2月 212014
 

サンケイスポーツ によると。

 ソチ五輪のフィギュアスケート女子フリーが20日行われ、ショートプログラム(SP)で16位と出遅れた、前回バンクーバー五輪銀メダルの浅田真央(23)=中京大=は、フリー3位となる自己ベストの142・71点をマーク。合計198・22点で6位入賞を果たした。鈴木明子(28)=邦和スポーツランド=は8位、村上佳菜子(19)=中京大=は12位だった。

 地元ロシアのアデリナ・ソトニコワ(17)が149・95点をマークし、SP2位から逆転して合計224・59点で金メダルを獲得した。SP1位のキム・ヨナ(23)=韓国=は合計219・11点で2位に終わり、史上3人目の五輪連覇はならず。元世界女王カロリナ・コストナー(27)=イタリア=が合計216・73点で銅メダルだった。

 母にささげるトリプルアクセルだ。12番滑走の真央は、冒頭の3回転半ジャンプに成功。GOE(出来栄え点)で0・43点加点され、今季初めて代名詞を完ぺきな形で決めた。続く2連続3回転は後半のループが回転不足とされ、3回転ルッツはエッジエラー。ダブルアクセル-3回転トーループは後半のトーループが回転不足に陥った。全6種類のジャンプを投入し、3回転ジャンプを計8度跳んだ。成功させれば女子の五輪史上初の快挙だったが、その夢はかなわず。それでも自己ベストをたたき出し、演技後は周囲の目もはばからず号泣した。

 「終わったときは『やった』という気持ちが強かった。4年後?想像できない」

 集大成と位置づけた2度目の五輪。メダルは獲得できなかったものの、SPから10人抜きで、6位まで順位を上げた。3月の世界選手権(埼玉)が現役最後の大会になりそうだ。2011年12月9日に肝硬変で亡くなった最愛の母・匡子(きょうこ)さん(享年48)も天国できっと、喜んでくれただろう。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>