で上品で精巧な滑りはアレクサンドラ・トルソワがまだ及ばないものです。彼女はありえないくらいに難しい技術的コンテンツを持っていますが、2つ目の4回転ルッツがうまくいかなかったのが残念です」

 コストルナヤの何が他のライバルを圧倒しているのかについて「アリョーナ(コストルナヤの愛称)はスケートと最も難しいエレメンツがうまく絡み合っているし、すべてとても正確で調和している」と語り、続けて絶賛した。
3回転アクセルも可能と断言「練習では2回転と同じくらいの確実性をもっている」
「彼女のプログラムを広げてみると、ただ単に滑っている、跳んでいるところがほんの一瞬もない。アリョーナのすべてのジャンプが流れるような動きやステップとともにある。その上、ジャンプが軽快で美しい。私は彼女の滑りが気に入りました。すべてのジュニア選手を見ましたが、コストルナヤがまさにシニアへ移る準備ができているスケーターと言えるでしょう」

「彼女のアクセルにはまだもう1回転足す余地がありますか?」と聞かれたスルツカヤ氏は「彼女のアクセルは素晴らしくて軽やかで飛行的です」と前置きした上で、コストルナヤのポテンシャルを高く評価する同氏は「そこには2回転足す余地があると思われます」と冗談交じりに答え、3回転アクセルは十分可能とした。

 コストルナヤは現状、2回転アクセルをショートプログラム、フリーで合わせて3本跳ぶが、これが3回転アクセルに変われば、紀平にとって強力なライバルとなる可能性もある。スルツカヤ氏は「彼女は練習で3回転アクセルを2回転アクセルと同じくらいの確実性をもって跳んでいると言われています」とも付け加えている。

 GPファイナルは217.98点とシニア顔負けの高得点を叩き出し、優勝したコストルナヤ。母国の元女王も認める逸材は今後どんな成長曲線を描くのか。女子シニアを賑わせる才能を秘めていることは間違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA