メドベージェワ、世界選手権に逆転選出! ロシア連盟が再討議の結果

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートの世界選手権(3月・埼玉)でロシアは女子代表3選手にアリーナ・ザギトワ、ソフィア・サモドゥロワ、スタニスラワ・コンスタンチノワを選出していたが、コンスタンチノワとエフゲニア・メドベージェワが入れ替わることとなった。コンスタンチノワと、エリザベータ・トゥクタミシェワが補欠。27日、ロシア連盟が発表した。

 注目を集めていたロシア代表選手の選考が遂に決着した。一度は補欠とされていたが、再度討議された結果、3枠目にはメドベージェワが逆転選出された。

 直前のロシア杯ファイナルでは3枠目を争っていたと見られていた3人が直接対決し、メドベージェワが復活V。トゥクタミシェワが2位でコンスタンチノワは4位だった。しかし26日に発表されたメンバーは欧州選手権から変更がなく、現地では直前のメンバー変更の可能性が伝えられていた。

 メドベージェワは2015-16、16-17シーズンの世界選手権を連覇。昨季は欠場していた。カナダ・トロントに拠点を移した今季は序盤戦で結果を残せず、グランプリファイナルの出場を逃していた。ロシア選手権でもまさかの7位に終わり、欧州選手権は補欠。ロシア杯ファイナルに最後の望みを託していた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA