池江璃花子が白血病…急性か慢性か

FNN PRIMEによると。

この度、体調不良としてオーストラリアから緊急帰国し、検査を受けた結果、「白血病」という診断が出ました。私自身、未だに信じられず、混乱している状況です。ですが、しっかり治療をすれば完治する病気でもあります。(池江選手のツイッターより)

リオオリンピックにも出場した競泳女子代表、池江璃花子選手(18)が12日午後2時、「白血病」と診断されたことを、自身のツイッターで公表した。この発表を受けて12日午後4時ごろ、日本水泳連盟が記者会見を行った。

株式会社ルネサンス・吉田正昭代表:
先ほど本人より、コメントも発表させていただきましたが、オーストラリア合宿中、体調不良を訴え帰国後に検査をした結果、「白血病」であると告げられました。練習中、何度か体調不良を訴えたため練習を切り上げ、予定より2日早い、2月8日に帰国いたしました。早期の発見ができたとの説明を受けております。

三木二郎コーチ:
肩で呼吸するような動作がありましたので、少し休ませて回復できるかと思ったんですが、全然調子が上がってこないというのはありました。泳ぎも崩れていましたので、少しでも良くするためにどうしたらいいのかを話し合っていました。

現地で、なかなか調子が上がらなかったという池江選手。現在は、治療のため入院しているという。オーストラリア合宿へ向かう前からも、“異変”を感じていたとのことだ。
池江選手自身は前向き
三木コーチ:
現地オーストラリア・ゴールドコーストの日本人医療センターに行き、血液検査・心電図を行いました。現地のドクターが、早く帰国して再検査をしたほうがいいという説明を受け、一日でも早く帰国させようという決断になり、日本の病院で再検査をした結果、「白血病」という診断が下されました。

くよくよせず、本当に治して、また元気な姿で練習して、結果を出したいという気持ちは前面に出てましたので、私自身、非常にビックリしているんですけれども、本人のやる気・モチベーション、我々もそれに対して応援していくだけですので、ファンや関係者の皆様、温かく見守っていただきたいなと思います。

日本水泳連盟・上野広治副会長:
東京オリンピックまで限られた日にちが迫ってきてます。池江も早く治してそこに加わりたいというような、今まで勇気をつけられてた部分をほかの選手が池江に対して、これからメッセージを送るような形が一番好ましいと考えています。平井コーチとも話しましたが、池江抜きでのリレーは非常に厳しい状況だと思います。早く戻ってきてもらいたい。

今後の予定としては、日本選手権の出場を断念せざるを得ません。今は少し休養を取り、治療に専念し、1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います。これからも温かく見守っていただけると嬉しいです。(池江選手のツイッターより)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA