2月 152014
 

サンケイスポーツ によると。

 ソチ五輪フィギュアスケート男子フリーが14日、アイスバーグ・スケーティング・パレスで行われ、羽生結弦(19)=ANA=が178・64点。合計280・09点で、金メダルを獲得した。町田樹(23)=関大=は冒頭の4回転こそ転倒したもののその後はミスなく演じ、253・42点で5位。高橋大輔(27)=関大大学院=は、点数が伸びず250・67点で6位。世界選手権3連覇中のパトリック・チャン(23)=カナダ=は、275・62点で2位だった。

 悲劇が喜劇に変わった。『ロミオとジュリエット』に乗った羽生は、冒頭の4回転サルコーで転倒。続く4回転トーループこそ決めたが、次の3回転フリップを失敗。ジャンプの基礎点が1・1倍になる後半は、コンビネーションジャンプを連続で決めた。華麗なスピンで終え、観客にお辞儀。安堵の表情を浮かべた。

 すべてはあとに滑るチャンのでき次第だった。世界王者は4回転トーループ、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に失敗。羽生の点数を上回ることができなかった。事実上、金メダルを確定させた19歳は、最終24番滑走を務めたジェイソン・ブラウン(米国)の得点を取材エリアで見届けると、指導を受けるブライアン・オーサー氏(カナダ)と歓喜の抱擁を交わした。

 「ビックリしているとしかいいようがない。結果として金メダル。日本人として誇りに思う」

 フラワーセレモニーでは、銅メダルのデニス・テン(カザフスタン)、チャンを従えて、表彰台の中央に立った。前日のショートプログラム(SP)で、史上初の100点超えとなる101・45点で首位に立ったことが大きかった。日本選手団に今大会初の金メダルをもたらした。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>