2月 122014
 

産経新聞 によると。

 女子フィギュアの日本のエース浅田真央(中京大)は現在、一時的にソチを離れアルメニアの首都エレバンで調整中。日本代表の小林芳子監督は「ソチと気温差があってリンクも寒いらしいが、練習は順調に行えていると連絡を受けている」と現況を伝えた。

 団体戦から個人種目までの調整場所として、日本スケート連盟が用意した拠点は、ソチと時差がなく移動時間も約1時間半と近い。浅田は10日から女子SPが行われる19日の直前まで、佐藤信夫コーチと滞在する。ソチに似せた氷質のリンクは、宿泊するホテルから車で約15分。鈴木明子(邦和スポーツランド)と2人で午前と午後に3時間ずつ利用でき、浅田は初日から合わせて3時間滑ったという。

 連盟が派遣した医師とトレーナー、スタッフも常駐し、日本食も持ち込んでサポートも手厚い。8日の団体戦女子SPはトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)失敗で3位に終わった浅田。アルメニアで立て直した演技をソチで披露する。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>