wpmaster

12月 242017
 

THE PAGE によると。

真っ赤な衣装で勝負した坂本花織が2位をキープ。2枚目の五輪切符をほぼ手中にした(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
フィギュアスケートの平昌五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権の第3日が23日、武蔵野の森総合スポーツプラザで行われ、女子フリースケーティング(FS)では、ショートプログラム(SP)で2位だった宮原知子(19、関大)がノーミスの演技で147.16の高得点を叩き出して計220.39点で逆転での4連覇を果たし五輪代表の1人目に内定した。気になる2枠目争いでは、SP首位だった坂本花織(17、シスメックス)が計213.51点で2位をキープ。もう一人の有力候補だった樋口新葉(16、日本橋女学館)は予定の3回転が2回転になる大きなミスを犯して計206.96で4位に沈み、年齢制限で平昌五輪に出られない紀平梨花(15、関大KFSC)がトリプルアクセルを2度成功させて計208.03点で3位に入ったため、代表2人目は、ほぼ坂本で異論の余地がない流れになった。奇跡の優勝にしか五輪出場の望みのなかった本田真凜(16、大阪・関大高)は、ジャンプにミスが出て計193.37点で7位だった。日本スケート連盟は選考委員会での協議の上、24日の全種目終了後に男女シングルの代表5人を発表する。 
これが宮原の強さだろう。経験、貫禄、そして圧倒的な表現力。
首位の坂本を0.36点差で追う宮原は、冒頭の3回転ループをクリーンに着氷すると、蝶々夫人の世界を表情豊かに演じる。回転不足が心配された連続ジャンプも丁寧に成功。最後の7つ目のジャンプである2回転アクセルを成功させると、リンクサイドから見守った浜田美栄コーチは、もう思い余って涙をこらえきれなかった。控えめな宮原が珍しく両手を突き上げて感情を爆発させた。
「いままでの中で一番うれしかった」
 それはそうだろう。
 左股関節の疲労骨折の影響で五輪どころかリンク復帰できるか、どうか、ギリギリの状況でのシーズンイン。ジャンプを飛び始めたのが10月。当代一の練習量に支えられている宮原にとって、その練習量を消化できず、練習を支柱にできなかったのがなにより苦しい。しかし、ジャンプのできない時間を利用して、スピンやステップ、表現力、曲の理解や感受性を高めるなど、やれることをやった。

 演技構成点は 74.41点だった。五輪でも武器になる表現力が一度は絶望しかけた五輪へと押し上げた。

 問題は五輪代表の2人目である。有力候補の樋口がミスをした。前日の公式練習で右足を痛めた影響と緊張が重なったのだろう。
 SPで失敗した冒頭の2回転アクセルは成功したが、連続ジャンプに続く、3つ目に予定していた3回転サルコーが2回転サルコーになる痛恨のミス。演じた樋口自身が、その深刻さをわかっていた。
 演技を終えても笑顔がない。
 浅田真央以来となるトリプルアクセルを2つも成功させた紀平が樋口の得点を上回った。紀平は、年齢制限で五輪資格はないが、そのジュニアの選手に表彰台を譲れば、この時点で選考における心象も悪くなる。

 だが、最終滑走となった坂本は「私は上を追いかける立場」という気持ちでリンクに立っていた。
 それでも守る気持ちがないといえばうそになる。最初のジャンプが終わるまでヒヤヒヤしていたという。
 転倒などの致命的なミスはなかった。手ごたえを十分にキス&クライで坂本は両手で祈るようなポーズをして採点を待った。しかし彼女の予想を下回る139.92点。「えーー、うそー」。思わず口をついた。
 冒頭の3回転フリップ+3回転トゥループの連続ジャンプのセカンドジャンプ回転不足と、3回転ルッツでエッジにアテンションがついていたため得点は伸びなかった。それでも計213.51で全日本の2位をキープした。

