7月 302013
 

朝日新聞デジタル によると。

 ペットも熱中症になり、手当てが遅れれば、死に至ることもあります。専門家は「病気の知識があれば、必ず防げる」と言います。動物は苦しさを言葉で表現できません。代わりに、飼い主がしっかり注意する必要があります。

 ■どう防ぐ? 散歩は早朝、冷房も
 東京都世田谷区で、病気や事故にあった動物の救急診療をする「TRVA夜間救急動物医療センター」。この時期は、2日に1匹は熱中症の動物が運ばれてくる。犬が多いが、ネコの場合もある。嘔吐(おうと)や下痢をして「胃腸の調子が悪い」というものから、体温が上がって体内で血を固める機能が働かなくなり、血を吐いて死亡するケースもある。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>