11月 042013
 

中央日報日本語版 によると。

“フィギュア女王”キム・ヨナ(23)がけがから回復し、ソチ冬季オリンピック(五輪)に向けて着実に準備している。一方、他の挑戦者は不振が続いている。

昨年の世界選手権で優勝したカロリーナ・コストナー(26、イタリア)は3日、中国・北京で終わった国際スケート競技連盟(ISU)フィギュアグランプリ(GP)第3戦・中国杯で計173.40点に終わり、3位となった。3月の世界選手権での自己最高197.89点を大きく下回った。昨季GPシリーズに出場しなかったコストナーは2シーズンぶりのGP優勝を狙ったが、ジャンプミスが続き、ロシアの15歳の新鋭アンナ・ポゴリラヤ(178.62点)、17歳の期待株アデリナ・ソトニコワ(174.70点)の点数を下回った。

出産後の現役復帰で話題となった安藤美姫(26、日本)は五輪出場も厳しい状況となった。五輪出場権がかかる日本選手権に参加する資格を得られる東日本選手権で極度の不振を見せた。3日に行われたショートプログラムで安藤は41.97点に終わり、出場選手26人のうち13位だった。フリーで圧倒的な点数を出さなければ事実上、五輪出場は難しくなった。

これに先立ち日本フィギュアの看板、浅田真央(23)は今季唯一200点を超えたが、演技に対しては厳しい評価があった。ジャンプは回転数不足が続き、ロングエッジ判定を受け、特技というトリプルアクセル(空中3回転半)では尻餅をついた。英ユーロスポーツは「浅田のスケートにはジャンプがあるだけで、演技にカリスマがあるのか尋ねたい。確信を持てない」と酷評した。

こうした挑戦者の姿は安定的に自分の道を進むキム・ヨナとは対照的だ。コストナー、安藤は昨季ともに現役引退を悩むなど不安定な選手生活を続けた。結局、ソチ冬季五輪を最後の挑戦舞台に決めたが、心理的に安定しない状態で選手生活を続け、実力の低下につながった。

一方、キム・ヨナは“強心臓”だ。コストナー、安藤のように昨年7月、ソチ冬季五輪挑戦を宣言し、引退計画まで明らかにしたが、動揺なく前進している。9月は足のけがでGPシリーズ不参加を決めたが、順調に回復し、体調を70-80%の状態まで高めた。

キム・ヨナの主治医は「キム・ヨナは性格がいい。現在の状況をよく受け止めながら、未来について深刻に心配せず、リハビリに集中している。いつも明るい表情で練習するのがよい」と話した。トリプルジャンプまで跳ぶほど体を作ったキム・ヨナは、近く来月出場するB級国際大会も決めるとみられる。

チョン・ジェウン大韓スケート競技連盟審判理事は「キム・ヨナは経験が豊かで、いくつものヤマ場を乗り越えてきた選手。いかなる困難もクールに受け止め、自分との戦いに集中する姿が見られ、他の選手とは比較される面が多い」と述べた

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>