12月 242013
 

THE PAGE によると。

 シーズンの疲労の蓄積と五輪チケットのかかった全日本の緊張感。音のしない何かが、浅田の肉体にメカニズムを蝕み、非常にデリケートな作品であるトリプルアクセルに狂いを生じさせたのだろう。

■技術点による打倒キム・ヨナ

 浅田が、高難度のトリプルアクセルをプログラムに2つ組み込むことに、ここまでこだわる理由は、“打倒キム・ヨナ”に他ならない。“美しい着氷”などで、プラス2、プラス4と、着実に加点されていくキム・ヨナの技術と芸術性に打ち勝つには、トリプルアクセルを2度成功させて技術点をドンと上乗せするしかない。悲壮とも言える金メダル獲得プログラムなのである。

 では浅田の考えているソチ五輪金メダル作戦は果たして正しいのか。そして、ソチの本番で成功させるためには残り1か月半に何をすべきか。

■勝つためにはこのプログラムしかない

 前述の中庭さんは「キム・ヨナに勝つには、このプログラムしかないでしょう。グランプリシリーズでは“一発目のアクセルは心配なく問題は2発目だけ”という次元にまで進んでいたと見ていました。今後、2度のアクセル成功を当たり前にするためには、練習で成功体験を重なることしかないと思います。朝早くても跳ぶ。体がきつい状態でも跳ぶ。緊張している場面でも跳ぶ。どんな状況においても成功するという安定感と自信をつかむことでしょう。練習は裏切りません」と言う。

 同じく今川さんも浅田の狙いを支持している。
 「全日本で調子が悪かったことが、浅田選手のとってはかえって良かったのではないかと思っているんです。ピークをここに持ってきてしまった方が五輪で心配は出ます。まずは、疲労を抜くこと。そこから、もう一度立て直してトリプルアクセルを復調させることでしょう。大舞台に強い選手ですし、できていたジャンプなので本番で、このプログラムを成功させる可能性は十分にあると思います。表現力の部分でも、キム・ヨナとの差は縮まっています。キム・ヨナも試合出場数が少ないですし故障を抱えフリーでのスタミナ面などに不安もあるでしょう。映像を見る限りですが、かつてのスピードと勢いを感じません。今日の結果を悲観的にとらえる必要はなく、浅田選手の金メダルはあると考えています」

 浅田自身も、「(2度のトリプルアクセルを)これが当たり前というふうにしたい」と語った。トリプルアクセルを非日常ではなく日常とすること。それは、決して簡単な作業ではないが、有終の美を輝く黄金色に染めるには、トリプルアクセルの成功確率アップにかかっている。               

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>