ユニクロとアレキサンダー ワンの次の新作は“クール”な「エアリズム」!

GQ JAPAN によると。

ユニクロ アンド アレキサンダーワンの2019年春夏コレクションの詳細が発表になった。デザインも機能も“クール”なインナーウエアをゲットしたい!

4月12日にユニクロは米デザイナーのアレキサンダー ワンと協業するライン「ユニクロ アンド アレキサンダーワン」の2019年春夏コレクションを発売する。2シーズン目となる今回はユニクロの機能性インナー“エアリズム”にフォーカスしてアイテムを制作した。メンズ4型、ウィメンズ10型の全14型をラインナップする。価格帯は990円~2,990円、全国のユニクロ店舗とオンラインショップにて取り扱う。

メンズでは、クルーネックの半袖Tシャツ1,500円(4色)、タンクトップ1,500円(3色)、ボクサーブリーフ990円(5色)、ブリーフ(4色)を発売する。エアリズムとはユニクロが開発した速乾、吸湿、接触冷感、抗菌防臭などの快適機能を備えた機能性インナーである。両者は今回、共同で新たな“エアリズム”を開発した。表面にコットン、裏地に“エアリズム”を組み合わせた2層構造になっており、快適な着心地とインナーウェアらしい風合いを両立した。生地に生まれた厚みから、半袖Tシャツとタンクトップは1枚で着てもサマになる。

ボクサーブリーフとブリーフのゴムバンドはすべて黒で統一した。中央に「alexanderwang」のロゴがダークグレーでさりげなく入るのがポイントだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA