紀平梨花、「ものすごいダメな失敗をしてしまった、と思いました」

AERA dot. によると。

 昨年末開催されたフィギュアスケートの日本一を決める大会、全日本選手権。女子は注目の紀平梨花がショートで出遅れたが、フリーで巻き返した。強い気持ちでトリプルアクセル2本を成功。その心の動きを追った。

 女子の主役は、昨年12月初めのグランプリ(GP)ファイナルで優勝し、世界一となった紀平梨花(16)のはずだった。

 だが、紀平には、初めて注目を浴びてから迎える「日本一決定戦」という重圧がのしかかっていた。加えて、9月から使ってきたスケート靴が柔らかくなっている不安も抱えていた。

「GPファイナルでもギリギリの柔らかさだったけれど、そのあと新しい靴に替える時間がありませんでした」

 靴の足首部分の革が柔らかく、ジャンプを跳ぼうとして体重をかけるとグニャッと曲がってしまう。公式練習では、靴の足首部分にテープを巻いて補強し、適度な硬さを模索した。

 しかし21日のショート直前、過度の緊張から冷静な判断を欠いてしまった。まず、感触を柔らかくするためのジェルパッドを足首に巻いた。さらに6分間練習が終わったあと、本番直前にまたテープを巻き直して、慣れない硬さに変えてしまった。

 スタートのポーズをとった瞬間に、感触が悪いことに気づく。

「ものすごいダメな失敗をしてしまった、と思いました」

靴も心も整わないまま演技をスタートし、トリプルアクセルは転倒、続く連続ジャンプでもミスをし、68.75点でまさかの5位発進となった。

「すごく不安があったまま演技してしまいました。フリーに向けて何かを変えないと」

 何とかして気持ちを強気に持っていきたいが、不安は大きくなるばかり。フリーの23日は、公式練習から本番までの間は、ホテルでいったん昼寝をする予定だったが寝付けなかった。

 本番1時間前に会場入りすると、頭をフル回転させて自分の弱さと向き合った。

「この不安に勝てなかったら、もっと大きな大会では絶対に勝てない。ここでミスしたらGPファイナルで1位をとれた選手じゃない。これだけ不安なのは、頑張りたい気持ちが強いからこそ。頑張ろうと思う裏返しだ」

 急に気持ちがポジティブに変化した。冷静になり、跳びやすい硬さになるよう靴をテープで補強。すべての準備が整った。フリーではスタートのポーズをとると、ショートとは一転、落ち着いて靴に話しかけた。

「今までありがとう、今日もお願いします」

 集中して滑り始めると、冒頭で2本のトリプルアクセルを成功。地響きのような歓声が起きた。後半に一つミスはあったが、最後までパワーと美しさの共存する演技だった。フリーの得点は155.01点で、国際大会での自己ベストを上回るハイスコア。総合223.76点で首位に立つと、安堵の表情を見せた。

 その後、最終滑走の坂本花織(18)がショート、フリーを通じてパーフェクトの好演技を見せて初優勝。紀平にとって、シニアデビューでの全日本女王とはならなかったが、笑顔で語った。

「最高の演技ができて、不安を乗り越える良い経験ができました。靴にも頑張ってもらったので、ありがとうの気持ちです」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA