紀平梨花 SPで世界最高83・97点!3A成功、自身の記録更新し首位発進

スポニチアネックス によると。

 女子ショートプログラムが行われ、今季GPファイナル女王の紀平梨花(16=関大KFSC)は83・97点を叩き出し、自身が持つ世界最高記録を更新して首位スタートを切った。

 冒頭の3回転半(トリプルアクセル)をクリーンに決め、大きな拍手を受けると、フリップ―トーループの連続3回転ジャンプ、両手を上げての3回転ルッツも決めた。柔らかな曲調の「月の光」に演じきり、思わず両手で渾身のガッツポーズ。GPファイナルで自身がマークしたルール改正後の世界最高記録82・51点を更新した。

 初出場した世界選手権ではSP7位と出遅れ、4位に終わった。今季ラストの舞台で、その悔しさを払拭した。

 女子フリーは13日に行われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA