4月 052014
 

産経新聞 によると。

 フィギュアの五輪イヤー・シーズンが、3月30日で終了した世界選手権(さいたまスーパーアリーナ)で幕を閉じた。今季を「集大成」と位置づけていた浅田真央は、ショートプログラム(SP)で2010年にキム・ヨナ(韓国)が出した世界歴代最高(78.50点)を0.16点更新するなどして4大会ぶり3度目の優勝で有終の美を飾った。この快挙が面白くないのが、韓国メディア。ソチ五輪を最後に現役を引退した「国民の妹」と称され、絶大な人気を誇るキム・ヨナの世界1位の記録が破られ、浅田の優勝に“けち”をつけ、あくまでもキム・ヨナの“スーパースター”ぶりに自負心をのぞかせている。

 27日のSPで世界最高得点(78.66点)を出して臨んだ29日のフリー。浅田は冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で惜しくも回転不足と判断されたが、これで一気に波に乗り、力強いステップで観客を魅了。138.80点を獲得し、自己ベストとなる合計216.69点で優勝を手にした。

 早速、30日付の韓国紙・中央日報は電子版で、浅田の合計得点に焦点を当て「世界選手権優勝の浅田真央、キム・ヨナは超えられず」と題して報じ、「バンクーバー五輪でキム・ヨナが立てた世界記録228.56点を超えることはできなかった」と安堵感をにじませた。そして「ミスを連発しながらトップに立った浅田」と表現し「他の選手たちもミスで点が伸びなかったため可能なことだった」と勝者に対するリスペクト(尊敬)をまるで感じさせない内容になっていた。

 その空気は、浅田がSPで世界最高得点を出した27日の翌日の報道で垣間見せていた。

 28日付の中央日報は「キム・ヨナのいないフィギュア選手権」と記事の書き出しで断ったうえで、「高得点の裏には、自国・日本で開かれた大会という利点も無視できない。浅田はこれまで自国で開かれた国際大会で比較的甘い点数をもらっていた。昨年11月、東京で開かれたグランプリシリーズ第4戦(NHK杯)では、トリプルアクセルをすべて失敗したにもかかわらず207.59点の個人合計最高記録をマークして優勝した。ISU(国際スケート連盟)を後援するスポンサー13社のうち11社が日本企業だ」と批判した。

 「失敗」と書くと、一般的には「転倒」を連想しがちだが、浅田はNHK杯のフリーで、冒頭の3回転半ジャンプはわずかに回転不足となり、SPでは両足での着氷だったものの、転倒などの大きなミスがあった訳ではない。

 韓国メディアの根底には、ソチ五輪でキム・ヨナが受けた開催国有利な「不公正」な判定問題が重く潜んでいる。だから、中央日報は「フィギュアスケートはソチ五輪を契機にホーム利点論争が改めて提起された」と同記事中で結論づけている。

 浅田は今後の進退について明言しておらず、「やるなら覚悟が必要。その決意ができればやりますし、そういうものがわき出てこなければできないんじゃないかと思う。今すぐ答えを出す必要はないと思っています」と説明した。

 今後の進退不明を受ける格好で、朝鮮日報は同29日付で、浅田が現役を続行した場合、ISUが「高難度の技を奨励する傾向は顕著になっている」と説明し、それを根拠に3回転半ジャンプをこなせる浅田が「ヨナ引退で真央の天下?」と題した記事を掲載。どうしてもキム・ヨナと比較しなければ納まらない雰囲気がありありだ

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>