8月 282013
 

中央日報日本語版 によると。

10年間にわたり世界フィギュア界のライバルとして注目されたキム・ヨナ(23)と浅田真央(23)が、来年2月のソチ冬季オリンピック(五輪)で真剣勝負をする。両選手は現役最後のプログラムでともに初心を強調した。しかし内容は全く違う。同じようで異なる初心を通じて、両選手が最後のフィナーレをどう飾るかが注目される。

キム・ヨナが26日に公開した新シーズンのプログラムはトピックは初心だ。キム・ヨナは現役最後の舞台のフリーの曲にタンゴ風の「アディオス・ノニーノ(Adios Nonino)」を選択した。シニアデビューシーズンだった06-07シーズンに「ロクサーヌのタンゴ」をSPの曲で選んだのに続き、2度目のタンゴ曲となる。キム・ヨナは「ロクサーヌのタンゴ」で当時のSP過去最高点を更新(71.95点)した。現役最初の舞台だったSPと最後の舞台のフリーにタンゴで選択し、「最初と最後」の意味も込められた。

しかし新プログラムは従来の「ロクサーヌのタンゴ」とは違う印象を与えると予想される。それだけにプログラム構成でも新しい試みがあるとみられる。最後まで新たな冒険と挑戦をするという意味だ。キム・ヨナの新しいプログラムを見たチョン・ジェウン大韓スケート競技連盟審判理事は「以前タンゴとは全く違う。違うレベルのタンゴを見ることになるだろう」と話した。2分50秒と比較的短かった「ロクサーヌのタンゴ」とは違い、フリーの構成上4分10秒の「アディオス・ノニーノ」ではドラマ的な構成と躍動的な動きがさらに強調され、強烈かつ新鮮なプログラムになる見込みだ。

プログラムの振り付けまで公開した浅田真央の新シーズンのプログラムも初心がポイントだ。ただ、浅田はシニア舞台で自分の存在を初めて知らせた曲を再び選択し、最も得意とする点を強調することに焦点を合わせた。2013-14シーズンのSPの曲にショパンの「ノクターン」を選定した。「ノクターン」はキム・ヨナと同じくデビュー舞台だった06-07シーズンの世界選手権で銀メダルを獲得した当時のSPの曲。「ノクターン」は叙情的な感じが強い名曲だ。

浅田は「ノクターン」に自身の必殺技のトリプルアクセルを取り入れる方針だ。自分の技術を入れて強いインパクトを残そうということだ。浅田は先月24日に愛知県で開催されたアイスショーで、「ノクターン」に合わせて新しいショートプログラムを披露し、尻餅をついたりもした。それでも自信がある曲を選択し、予定より2、3カ月ほど早くプログラムを公開し、キム・ヨナに負けないという意志を見せた。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>