 さて代表2人目の選考協議についてである。

12月 242017
 

週プレNEWS によると。

角界を揺るがせた暴行事件。引退した元横綱・日馬富士の動向が連日報道される一方、被害者である貴ノ岩の消息は途絶えたままだ。

そんななか、週刊プレイボーイ本誌記者は「貴ノ岩後援会」なる組織が存在するとの情報をキャッチ。なぜか所在地は愛知県名古屋市で、しかも17年6月に立ち上がったばかりだという。

すぐに訪ねてみると、そこは美容室。この店の経営者で、会を立ち上げた幹事のAさんを早速、直撃すると…。

「貴ノ岩の居場所? 事件の真相? 何も知らない。事件後、電話一本していないよ」

ええっ!? 後援会なのに、ちょっと冷たすぎません?

「いや、そりゃ心配に決まってるでしょ。でも今、電話したら貴ノ岩の負担になるだけだから。そもそも、うちは普通の格式高い後援会とはちょっと違う、気楽な会なんです」

聞けば、Aさんは貴乃花親方とは現役時代から親しく、引退時の断髪式後には整髪を担当したほどの仲。もちろん貴ノ岩のことも入門からずっと応援してきた。

「貴ノ岩は取り口もオーソドックスで、正直に言えば地味。そこで、ひとりでも多くの人に彼のことを知ってほしい、覚えてほしいと、親方とも相談して会を立ち上げました。会員は現在47人。ほとんどは相撲のド素人です(笑)」

立ち上げ直後の2017年6月24日には、初めて貴ノ岩を囲んでの食事会が開かれた。

「とにかく来た人に楽しんでもらおうと思ったら、つい盛り上がりすぎて…。気がつけば、貴ノ岩の食事を出すのを忘れてしまいました(笑)。それでも彼は会の発足を喜んで、写真撮影に応じたり、サインしたりしてくれました。

彼は知っている人の前では冗談も言うし、大声で笑うし、普通の若者です。酒? あまり飲みませんね。食べるほうが幸せなタイプじゃないかと」

Aさんは今、18年7月の名古屋場所前に2回目の食事会を開催すべく東奔西走中だ。

「くじびきの豪華賞品を集めるべく、いろんなとこに協賛をお願いしてます(笑)。確かに心配だけど、今はどうしようもない。名古屋場所までには元気になってほしいです。もし来なかったら、本当にただの飲み会になっちゃう(笑)」

癒やしムードあふれる後援会。まさに、傷心の今の貴ノ岩には必要な存在かも?

12月 242017
 

デイリースポーツ によると。

 年齢制限で五輪に出られない15歳の紀平梨花(関大KFSC)がフリーで大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を2度決め、208・03点で3位と健闘した。SPでも1度成功させており、合わせて3度はギネス認定されている10年バンクーバー五輪の浅田真央以来の快挙となった。

 今回の五輪代表争いとは無縁の“22年北京の星”、中学3年の15歳、紀平が極限の戦いの中で偉業を成し遂げ、3位に食い込んだ。

 フリーでトリプルアクセルを2度決めて、SPとフリーを合わせて計3度の成功。10年バンクーバー五輪の浅田以来の快挙を達成し、15年大会の樋口に続き、中学生で全日本の表彰台に上った。

 「緊張の中でアクセルを決められた。練習の成果が出た」。技術点ではトップとなり、得点は“自己ベスト”を大きく更新する208・03点。満面の笑顔でガッツポーズした。

 今年の7月1日に15歳になっていなければならないという年齢制限のため、同月21日に15歳になった紀平に五輪出場権はない。ただ、演技前、浜田コーチから「4年後の自分を想像して演技しなさい」と言われ、銀盤へ。「私も五輪が懸かっていると思いながらやれた。いい経験になった」-。

 トリプルアクセルを駆使する次代のエース。「4年後に向けても跳び続けていきたい」。92年アルベールビル五輪銀メダリストの伊藤みどり、バンクーバー五輪銀メダルの浅田真央ら日本のエースが跳び続けてきた“伝家の宝刀”を継承する15歳が、銀盤に強烈なインパクトを刻み込んだ。

