5月 262014
 

スポニチアネックス によると。

 ヤンキースの田中将大投手(25)が25日(日本時間26日)、シカゴでのホワイトソックス戦に先発。6回2/3を5安打3四死6三振、1失点で7勝目(1敗)を挙げた。

 メジャー10試合目の登板前日「チームの勝利に結び付く投球をするのが一番」と語っていた田中。前回登板の20日のカブス戦で初黒星を喫した。日米で続けてきたレギュラーシーズンの連勝も34で止まったが「次の登板が本当に大事」と気合も新たにマウンドに上がった。

 初回、2回ともに三者凡退の上々の立ち上がり。3回、7番・コネルコに死球を与え、この試合初めての走者を許したが、後続を落ち着いて料理。4回は1死後に3番・ギラスピーに初安打を左前に打たれるが、4番・ビシエドを補邪飛、5番・ダンを一ゴロに打ち取り得点を許さない。5回は先頭のラミレスが三塁への内野安打もコネルコを遊ゴロ併殺、デアザ三振で勝ち投手の権利を得た。

 打線の援護も早かった。2回、「8番・DH」イチローの中前打などで1死満塁とし、1番・ガードナーの右前2点適時打で2点を先制。さらに、ジーターの右前適時打、エルズベリーの中犠飛で4―0に。4回にはジーターの三塁打と暴投で1点追加。リードを5点に広げた。

 6回にはジーターの中前適時打で6―0。その裏、田中は2死二塁からギラスピーに左前に落ちる適時打を喫し1点返されるが、ビシエドは三振切って取り最少失点に抑える。そして、7回2死一、二塁としたところで降板。118球でマウンドを2番手のワレンに譲ったが、中4日でデーゲームという短い登板間隔を乗り越え、白星をゲットした。

 イチローは「8番・指名打者」で出場し、4打数1安打。内容は中前打、空振り三振、二ゴロ、二ゴロで打率は3割5分1厘。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>