安藤美姫、代表への道は「厳しい」も…「選んだのは自分」

デイリースポーツ によると。

 フィギュアスケート元世界女王の安藤美姫(25)=新横浜プリンスク=、ボクシングWBA世界スーパーフェザー級王者の内山高志(33)=ワタナベ=、元陸上選手の為末大氏(35)が21日、都内で行われたナイキの新製品イベントでトークショーを行った。

 4月の女児出産を経て、来年のソチ五輪出場を目指す安藤は「今はまだ1番遠いところにいる。代表への道は大変厳しいと感じてる」と話した上で「この道を選んだのは自分なので、できる限りやっていけたら」と、ソチ五輪最終選考会の12月全日本選手権に向けて、力を込めた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です