真央ちゃん、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を使用するフリープログラムを初お披露目

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケートの3地域対抗団体戦「ジャパン・オープン」は5日、さいたま市のさいたまスーパーアリーナで行われる。

 ソチ五輪シーズン初戦に挑む浅田真央(23=中京大)は4日の公式練習でトリプルアクセル(3A)を2度成功させるなど、軽快な動きを披露。今回はラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を使用するフリープログラムを初お披露目するが「この大会で見つかった課題を次につなげられれば、五輪につながると思う」とリラックスした表情で話した。

 昨季前半は封印していた3Aは、初戦から組み込む予定で「今できる最高のレベルで挑めることがうれしい」。ソチ五輪後の引退を公言し、「集大成」がテーマのシーズン開幕を前に「今は五輪シーズンが始まるんだな、という思いしかない。だいぶ滑り込んできたので身体に染みついたものを披露したい」と自信を口にした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です