ソトニコワ、世界選手権出ずアイスショーへ

朝鮮日報日本語版 によると。

 アデリナ・ソトニコワ(17)=ロシア=の「実力検証」の機会は今秋まで持ち越されることになりそうだ。

 ソチ冬季五輪フィギュアスケート女子シングル金メダリストのソトニコワは、31日(現地時間)にロシア・サンクトペテルブルクで開催されるアイスショーに出演することをソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「インスタグラム」の自身のアカウントで14日、発表した。

 このため、今年の世界選手権(さいたま)には出場しない可能性が高い。世界選手権女子シングルの試合は27日(ショートプログラム〈SP〉)と29日(フリー)に行われ、30日には入賞者が出演するエキシビジョンが決まっている。ソトニコワは今も世界選手権「待機選手」リストに挙がってはいるが、世界選手権と自国のアイスショーの両方に出るのは日程上、難しい。

 ソトニコワはソチ五輪で224.59点を得て、キム・ヨナ(219.11点)に5点差を付け金メダルを手にした。このとき、開催国の選手のため非常に高い点数を受けたのではと騒動になった。「現役最後の試合を『クリーン(ノーミス)』演技で飾ったキム・ヨナこそ真の勝者」という声も多かった。

 判定の是非をめぐる騒動が広がると、ソトニコワは五輪直後「私はあらゆる大会で金メダルを望んでいる」と語り、世界選手権に出場する意向を示した。ソトニコワが世界選手権でカロリーナ・コストナー=イタリア=、グレイシー・ゴールド=米国=、ユリヤ・リプニツカヤ=ロシア=、浅田真央=日本=らと再び対決したら、どんな結果が出ることになるのかと関心を呼んだ。しかし、ソトニコワは自国のアイスショーに出演することを理由にライバルたちとの戦いを避けた。

 これまで五輪優勝者はすぐ後に行われる世界選手権に出場しないケースが多かった。今回さいたまで行われる世界選手権も、フィギュアの五輪金メダリストとして出場するのは男子シングルの羽生結弦=日本=だけだ。男子シングルで2位だったパトリック・チャン=カナダ=や3位だったデニス・テン=カザフスタン=は出場しない。

 ペア金メダリストのタチアナ・ボロソジャル、マキシム・トランコフ組=ロシア=も世界選手権ではなく、自国のアイスショーに出る見通しだ。アイスダンス金メダリストの米国のメリル・デイビス、チャーリー・ホワイト組=米国=も世界選手権は棄権した。

 ソトニコワは今年10月から幕を開ける2014-15国際スケート連盟(ISU)グランプリ(GP)シリーズに出場する予定だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です