1月 312014
 

日刊ゲンダイ によると。

「フィギュアスケートで金メダルを取るには戦略があるんです」

 ソチ五輪を直前に控え、こう断言するのは、あるスケート関係者だ。

 フィギュアの得点は技術点と構成点に分かれている。ジャッジ(審判)の目によって点数が異なるところが、この競技の採点がすっきりしない原因といわれている。

 ならば、そのジャッジに好印象を与えれば基礎点の加点は多くなるはずだ。前回の五輪で金メダルを取ったキム・ヨナはそれが「はまった」。

 キム陣営は2010年のバンクーバー五輪を見据えて、07年からサラエボとカルガリー五輪のフィギュアで銀メダルを取ったカナダ人のブライアン・オーサーに指導を直訴した。現在の羽生結弦のコーチだ。

 キムは練習拠点をカナダ・トロントに移し、振付師もカナダ人のデビッド・ウィルソンに代わった。

「キム陣営は、指導実績はなくてもオーサーの人脈が魅力だった。09年に、カナダ人としては14人目のフィギュア殿堂入りが堅いとみられていたオーサーは国際スケート連盟副会長(デビッド・ドレ)らと親しく、自国のジャッジを通じ採点の傾向の研究も重ねていた。オーサーは、『体力がない浅田真央はフリーの後半にミスをする』と読んでいた。実際に浅田はフリーのジャンプでミスを連発。加点がすべて0点台(計2.72)だったのに対し、キムは0点台がなく計12点。オーサーの読みはズバリだったが、キムの高い加点はオーサーの尽力があったからです。それでも五輪の半年後にコーチを解任されたのは、キム・ヨナにとってはもはや用なしになったからでしょう」(前出の関係者)

■ロシアでは知らない人はいない

 今回の浅田はどうか。佐藤信夫コーチ(72)はオーサーほどの戦略家ではないだけに、今季フリープログラムの振り付けを担当したあのオバちゃん、タチアナ・タラソワ(66)の存在が大きい。

 タラソワの父はソ連時代、アイスホッケーの代表チームを9度の世界王者に導いた英雄アナトリー・タラソフ。11年に他界した旦那(ウラジミール・クライネフ)は著名な音楽家だ。この2人に加え、「タラソワを知らないロシア人はいない」といわれている。

 今回、浅田がフリーで滑るのは「ピアノ協奏曲第2番」。ロシアが生んだ偉大な作曲家ラフマニノフの名曲だ。タラソワはロシア出身の作曲家の曲を使うのがお決まり。ソチ五輪で浅田が滑る姿を念頭に置いて提供したものだ。ラフマニノフの曲をタラソワの振り付けで滑れば、ロシア代表の2人(リプニツカヤとソトニコワ)と同等の地元応援団がつくに違いない。大歓声はジャッジの心を必ずや動かすはずだ。

 ちなみに今回のキムのコーチは韓国人、振付師は前回大会と同じウィルソンだ。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>