10月 222017
 

デイリースポーツ によると。

 4月に引退したフィギュアスケート元世界女王の浅田真央さん(27)との交際報道があった元フィギュアスケート選手のフランス人モデル、ロマ・トニオロ(27)が22日、テレビ朝日系「サンデーLIVE!!」にインタビュー出演し、2人の関係を詳細に明かした。

 日本でもタレント活動を行っているロマは、流ちょうな日本語でインタビューに応じ、週刊誌で報じられたフランスのルーブル美術館に出掛けたことを問われると、「はい、友達と一緒にルーブル美術館に行きました」と返答。

 真央さんとの関係については、「ごめんなさい。恋人じゃないです。友達だけです。それから、マオ・アサダさんはとてもすてきな人だけど、すごくいい友達なだけです」と恋人ではなく友人関係にあると主張。自身には恋人はいないといい、「残念だけどないです」と話していた。

7月 082017
 

日刊スポーツ によると。

 プロフィギュアスケーター織田信成(30)が6日、都内で子供向けSNSアプリ「レゴライフ」記者発表会に出席した。

 6歳、4歳、7カ月の3児の父親であり自身も大のレゴファンという織田は「浅田真央ちゃんからレゴを贈ってもらって、家族ではまっています」と話した。

 同アプリは「絵文字のみ入力可能でネガティブ絵文字は無い」「写真はレゴのみ投稿可能」などが特徴だが、24時間態勢で不適切な投稿をチェックしているのが最大の特徴。「安心して楽しく遊べるアプリ。ネガティブな絵文字がないのもいいですね」と親目線での感想も話した。

 6歳と4歳の息子はすでにスケートを始めている。「上の子は今年までに試合に出してやりたい」と話し、「そのプログラムを今作っています。僕が始めて使った曲で振り付けを教えています」。長男について「運動はあまり得意ではないけど、僕もそうでした。でも、氷の上では器用に動けたので、自分を見ているようです」と話したが、「ジャンプのセンスは僕よりいい。後は父親の教え方次第ですね」と話した。

 七夕にちなみ長男の「スケートの試合に出たい」、次男の「僕も振り付けして欲しい」の願いが書かれた短冊を読み上げた織田は満面の笑みを浮かべた。

6月 222017
 

夕刊フジによると。

 「夏なので何もかけてないです。そのまま寝ます」-。

 4月に現役を引退したフィギュアスケートの浅田真央さん(26)。19日、都内で寝具メーカー「エアウィーヴ」の10周年新CM発表会に白い着物姿で登場。掛け布団について聞かれると、ワイルドな睡眠習慣を告白した。しかし、いくら若くても、1枚薄手のものをかけた方がいいのではないだろうか。

6月 202017
 

毎日新聞によると。

 ◇ツイッターでは大喜利も

 <(S) 三人が(M)まずは自由になるんだよ(A)あとから二人も合流し(P)パワー全開SMAP再始動!>

 <(S)しんご・ごろう・つよし(M)まさひろ・たくや(A)あつまる日のための(P)準備(prepare)だね!>

 <(S)スマヲタ<SMAPオタクの略>は(M)まだまだ踏ん張る(A)愛あるやり方で(P)パーフェクトビジネスアイドル守るのさ>

 ジャニーズ事務所の発表後、ツイッターではSMAPファンが「♯ジャニーさんに対抗SMAP大喜利」というハッシュタグを作成し、活発に投稿している。

 契約終了発表について、ジャニー喜多川社長が珍しくコメントを発表し、「SMAP」の名前を使って「(S)すばらしい(M)MEMORIES(A)ありがとう(P)POWER」としたのを、もじった形だ。

 ジャニー社長のこのコメントに対しては「イラっとした。その思いが本当ならどうして5人を守ってくれなかった?」「MEMORIES、ってSMAPを過去の話にしないで」「おめでたい気がした」などの声もある。

