4月 102014
 

読売新聞 によると。

 ソチ五輪のフィギュアスケート男子金メダリストの羽生(はにゅう)結弦(ゆづる)(ANA)と、3月の世界選手権女子で3度目の優勝を果たした浅田真央(中京大)が持つショートプログラム(SP)の世界歴代最高記録が、それぞれギネス世界記録に認定された。

 ギネスワールドレコーズ社が10日、発表した。

 羽生はソチ五輪のSPで史上初の100点超えとなる101・45点をマーク。日本男子初の金メダルに輝いた。浅田は世界選手権のSPで78・66点を出し、金妍児(キムヨナ)(韓国)の記録78・50点を0・16点更新した。11日に都内で開かれるアイスショー後に、氷上で二人に認定証が授与される。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>