5月 082014
 

サーチナ によると。

 韓国メディアによれば、ソチ冬季五輪フィギュアスケート女子で銀メダルを獲得したキム・ヨナが4日、引退ショーを行った。滑り終えたキム・ヨナは珍島(チンド)沖で発生した旅客船沈没事故の犠牲者に哀悼の意を示し、「ショーを通じて人びとが心を癒やしてくれれば」と語った。環球網が報じた。

 記事によれば、4日にソウル市内で行われた引退ショーの初日、1万人以上を収容できる体育館には空席が1つも見当たらなかったという。引退ショーは二部構成で行われ、ディズニーのアニメ「アナと雪の女王」の主題歌「Let it go」のほか、オペラ・トゥーランドットの「誰も寝てはならぬ」などの音楽にあわせて見事な演技を披露、そして「Time to Say goodby」でショーを終えたという。

 記事は、約2時間にわたる演技を終えたキム・ヨナが、涙を浮かべながら長年にわたる支援に感謝すると同時に、選手生活の終わりを観客に告げたことを伝えた。

 また記事は、キム・ヨナの初日の引退ショーについて、韓国の各メディアが「華麗な幕切れ」、「すべての人の記憶に残る演技」などと賛辞を送ったことを紹介。韓国メディアはいずれも「選手生活の終わりは新しい人生のスタート」などと報じたという。

 キム・ヨナは旅客船沈没事故の被害者に国連児童基金(ユニセフ)を通じて1億ウォン(約991万円)を寄付したが、さらに引退記念メダルの収益金もあわせて寄付すると発表。6日に行われるショーの最終日をもって、キム・ヨナは17年間にわたる選手生活の幕を閉じる。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>