4月 072014
 

スポーツ報知 によると。

 ヤンキース・田中将大投手(25)が、メジャーデビュー戦での初勝利となったブルージェイズ戦から一夜明けた5日、トロントで練習を行った。

 リラックスした様子で堀江通訳とキャッチボールを行った田中。「そりゃあ、オープン戦の時と(試合翌日の)体の張りは違いますよ」と、さすがに疲労は残っているようだが、9日(日本時間10日)のオリオールズ戦での本拠地デビューへの再スタートを切った。

 前日は深夜3時までツイッターで祝福コメントに応えるなど、うれしい忙しさに追われた。同級生の巨人・坂本からも「メール来てましたね」という。それでも、睡眠時間は「そんなに短くはないですよ」と笑顔。「眠くはないです」と元気なところを見せた。

 次戦はホームのマウンド。すでに、ファン向け雑誌の「ヤンキースマガジン」開幕号で表紙を飾ることが決まっており、ヤンキースタジアムの外壁に飾られる写真の撮影も済んでいる。ニューヨークは当日、「マー君一色」となりそうだ。

 デビュー戦では序盤こそ苦しんだが、修正能力の高さを見せ、首脳陣や米メディアから絶賛された。ただ、少しでも不安定なところを見せれば、手のひらを返すのがニューヨークのメディアとファン。目の前でも快投を見せ、信頼を勝ち取る。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>