2月 192014
 

スポーツ報知 によると。

フィギュアスケート女子シングル(19日、アイスベルク・パレス) 注目のフィギュアスケート女子ショートプログラム(SP)は19日(日本時間20日未明)に行われる。悲願の金メダルを狙う日本代表の浅田真央(23)=中京大=は18日朝、会場のアイスベルク・パレスで行われた公式練習に参加し、大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に4回挑んで2回成功。団体戦女子SP、フリー1位となったロシアの新星ユリア・リプニツカヤ(15)=ロシア=も同じ組で練習し、高難度ジャンプを決めるなど、見えない火花を散らした。

 ただならぬ緊張感が漂った。SP前日の本番リンクでの最終調整。SPで最終滑走30番となった真央は、同じ最終第5組に入った地元ロシア勢と一緒に滑った。団体戦後はモスクワで調整していたリプニツカヤも、この日から合流。あと1日後に迫った最終決戦へ、対決ムードは一層高まった。

 集大成の五輪に向け、真央は上々の仕上がりを見せた。SPの「ノクターン」を流した練習では、ジャンプを跳ばずに動きをチェック。プログラムの鍵を握る3回転半は挑戦一発目で決めた。その後は2回連続で1回転半になったが、最後の1回はきれいに成功。「それがあるから、自分も強くいられる。ソチでも跳びたい」とこだわる3回転半の好感触をつかんだ。フリーに組み込む2連続3回転や2回転半―3回転の連続ジャンプも成功させた。

 マイペースを崩さない真央を横目に、勢いに乗るロシアの新星は攻撃的だった。練習開始から果敢にジャンプを跳び、得点源の3回転ルッツ―3回転トーループや2回転半―3回転―2回転を成功。曲をかける練習ではフリーで使う映画「シンドラーのリスト」の音楽に合わせ、ほぼすべてのジャンプを決めた。

 団体戦でロシアの優勝に貢献した15歳は、地元紙1面を飾るなど金メダル候補に浮上。真央も「すごいところまで足が上がる」と驚くほど、足を垂直に上げる「キャンドルスピン」も武器だ。昨年12月のGPファイナルは優勝した真央に次ぐ2位に終わったが、年明けの欧州選手権では今季世界最高209・72点で初制覇。練習後は海外メディアが集まったものの、ピリピリ感を漂わせて取材をシャットアウトした。

 真央も練習後は取材に応じず、会場を後にした。ロシアの10代選手との対決にも注目が集まるSP。「これからは若い選手が引っ張っていくと思うが、演技は自分との戦い。やりきったという思いで終わることが大事」。ソチにたどり着いた自信を胸に、大人の真央は自分の演技に完全集中する。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>