wpmaster

8月 162018
 

アニメ!アニメ! によると。

「『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』1周年CM“ザギトワ変身篇”」
スマホゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』のサービス開始1周年を記念して、平昌オリンピック女子フィギュアスケートの金メダリスト、アリーナ・ザギトワ選手が「鹿目まどか」モチーフの衣装で登場するCMが制作されました。
15日より公開されたCMは『マギアレコード』公式Twitterでも紹介され、「ザギちゃんも魔法少女だったの!?」「エキシビションでやってくれないかな~」「1周年記念にザギトワ選手へ契約をさせて極上の舞を披露させる。なんと鬼畜な運営や………(褒め言葉)」などの反響を集めています。

『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』(通称、マギレコ)とは、TVアニメや劇場版アニメとして大ヒットした『魔法少女まどか☆マギカ』の外伝作品として、2017年8月22日からサービスを開始したスマートフォンゲーム。オリジナルの魔法少女とアニメでお馴染みの魔法少女が交差するストーリーで人気を博し、8月24日からはけやき坂46メンバーらによる舞台版の上演を控えています。

このたび制作されたCM「『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』1周年CM“ザギトワ変身篇”」は、魔法少女とザギトワ選手に共通する「戦う少女」をテーマにしたもの。メインキャラクターのひとりである「鹿目まどか」が苦悩を経て魔法少女に変身していく姿を、ザギトワ選手がアイスリンク上の演技で表現しました。

これが日本での初CM出演となったザギトワ選手は「とても素敵な衣装です。こういうのを着るのは初めてで、とても楽しいです。私にピッタリ合う最高の衣装」とコメント。「鹿目まどか」をイメージして特別に制作された衣装を身にまとい、華麗なステップやスピン・ジャンプなどを惜しみなく披露する姿が必見の仕上がりです。

このCMについて『マギアレコード』公式Twitterには、「すごいプロモーション!」「ザキトワちゃん契約しちゃったのか!!」「美しいスケート演技にまどかの衣装は最高~!」「美しい…映像が少し暗めなのがさらに美しさを際立たせてる」「1周年記念にザギトワ選手へ契約をさせて極上の舞を披露させる。なんと鬼畜な運営や………(褒め言葉)」といった反響が続々。
また、「メドベージェワで第2弾おなしゃす」「これは今後エキシビションとかでまどマギの曲でプログラム組んで滑っていただきたいですな~」「大会をこれで出てくれたら盛り上がりそう」など、さらなる展開に期待を寄せる声も届いていました。

「『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』1周年CM“ザギトワ変身篇”」は、15秒CM・30秒CM・PV(79秒)の全3パターンが公開中です。

8月 152018
 

ハフポスト日本版 によると。

ロシアのアリーナ・ザギトワ選手が、アニメの主人公に変身して氷上を舞った。平昌五輪女子フィギュアスケートの金メダリストであるザギトワ選手が、人気アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」(まどマギ)シリーズの鹿目まどかをイメージして特別に制作された衣装を着用したのだ。8月15日に動画が公開された。(浜田理央 / ハフポスト日本版)

この動画は、スマートフォン用ゲーム「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」サービス開始1周年を記念して制作されたもので、「ザギトワ変身編」として、鹿目まどかが苦悩の末に魔法少女に変身する姿を、ザギトワ選手がアイスリンクの上で表現している。

日本のテレビCMは初出演となり、美しすぎる姿にファンからは「感動して泣いてる」と歓喜の声が上がっている。

転倒を繰り返した末にジャンプを成功させたザギトワ選手が、「まどか」風の衣装に変身し、華麗に舞う姿が写っている。

ゲームの公式サイトは、「とても素敵な衣装です。こういうのを着るのは初めてで、とても楽しいです。私にピッタリ合う最高の衣装」とのザギトワ選手のコメントを掲載した。

「マギアレコード」は、「魔法少女」となり、過酷な運命を背負った少女たちを描いたアニメ「魔法少女まどか☆マギカ外伝」のスマートフォン用ゲーム。

8月 152018
 

クランクイン! によると。

 世界的に愛されるディズニーの人気キャラクター『くまのプーさん』を実写化した映画『プーと大人になった僕』より、森の仲間たちのキャラクターポスター5種が公開された。

 本作は、プーと大親友の少年クリストファー・ロビンが「100歳になっても、きみのことは絶対に忘れない」と約束を交わしたのち、大人になりロンドンで暮らすクリストファーとプーの奇跡の再会からはじまる物語。主人公の大人になったクリストファーを演じるのは俳優のユアン・マクレガー。

 既に予告編でお披露目され、早くもそのキュートさでファンの心をわしづかみにしている森の仲間たち。解禁されたキャラクターポスターには、ロンドンのさまざまな名所や街並みを背景に、プー、ピグレット、ティガー、イーヨー、カンガ、ルーがつぶらな瞳でこちらに微笑みかけている愛くるしいビジュアルが描かれている。

