10月 222013
 

日刊ゲンダイ によると。

 今季限りで引退を表明している日本の女王が開幕戦で好スタートを切った。 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケート・アメリカ(ミシガン州デトロイト)最終日は20日(日本時間21日)、女子フリープログラム(FP)が行われ、浅田真央(23)が131・37点でトップに立ち、ショートプログラムとの合計204・55点で優勝。これで浅田はファイナルを含めたGP全7戦を制覇し、自身が持つ日本勢最多記録を更新する12勝目を挙げた。

 この日の浅田は序盤のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で回転不足から転倒した。ジャンプでミスが出たものの、高い表現力が評価されて演技構成点で出場選手中トップの69・54点をマークし、2位のアシュリー・ワグナーに大差をつけて圧勝した。

 その浅田のライバルである「女子フィギュアの女王」キム・ヨナ(23=韓国)は右足中足骨を損傷。9月には全治6週間と診断され、すでにGPシリーズ(第2戦のスケート・カナダと第5戦のフランス杯)欠場を決めている。GPはソチ五輪に向けて審判団へのアピールの場でもあるだけに欠場は大きな痛手だが、それでも、浅田の不安は拭えないのではないか。

 ソチ五輪で連覇を目指すキムは今回のFP曲に、タンゴの「アディオス・ノニーノ」を選定。振付師のデビッド・ウィルソンは、「この曲を表現できるのはキム・ヨナだけ」と断言。キム自身も「これまでのプログラムで一番難しい」とコメントしながら、しかもその演技を公の場では披露していないのだ。

「キムは長年のキャリアから審判団から実力を認められ、ソチでいきなり高得点を出すことも考えられる。GPを欠場したのは大逆転を狙った演技隠しではないか」(フィギュア関係者)
 見えないキム・ヨナは不気味だ。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>