4月 282014
 

マイナビニュース によると。

サイバーエージェントはホットリンクコンサルティングとの共同調査として、2006年11月1日~2014年3月31日に投稿された「スポーツ」および「政治」の分野についての、アメーバブログ記事・約11億件のデータ分析を行った。

○ベスト5にフィギュアスケート選手が3人も

まず、ブログで話題になった「アスリート」について分析したところ、トップとなったのはフィギュアスケートの「浅田真央」選手で、投稿数の累計は76万4,306件にのぼった。

中でも特に投稿数が多かった日は2014年2月21日だった。その日はソチ五輪フィギュアスケート女子シングル・フリーにおいて、浅田選手がトリプルアクセルなど6種類のジャンプに挑戦し、自己ベストを更新する142.71点を記録した日であった。

続いて2位となったのは、プロ野球の「イチロー」選手で、投稿数は67万4,826件。最多投稿日は、ワールド・ベースボール・クラシック第2回大会において日本の優勝が決定した2009年3月24日であった。3位にはプロゴルファーの「石川遼」選手、4位にはフィギュアスケートの「高橋大輔」選手、5位には同じくフィギュアスケートの「羽生結弦」選手がランクインした。

○1カ月で投稿数52万件以上となったイベントは?

次に、ブログで話題になった「スポーツイベント」について分析したところ、1位となったのは2010年の「FIFAワールドカップ(南アフリカ大会)」で、2010年6月に52万271件の投稿があった。同大会では、グループリーグ初戦の対カメルーンでテレビ視聴率45.2%を記録。その後も初の決勝トーナメント進出を果たした。

2位は、2012年に開催された「ロンドン五輪」。同大会は、この7年間に開催された北京五輪、バンクーバー五輪など4つの五輪の中でも最もブログ上で盛り上がりを見せた。3位は2014年の「ソチ五輪」、4位は2013年の「東京五輪」の誘致決定時、5位は2009年の「ワールド・ベースボール・クラシック」となった。

○総理大臣を上回ったのは小沢一郎とあの市長

ブログで話題になった「歴代総理大臣」についても、在任期間中の日別言及平均数についての調査分析を行った。その結果、最もブログ上で言及数が多かったのは現首相である「安倍晋三」氏で、1日あたり平均671件であった。2位には第94代総理・「菅直人」氏(571件)、3位には第93代総理・「鳩山由紀夫」氏(433件)が続いた。

また、歴代総理大臣以外の政治家との比較調査も行ったところ、民主党幹事長時代の「小沢一郎」氏(185件)や大阪市長就任以降の「橋下徹」氏(181件)は、在任期間の「福田康夫」氏(平均73件)・「麻生太郎」氏(140件)よりも言及数を上回った。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>