 “フワモコ”な毛並みや真ん丸な目など、ぬいぐるみ感が満載の彼らは、実際にぬいぐるみが製作され撮影でも使用された。細心の注意が払われ製作されたというぬいぐるみ達は、プーさんのお腹の適切な抱き心地や、ティガーの表情が効果的に驚きや困惑を表せること、イーヨーのぐったり具合は細部までこだわるなど、キャラクターの個性を大切に表現した仕上がりとなっている。

 映画『プーと大人になった僕』は9月14日より全国公開。

8月 152018
 

THE ANSWER によると。

 ソチ五輪のフィギュアスケート男子銅メダリストのデニス・テンさん(カザフスタン)が暴漢に襲われ、亡くなったと海外メディアが報じたことを受け、日本、海外のスケーターがSNSで哀悼の意を表している。

 同じタラソワコーチの下で練習を積んだバンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央さんは生前のテンさんとの2ショットを掲載。「なぜ、どうして、信じられません、信じたくありません。大切な仲間の命が奪われたなんて、辛いです、悲しいです」とつづり、「日本のショーに来てくれたり、カザフスタンのショーに呼んでくれたり、カナダやロシアで一緒に練習やテニスやバーベキューをしたりしました。とても優しくて、面白くて、いつも一生懸命な人でした」と思い出を明かした。

 また、トリノ五輪金メダリストの荒川静香さんは「何かの間違いではないか…信じられない信じたくない突然の訃報に心が痛みます…思い浮かんでくるのは彼の明るく優しい笑顔ばかりで…いつもいつの間にか写真を撮ってくれていて送ってくれて…本当に信じられない…悲しい…心よりご冥福をお祈り致します」とツイートした。

 バンクーバー五輪代表の小塚崇彦さんはテンさんとのLINEを画像で公開し、「この前LINEしたばっかじゃん…ショー呼んでくれて…ブレード届くの楽しみにしてるって…デニス嘘だろ??ちょっと気持ちの整理がつかない。。」とショックを隠し切れない様子。安藤美姫さん、村上佳菜子さん、高橋大輔さんらも悲しみの声を上げている。

 海外でもソチ五輪で銀メダルを獲得し、銅メダルのテンさんと一緒に表彰台に上がったパトリック・チャンさん(カナダ)は「デニス・テンと氷上での時間を共有できたことをとても誇りに感じています。この競技において、もっとも美しいスケーターの一人でした。お悔やみ申し上げます。永遠に大切と感じられるデニスとの思い出をつくれた自分は、とても幸運だと思っています」と惜しんだ。

8月 132018
 

ザテレビジョン によると。

8月12日に放送された「ShinTsuyo POWER SPLASH」(bayFM)で、香取慎吾と草なぎ剛夏恒例の企画“しんつよオンアイス”が放送され、ファンを沸かせた。

「今日はついにあの日がやってきたというか…」と番組冒頭で切り出した香取。初めは気が付かなかった草なぎだが、香取から「しんつよオンアイスの日」と告げられると、「全く意味が分からない、私がこのラジオで一番意味が分からないコーナーですね」とコメント。

「今日はね皆さんと一緒にアイスを食べようっていう日なんでね」と香取が説明した。

番組中盤に「やらなくていいよ」という草なぎとは対象的に、「むしろ今一番やるべきコーナー」と意気込む香取。

「このコーナーは僕らがラジオの前の皆さんと一緒にアイスを食べながら涼しさを共有しようと夏恒例の人気のコーナーとなっております」と丁寧に解説した。

香取がアイスを食べる様子を草なぎがフィギュアスケートのように実況解説するという。

草なぎが「カップアイスのふたを開けて、ちょうどいい氷上の上に降り立ちます。トリプルルッツは決まるでしょうか。お! 入りました」、「今日は調子がいいですね」と順調に実況を続けた。

香取から「いいよ食べて」と言われるも、「僕は大丈夫です」「(実況が)中途半端になっちゃうから」と試食を断っていた。最後に一口食べたようで「うん、うまいよ」とコメント。

最後は香取が「久々にこうやってしんつよオンアイスとして皆さんとラジオを通じてアイスを食べることができて本当にうれしく思います」と感想を伝えた。

「次やるとしたら冬ですか?」と草なぎの提案に、香取は「10月ごろかな」と秋頃の開催を示唆した。

SNSでは限定企画だけに、「アイス実況楽しかった」「くだらないけど最高」「またやってほしい」などの声が寄せられていた。ShinTsuyo POWER SPLASH」(bayfm)は毎週日曜夜7時から放送。 (ザテレビジョン)