4月 012014
 

日刊ゲンダイによると。

 これまでよりも、一歩踏み込んだ「気持ち」を語ったのが世界選手権で3度目の優勝を果たした浅田真央だ。エキシビションが行われた30日、進退についてこう言った。

「普通にやればできるが、自分の気持ちとしては少し休養が必要なんじゃないかと思っている。今すぐ答えを出す必要はない。次の目標がまだ見つかっていない。決意ができればやるし、そういうものが湧き出てこなければできない。やるならそれなりの覚悟がいる」

 日本スケート界の看板娘だけに、真央が「引退」の決断をしても、スケート連盟は「ご苦労さまでした」というわけにはいかないだろう。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>