真央ちゃん、「初恋」に思い込める!SP振り付け手直し

スポーツ報知 によると。

 フィギュアスケート女子のGPシリーズ開幕戦・スケートアメリカで優勝を飾った浅田真央(23)=中京大=が24日、米デトロイトから愛知の中部国際空港に帰国。帰国前に滞在したカナダでは7季ぶりに「ノクターン」を使ったショートプログラム(SP)を手直し、「初恋」がテーマの振り付けをより情感込めて滑ることを誓った。

 「悲しかったり、山があったり、雪が降ったり。いろんな感情の入れ方を教えてくれた。レベルアップしたノクターンを見せられると思う」。雪山に男性と2人でいるなど具体的なイメージを思い浮かべ、より感情を込めて滑るように振付師のローリー・ニコル氏から助言されたという。11月のNHK杯(東京)後にはフリーを手直しする計画も検討中。まずはNHK杯表彰台で2連覇のかかるファイナル(福岡)進出を目指す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です