 しかし、ファンの“大喜利”の内容は、誰かを批判するものよりも、むしろ前向きでユーモアに満ちた内容が目立つ。「これからも応援していく。SMAPロスを悲しむひまなんかありません。社長の大喜利より、ファンの作品の方がずっと感動的ですよ」(20歳女性)、「再結成を信じる気持ちと、何とかユーモアと笑いで精神的なショックを乗り切ろうという気持ちが半々です」(52歳女性)。

 解散発表から10カ月、実際の解散から半年。SMAPロスを抱えながらも、存続を願い、37万筆以上の署名を集め、新聞に広告を掲載するに至ったファンたちは今、ますます連帯感を強め、前向きなツイートで励まし合っている。

 ◇「今まで以上に応援していく」

 昨年の解散発表後、グループの存続を求めて約37万人の署名を集め、ジャニーズ事務所に提出したファン団体「5☆SMILE」で代表を務めた兵庫県尼崎市の主婦、田辺明恵さん(48)は「残留にせよ、独立にせよ、(メンバーは)決心するまでしんどい時間を過ごしたと想像し、胸が締めつけられた。どちらの決断をしても今まで以上に応援していこうという熱い思いは変わりません」と話す。

 また、今後について「ジャニーさんのコメントは5人もうれしかったと思う。これまでジャニーズ事務所から独立した人たちは(仕事を)干され、つらい状況に追い込まれているようにみえる。独立する3人が変わらず活躍できるよう理不尽な掟があるのならば何とかしていただきたい」と願いを込めた。

 ジャニーズ事務所にアイドルとして所属していた男性も「SMAPは事務所のごたごたに巻き込まれて壊された感じ。独立するメンバーについて、事務所からテレビ局に圧力がかかるというより、テレビ局など周囲が気遣って起用しにくくなることはあるのではないか」と案じる。

 ◇「誰も裏切り者と責めたくない」

 今回、最も驚かれたのが、中居さんの「残留」だ。ただ、解散騒動の時に木村拓哉さん(44)を「裏切り者」とする風潮があったのに比べると、中居さんへの風当たりはそう強くないように見える。

 スポーツ紙やテレビのワイドショー番組でも「責任感の強い人。テレビで冠番組を多く持つため、番組スタッフらへの迷惑を避けたかった」「再結成への道を残すため」「『僕らのことは構わない』と3人が中居さんに残るよう勧めた」など感動的な臆測が飛び交う。

 20年以上ファンという女性(29)は「中居さんが残ってくれたお陰で、テレビの彼の冠番組に辞めた3人をゲストとして呼ぶ道が残された。5人は無理でも、メンバーが一緒にいる場面をテレビで見られるだけで感涙してしまう。残留は、誰よりSMAPを愛する中居さんの、ファンへの恩返しだと思う」と熱く語る。

 「中居さんは自分を語る力も、共感力もあるから、3人の気持ちをちゃんと受け止められる人。残留してくれることで、メンバーが集まって過去を振り返るような将来への期待がかえって高まりました」(54歳女性)という声も。

 ファン心理に詳しい聖心女子大の小城英子・准教授(社会心理学)は「残留の真相は分からない」と前置きしつつ、好意的な解釈が目立つのはファンの喪失感の深さゆえ、と見る。「SMAPは、個がつぶされることなく集団でもパフォーマンスできるように見える点で、ファンがそこに人間関係や組織の理想像を見いだしやすいグループアイドルでした。だからこそ、『メンバーの仲違い』や『裏切り』という解釈をファンはしたくない。事務所など他に悪者を探したり、中居さんの残留を好意的に解釈したりしようとするのは、ファンの思いが深いがゆえなのでしょう」

 なにはともあれ。今回の取材で、多くのファンが口をそろえた言葉は「メンバー本人の言葉だけを信じます」「誰も裏切り者と責めないで」「3人の将来はしばらくそっとしておいてあげて」だった。どんな時もくじけずに「夜空ノムコウ」の明日を信じて、メンバーのことをひたすら思うのがファンなのである。

