キム・ヨナ「自信持てる仕上がり」……ソチで五輪連覇狙う

聯合ニュース によると。

来月のソチ五輪で2連覇を目指すフィギュアスケート女子のキム・ヨナ(23)は15日、ソウル市内で行われた五輪選手団のメディアデー(公開取材日)に出席し、「(今季出場した)2大会より自信を持てる状態」と仕上がりに満足感を示した。
 キム・ヨナは今季、右足甲のけがで出遅れたが、順調に調子を上げ、五輪2連覇への期待が高まっている。今季初戦として臨んだ昨年12月の国際大会、ゴールデンスピンで合計204.49点をマークし優勝。年明け、ソチに向けた最終リハーサルとして出場した韓国選手権では合計227.86点で圧勝した。国内大会のため国際スケート連盟(ISU)公認記録ではないものの、全体的にゴールデンスピンより完成度の高い演技を見せた。
 キム・ヨナは「練習でミスなく何度もプログラムを滑り切った。自信はある。いつもうまくはできないが、練習では十分に自信を持てるほど準備ができた」と話した。難度が高いとされるタンゴのフリープログラムについては、「何でこのプログラムを選んだのか後悔もしたが、今は慣れた」と笑った。
 最終調整に関しては、「これまで通り練習する計画」とした上で、「前の大会で見つかった不十分なところを補い、プログラムを完璧に消化できるよう完成度を上げたい」と語った。また「大勢の方々が五輪2連覇と話しているが、個人的にはそこに焦点を当てていない。どのような結果であれ後悔なく、満足して(演技を)終えたい」と話した。
 キム・ヨナにとって、ソチ五輪が現役最後の大会になる。「五輪が終わると、選手生活が終わるというのが4年前のバンクーバーと違うところだ。それだけにプレッシャーはなく、気楽に(演技が)できそうだ」と言う。
 「自身の最後の舞台をひと言で表したら」という質問には「最後のお祭り」と答えた。
 キム・ヨナは五輪後半に出場するため、選手団本隊より遅く現地入りする予定だ。「いつもクリーンな演技がしたいという気持ちはある。ミスをまったくしないことはできないが、たくさんはしたくない」と笑顔を見せた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です