2月 102014
 

スポニチアネックス によると。

 8日のフィギュアスケート団体女子ショートプログラム(SP)で、浅田真央(23=中京大)は今季自己ワーストの64・07点で3位に終わった。冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で激しく転倒するなど精彩を欠いた。19日にSP、20日にフリーを控える個人戦に向け、近日中に合宿地のアルメニア・エレバンに渡り、立て直しを図る。9日の団体男子フリーでは町田樹(たつき、23=関大)が165・85点で3位となった。

 大歓声が鳴りやまない。直前に滑った地元・ロシアのリプニツカヤの好演技に会場が大興奮に包まれたまま、浅田の演技がスタートした。「ノクターン」のピアノの旋律が響き、冒頭にトリプルアクセルにアタック。両足で着氷した後、激しく夢のリンクに転がった。今季自己ワーストの64・07点。はかなげな表情でフィニッシュすると、悔しそうに口を真一文字に結び、そして舌を少しだけ出した。

 「最初の失敗が大きかった。リンクに乗ったとたんに気持ちがコントロールできなくなった。これが五輪なんだなって」

 日本での調整では「今までで一番」というほど絶好調。5日にソチ入りした後の公式練習でも、トリプルアクセルを完璧に成功。明らかに今季一番の仕上がりだったが、演技直前の6分間練習で大技を一度も決められずにリンクを下りた。「ジャンプが決まらないままの本番で、少し気持ちが乱れてしまった」。ライバルのキム・ヨナ(23=韓国)不在の団体SPで3位。韓国メディアからキム・ヨナについて聞かれると、関係者が「質問は団体のことだけにしてほしい」と制止するシーンもあった。

 前日(7日)までは表情に自信がみなぎっていたが、SP演技前の昼頃に暗転した。「緊張感がお昼くらいに来た」。夜の会場入りまでに何とか落ち着いたものの、リンクに立つと“魔物”は再びやってきた。「予想以上に緊張した」。ここまでの緊張感を味わったのは、「バンクーバーの時ですかね」と言う。五輪独特の雰囲気に加え、自身が失敗すればチームに迷惑をかける新種目の団体。演技後、羽生らが出迎えてくれたが、「ごめんなさいって感じだった」と力なく笑った。

 好仕上がりが演技に直結せず、集大成の夢舞台は失意のスタート。「これだけ練習してきて、こういう演技だったことは、じゃあ(練習は)何だったのかなって思う」。個人戦へ「不安が出てきたか?」と問われると「出てきました」と珍しく弱気な言葉が口をつく。一夜明けた9日はオフ。近日中に直前合宿地のアルメニアに渡り、19日のSPに向けて調整する。「まだ時間はある。もう一度気持ちを切り替えて、よく考えます」。この試練を乗り越えた先に、黄金の輝きは待っている。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>