6月 102017
 

リアルライブ によると。

 「週刊プレイボーイ」の創刊50周年を記念して東京・新宿歌舞伎町にオープンした公式酒場「週プレ酒場」のオープンイベントに8日、フィギュアスケーターの浅田舞が出席。ドレスに着替えて一日ママに挑戦しながら「酒BAR」の魅力を紹介した。

 1年間限定でオープンする本酒場では人気グラドルが直々に接客を行うのも話題。イベントにはグラビアアイドルの馬場ふみか、倉持由香、菜乃花、青山ひかるも登壇。本酒場をお色気たっぷりにアピールした。

 浅田舞は最新号の表紙を飾っていることもあり、登壇すると「大人のセクシーがテーマ。グアムで撮影しました」と自身のグラビアページをアピール。

 「(同誌で)2年半ぶりのグラビア撮影でした。一番最初に挑戦させてもらった時もグアムで、2年半前に比べると、緊張もあまりしなくて楽しめるようになりました」と嬉しそうな表情。

 「ちょうど撮影の前日にアイスショーが終わって、舞台やアイスショーのために毎日筋トレをしていていた時期で、体もいい具合に締まっていたと思います」と美ボディにも自信たっぷり。「今、お休みがなかったりもするんですけど、お仕事がすごく楽しい。仕事もプライベートのような感覚で楽しんでいます」と充実の表情。

 お酒については「普段飲むのはチューハイとか。たしなむ程度に飲んでいます」といい、妹の浅田真央と姉妹酒については「あんまりないんです。年末のクリスマスの時期に大きい選手権があるのでその後に飲むくらい」と紹介。お酒の強さについては「飲んでも変わらないですよ。わたしたち姉妹は」と述べ、自身については「めちゃくちゃ汗かいてちょっと喜怒哀楽が激しくなります」と笑顔で話していた。

6月 072017
 

女性自身によると。

「彼女のスマホをチラっと見たら、待ち受け画面が“白馬の王子様”のようなルックスの白人男性の写真になっていたんです。他にも彼の写真がたくさん入っているようで、時間のあるときには、スマホを取り出しては彼の写真を眺めているそうですよ(笑)」(広告代理店関係者)

今年4月、競技選手としての現役引退を発表した浅田真央(26)。浅田は、みずから座長を務めて7月29日から始まるアイスショー『THE ICE』で公開する新プログラムの練習に励む日々だ。そんな浅田がいま“夢中な男性”とは――。

「フランス人モデルで、いまは日本でタレントとして活躍しているロマ・トニオロくん(27)です。8歳から13年間フィギュアスケート選手として活躍し、15歳からはフランスで1、2を争うモデル事務所に所属して、パリコレへの出演も果たしています。真央ちゃんは、たまたまテレビで彼を見て好きになったそうです。彼とは今年1月に名古屋で行われたイベントで念願の共演を果たして、大喜びだったそうですよ」(テレビ局関係者)

金髪のロングヘアーがよく似合うロマはまさに“白馬の王子様”のルックス。これまで10回以上も来日したことがある大の日本ファンだが、2年前の来日時に成田空港へ着いたところを、人気バラエティ番組『Youは何しに日本へ?』(テレビ東京系)にキャッチされた。

日本のハンコ文化に憧れ自分の名前のハンコを作りたいと来日したロマは、そのまま番組で密着取材を受けて一気にブレーク。それ以後、“ハンコ王子”として注目され、日本の芸能事務所にも所属してタレントとして活躍している。

「ロマは“王子様”ルックスなのに、とても無邪気で天使のような性格。日本語を必死に勉強していて、すぐに簡単なインタビューなら日本語でこなせるようになりました。浅田選手も、彼のそんな純粋なところに惹かれたんでしょうね」(前出・テレビ局関係者)

ロマの所属事務所に聞くと、こう答えた。

「1月の名古屋で行われたイベントで確かにご一緒させていただいています。そのときに浅田さんから『テレビで見て知っています!』と言っていただいたと聞いています。交際? 恐れ多いです(苦笑)」

ひょっとしたらひょっとして!?