11月 032013
 

デイリースポーツ によると。

 シニア女子ショートプログラム(SP)が行われ、今年4月に女児を出産し、14年ソチ五輪出場を目指す元世界女王の安藤美姫(25)=新横浜プリンスク=は、全体的に精彩を欠き、41・97点に終わり、26人中13位と低迷。上位5人までに与えられる五輪最終選考会の12月全日本選手権の出場権獲得が危うくなった。

 冒頭の3回転ルッツが回転不足となると、続く3回転ループは1回転となり、さらに回転不足もついた。スピンやステップも緩慢で、最高評価のレベル4はなし。表現力を示す5項目の構成点もほとんどが5点台と低評価がついた。全日本出場圏内の5位とは5・58点差。4日のフリーで巻き返しがなければ、今季限りでの引退を表明している安藤の挑戦は、夢半ばにして終わることになる

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>