宮崎県の保健所で起こった犬と人間の奇跡の実話を、堺雅人を主演に迎えて映画化した感動作『ひまわりと子犬の7日間』

ぴあ映画生活によると。

宮崎県の保健所で起こった犬と人間の奇跡の実話を、堺雅人を主演に迎えて映画化した感動作『ひまわりと子犬の7日間』のブルーレイとDVDが8月7日(水)にリリースされることが決定した。

本作は、管理所に収容され、“命の期限”が決められた犬の母子と、職員たちの姿を描いた物語。山田洋次監督のもとで20年にわたって脚本家、助監督として経験を積んだ平松恵美子監督がメガホンを執り、堺、中谷美紀、でんでん、若林正恭(オードリー)、吉行和子、夏八木勲らが出演している。

初回限定のブルーレイには特製アウターケースとポストカード、ステッカーがつき、映像特典としてイベント映像集と、犬の撮影スナップ集、特報が収録される予定。またDVDは家族や友人、親類などにプレゼントしやすいように2940円(税込)でリリースされる。またBD、DVDともにオリジナル音声(5.1ch/2.0ch)と音声ガイド(2.0ch)を収録している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です