wpmaster のすべての投稿

羽生結弦、4回転トーループ&3A成功!五輪連覇明けシーズンがスタート

サンケイスポーツ によると。

 フィギュアスケートオータム・クラシック第1日(20日、カナダのオークビル)大会が開幕。男子で五輪2連覇の羽生結弦(23)=ANA=が、平昌五輪以来初の実戦を前に公式練習に臨んだ。21日のショートプログラム(SP)へ向けて「一つ一つの出来、質を意識しながらやりたい」と力を込めた。女子SPで世界選手権銀メダルの樋口新葉(わかば、17)=東京・開智日本橋学園高=は57・54点で4位と出遅れた。トップは平昌五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(18)=ロシア=で70・98点だった。

 世界が感動した平昌五輪の金メダル獲得から216日。羽生が銀盤上の戦いに戻ってくる。20日の公式練習では今季のフリーのプログラム「Origin」を滑走。今季初戦へ汗を流した。

 「今の自分のコンディションとどうすり合わせていくかを考えながら練習できた」

 練習ではループ、サルコー、トーループの4回転ジャンプを確実に着氷した。国際スケート連盟(ISU)公認大会で成功者がいない4回転トーループ-トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の連続ジャンプも成功させる上々の出来だった。

 音楽をかけての滑走の様子は、国際オリンピック委員会(IOC)が運営するサイト「オリンピックチャンネル」が動画付きで紹介。平昌五輪で男子では66年ぶりに五輪連覇を達成した王者の今季初戦には、大きな関心が集まっている。

 五輪2連覇で「期待に応えないといけない、結果を取らないといけないといったプレッシャーが外れた」と羽生。「これからは自分のために滑っても良いかな」。そう感じた中での新たな挑戦がクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)習得だ。

 現時点で「練習でもまだ降りられていない。かなり練習をしなければいけない」というが、「一番のモチベーション。難しいけど、やっていて楽しい。跳べるまでの過程も楽しみながら、すごく頭を使いながら練習している」。さらなる高みを目指して滑り続ける。

エフゲニア・メドベージェワ、今季初戦SP、唯一の70点超えで首位発進、ウィアー氏も賛辞「すごい!」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのオータムクラシック(カナダ)は20日(日本時間21日)、女子ショートプログラム(SP)で平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が70.98点で首位発進。新たに師事したブライアン・オーサーコーチの下で迎えた新シーズンの第一歩を順調に記し、IOC運営の五輪専門サイト「オリンピックチャンネル」は華麗に決めた連続ジャンプの瞬間を動画付きで速報し、米名手も「すごい!」と賛辞を送っている。

 新シーズンをまずは順調に踏み出した。メドベージェワは着氷の際にややバランスを崩すシーンがあったものの、それ以外な大きなミスなくまとめ、貫禄の演技を披露。演じ切ると、表情に充実感を浮かべた。故障と戦いながら挑んだ平昌五輪は銀メダル。オフにオーサー氏に師事し、心機一転で迎えた一戦を唯一の70点超えで、笑顔で終えた。

「オリンピックチャンネル」は代名詞の「タノ」を織り交ぜた連続ジャンプを決めたシーンを公式ツイッターに動画付きで速報するなど注目度の高さを伺わせ、トリノ五輪5位の名手ジョニー・ウィアー氏(米国)は「情熱的なムード、美しさ、それでいてソリッドなシーズン開幕となったエフゲニア・メドベージェワ。トリプルルッツ、ダブルアクセルでのベーステクニックは非常に向上している」とツイート。最後にはロシア語で「すごい!」とひと言添え、高く評価していた。

 18年世界選手権銀メダリストの樋口新葉(開智日本橋女学館高)は57.54点で4位。フリーで巻き返しを目指す。

樋口新葉が右足に違和感…ジャンプミス続き57・54点4位 国際大会今季初戦

スポーツ報知 によると。

 女子ショートプログラム(SP)が行われ、18年世界選手権銀メダルで国際大会今季初戦の樋口新葉(17)=東京・開智日本橋学園高=はジャンプミスが続き57・54点4位と出遅れた。平昌五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(18)=ロシア=が70・98点で首位。

 新SP「エナージア」の冒頭の2回転半ジャンプは着氷したが、続く3回転ルッツはステップアウト、3回転フリップは両足着氷となった。樋口は演技後「まだ初戦なので、今回見つかった課題をGPシリーズ、全日本選手権までに改善していきたい」と、振り返った。

 前日の公式練習中に右足のふくらはぎをつった影響が残っていた。「昨日のうちに治るだろうと思っていたけど、治らなかった」という。18日に日本から現地入りした樋口は、考えられる要因に水分補給不足をあげた。本番は気持ちで滑りきったが、6分間練習では足が思うように動かなかった。「足首から下が全く動かなくて、足首の角度を変えられない状態。(ジャンプの)軸が曲がったり、締め方が無理やりになってしまって調整がうまくいかなかった」と肩を落とした。21日のフリーへ、まずは足の回復に努める。

佳純、憧れ真央と初対面 東京五輪へのエールに感激

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケートの元世界女王、浅田真央さん(27)と卓球女子の石川佳純(25=全農)が19日、都内で寝具メーカー「エアウィーヴ」の新商品発表会に参加した。

 2人は初対面。石川にとって浅田さんは憧れの存在で、14年ソチ五輪中は石川は海外遠征に出ていたが、浅田さんの伝説のフリーの演技をホテルでテレビ観戦し、感動で涙が止まらなかったという。浅田さんから「2020年頑張ってください」と20年東京五輪へエールを送られた石川は、「エールをいただいて本当にうれしい。後悔のないよう一日一日を過ごして最高の形で五輪を迎えられたらいい」と気合を入れていた。