wpmaster のすべての投稿

猫写真をグレードアップさせるコツ

ねこのきもち WEB MAGAZINE によると。

猫の撮影って、なかなか見たままの姿を撮ることが難しいもの。
「ねこのきもち」でもおなじみの猫カメラマン・石原さくらさんに、プロも使う撮影時のコツを教えてもらいました!

布の反射光を利用して、黒猫の表情もかわいく撮影☆
暗い毛色・柄の猫の表情をキレイに撮るコツ
黒猫など、顔の毛色が暗い猫を撮影する場合、表情がつぶれてしまいがち。なるべく猫の顔に光がたくさん当たるように工夫するといいでしょう。明るい色の布や紙などを敷いて、レフ板(被写体に光を反射させる道具)のようにして使うのがオススメ。撮影する直前に布を敷くと、好奇心旺盛な猫はニオイを嗅ぎたくて自然と布の上に載ってくれることが多いです。

見たままの毛色を写真で表現するコツ
見たままの毛色を写真で表現するコツ
写真にすると、肉眼で見たままの毛色を再現できないというお悩みも。原因のひとつとして、撮影時の照明の色が考えられます。自然光を使ってもキレイな色で撮影できないときは、カメラのホワイトバランス機能を使ってみて。ホワイトバランスとは、どんな光の中でも被写体本来の色(白を白く)に撮影しようとする補正機能のこと。ホワイトバランスを使って少し明るめに撮影すると、実際の毛色に近い色味で、かつ、毛並みもクリアに撮ることができますよ。

ふわふわな毛並みを写したいなら、逆光を利用
ふわふわな毛並みを写したいなら、逆光を利用
窓辺などで逆光を使うと、猫の体に光が当たって毛のふわふわした様子が撮影できます。光の真後ろから光が当たると顔が暗くなってしまうので、斜め後ろから光が当たるよう猫を誘導して撮影できるとベストです!

いかがでしたか?  どれも簡単にできるので、みなさんもぜひやってみてくださいね。

かわいいお顔も台無し!?愛猫の爆笑「ぶちゃいく顔」エピソード

ねこのきもち WEB MAGAZINE によると。

愛猫の爆笑「ぶちゃいく顔」エピソード
とっても愛くるしい表情のニャンコたち。でも、たまには「ぶちゃいく」な瞬間だってあるはず!(笑)
ねこのきもちWEB MAGAZINEでは115名の飼い主さんたちに、愛猫のことを「ぶちゃいくだな~」と思う瞬間について、アンケートを実施しました。

眠る顔はぶちゃいく鉄板!?
半目や白目になったり、変なポーズをしたりと、眠っていて無防備な瞬間はぶちゃいくになっちゃうみたいです!

「白目向いて爆睡姿」
「ヘソ天しながらグルーミング中に半目で寝た」
「私の足を枕にして寝ているとき、なぜか白目になってほんのりブチャイクに」
「猫じゃらしで遊んでるうちに、猫じゃらしを咥えながら寝ちゃったときの顔」
「爆睡するとお腹丸出しで足広げて寝るとき」

口を開けるときはぶちゃいく!?
ゴハンを食べようとするときや、あくびの瞬間など、口を開ける瞬間はぶちゃいくになっちゃうみたい!

「おやつが欲しいときの顔」
「ゴハン待ちで我慢できないとき、ぶちゃいくな顔になってる」
「大好きなちゅーるを食べるとき。必死すぎてぶちゃになる」
「あくびをするときの顔が、なぜか怖い」
「ベッドに人間のようにお腹を出して座って、あくびしてたのを見たときは、さすがに不細工で笑ってしまった」

何気ない瞬間もぶちゃいくに!?
そのほかには、何気ないふだんの日常で「何その顔!?」となることも……。

「顔を枕に乗せてるときのペチャンコ顔」
「気に入らないことがあると、子どもが地団駄踏んだり寝転がってゴネるような態度や表情を見せる」
「鼻をなでると、口を開けて甘えるときの顔」
「口を半開きでニオイをかいでいるとき」
「鈍くさいので、段差を越えようとして失敗したときは、ビックリするのかものすごい顔をした」

どんなにかわいいニャンコでも、ふとしたときにぶちゃいくになっちゃうみたいですね。でも、そんなお顔すらも愛らしい♡
あなたの愛猫の「ぶちゃいくな瞬間」はいつですか?

次は4回転跳ぶ!4年半ぶり復帰戦の高橋大輔

サンケイスポーツ によると。

 フィギュアスケート・近畿選手権最終日(8日、兵庫・尼崎スポーツの森)男子ショートプログラム(SP)で首位発進した高橋大輔(32)=関大KFSC=がフリーで118・54点の4位となり、合計195・82点で2014年ソチ五輪以来の現役復帰戦で3位となった。ジャンプの成功は1本。体力面に不安を感じさせたが、11月1日開幕の西日本選手権(名古屋)では今大会は回避した4回転投入を見据えた。昨季世界選手権5位の友野一希(20)=同志社大=が優勝した。

 勝負に敗れる悔しさがよみがえってくる。決まったジャンプは7本中1本のみ。SP首位ながら結果は3位。4年半ぶりの復帰戦を終えた高橋は開口一番に言った。

 「最低です。こんなにボロクソな演技は練習を含めて初めて」

 冒頭。フリップ-トーループの連続3回転は着氷も、その後は乱れた。2度の転倒に回転不足とミスが続出。客席を埋めた女性ファンの悲鳴と声援が交錯し、手狭なリンクにこだました。

 左内ももの肉離れに加え、古傷の右膝も痛み、追い込みはままならなかった。フリーを終えた順位が付き、規定で12月の全日本選手権への第一関門は突破も、「この演技では西日本(選手権)も通過できるか分からない」と危機感を抱く。

 闘争心を呼び覚ました元世界王者は、負傷明けで今大会は回避した4回転を投入する。「この後からやっていきたい」。長光歌子コーチ(67)によるとフリップかサルコーに挑戦する見込み。「練習で全てがそろったときの演技はすごい」と期待する。

 芸術面を評価する演技構成点はただ一人の80点台。度重なるルール改正で採点基準は異なるが、銅メダルを獲得したバンクーバー五輪での84・50点に匹敵する。「試合勘を戻せた。ここから上げていく」。やまない「大ちゃん」コールに包まれた競技者としての第2章が逆境をバネに始まる。