wpmaster のすべての投稿

子どもの帰宅確認やペットの状態を、PCやスマートフォンの専用アプリから確認できる!

マイナビニュースによると。

プラネックスコミュニケーションズは28日、設置場所の映像を、インターネット経由でPCやスマートフォンからリアルタイムで確認できるネットワークカメラ「カメラ一発!」を発表した。発売は3月8日で、価格はオープン。店頭予想価格は30,000円前後。

7m範囲の赤外線人体感知センサーと、画像解析による動体検知機能を搭載したネットワークカメラ。ルータと無線LANもしくは有線LANで接続することで、例えば子どもの帰宅確認やペットの状態を、PCやスマートフォンの専用アプリから確認できる。

本体内蔵のマイクにより、設置エリアの音を端末側で確認することも可能。逆に、本体に外部スピーカーを接続することで、カメラ設置エリアに自分から音を伝えることもできる。また、本体前面には昼用/夜用2つのレンズと赤外線LEDを搭載。周囲の明るさに応じて、自動で赤外線撮影に切り替わる。

本体サイズはW75.3×D78.7×H131.5mm、重量は約110g。通信機能はIEEE802.11b/g/n対応無線LAN、10BASE-T/100BASE-TX対応有線LAN。インタフェースは簡易無線LAN設定システム「WPS」ボタン、リセットボタン、microSD/SDHCカードスロットなど。

なお、専用アプリ利用時には、製品同梱のID・パスワードの入力が必要。専用アプリはWindows版/Android版/iPhone版/iPad版が用意される予定で、28日20時現在では、Windows用とAndroid用(Google Playよりダウンロード)の2種類が製品ページにて公開されている

大型犬のセントバーナードと「ペットカレンダー」撮影・・・?

サンケイスポーツ によると。

練習後のアスレチックス・中島を待っていたのは、大型犬のセントバーナードだった。4月14日のタイガース戦で来場者先着1万人に配布される「ペットカレンダー」用のツーショット撮影。「一人暮らしで飼ったら死んでしまう」とペットはいないが、撮影では「犬も落ち着いていたし、非常にいい表情だった」と、チームカメラマンのマイケル・ザガリス氏。ローリング・ストーンズやエリック・クラプトンのツアーにも同行経験があるベテランカメラマンから合格点をもらった

人間にわからないほど暗いと判断すると、イヌは盗み食いをする。

ナショナルジオグラフィック によると。

 多くの飼い主が、うちのイヌは監視の目が届かないと何かをたくらむと断言するだろう。靴は行方不明になり、ソファには謎の歯形が残され、食べ物が姿を消す。イヌたちは「ダメ」という言葉を無視するようだ。

 イヌは、人間が思っている以上に人間のことを理解しているのかもしれないという新しい研究が発表された。

 この研究によると、イエイヌに食べ物を取らないように命じた場合、部屋が明るい時より暗い時の方が、その命令に従わない可能性が高くなる。

 これは人間の最高の友達であるイヌが、人間が見ているということを理解できることを示唆していると、イギリスにあるポーツマス大学の心理学者でこの研究を主導したジュリアン・カミンスキー(Juliane Kaminski)氏は話す。

「ひとつ言えることは、人間のコミュニケーションを読み取る特殊なスキルがイヌにはあると言うことだ」とカミンスキー氏。「これはイヌに固有のものだ」。

◆人目を気にするイヌ

 カミンスキー氏の研究チームは、84匹のイヌを集めた。どれも1歳を超えたイヌで、食欲があり、知らない人と暗い部屋を怖がらなかった。

 次に、研究チームは実験装置を設置した。人がそこに入り、床の食べ物を食べないようイヌに命じる。この命令が、十分に明るい状態から十分に暗い状態まで、さまざまな光の条件で繰り返された。

 すると、イヌが食べ物を盗む確率は部屋が暗いほうが4倍高くなった。また、盗むまでの時間も短かった。

「人間が見えていることがイヌに影響するのだと考えていたが、人間が見えるかどうかはイヌの行動に影響しなかった」とカミンスキー氏は話す。

 そうではなく、食べ物が明るい場所にあるかどうかでイヌの行動が変わったという。これは、食べ物に近づく自分の姿が人間に見えるかどうかに基づいてイヌが判断していることを示唆する。

『犬から見た世界(Inside of a Dog)』(白揚社)の著作があり、コロンビア大学バーナード・カレッジで犬認知研究室を主宰するアレクサンドラ・ホロウィッツ(Alexandra Horowitz)氏は、「一般化すると、カミンスキー氏ら研究者の関心はイヌに“心の理論”があるかということだ」と語る。ホロウィッツ氏は今回の研究には参加していない。

 人間の通常の大人は誰もがもつ“心の理論”とは、「他人には自分とは異なる視点、知識、および感覚があるという理解」のことだとホロウィッツ氏は説明する。

◆想像以上に賢い

 これまではチンパンジーやボノボなどのより人間に近い動物が研究の中心を占めていたが、愛犬が何を考えているのかを知りたいという飼い主の思いもあって、イヌの認知への関心が高まっている。「イヌの認知に関する研究は約15年前に突然始まった」とホロウィッツ氏は語る。

 その理由のひとつとして、デューク大学犬類認知センター所長のブライアン・ヘア(Brian Hare)氏は、「イヌは取り立てて語るほどのものではないと、科学では考えられていた」と話す。

 しかし「イヌには特殊な才能がある。何年も前には、それが何なのか人間にはわかっていなかった」。ヘア氏は『The Genius of Dogs(犬の天才的能力)』の著作があり、今回の研究には参加していない。

 新しいイヌ研究の多くは、チンパンジーやボノボ、さらには幼い子どもたちに行われた研究のバリエーションだ。動物認知の研究者は、模倣、問題解決、社会環境の案内などを行うイヌの能力に注目している。

 人間の連れ合いとして何千年も品種改良を重ねてきたイヌたちは、人間の感情と特に波長があう。そして、研究を主導したカミンスキー氏によると、人間の合図を読み取ることに関しては、最も人間に近い哺乳類たちよりたけている。

 デューク大学のヘア氏はさらに、「家畜化によってイヌに生理学的な変化が生じた」と続ける。「イヌは他の種とは違う形で人間との結びつきを望む」。

 人間の最高の友達の心について、研究による解明が進んでいるが、「どのくらい賢いのかはまだわかっていない」とカミンスキー氏は話している。

 今回の研究結果は「Animal Cognition」誌2012年11月号で発表された

新婚旅行時などに長く家をあける場合の、ペットのお世話方法

マイナビニュース によると。

最近の日本はペットブームでもあり、2人以上の世帯では48%の世帯が何かしらのペットを飼っているといわれています。しかし長期間留守にすると、ペットのお世話ができなくなってしまうことが心配で、旅行に行くことをためらっている方も多いはず。そこで今回は、新婚旅行時などに長く家をあける場合の、ペットのお世話方法についてご紹介します。

■ペットホテルを利用する

最も一般的な方法はペットホテルの利用。預けている間は、食事やトイレ等のお世話も行ってくれます。動物病院と一緒になっている所も多く、もし体調を崩した場合でもすぐに対応してもらえるため安心です。衛生面などがしっかりと管理されたペットホテルを選びましょう。

ただし、日ごろと違う環境に長期間居ることになるため、ストレスを受けやすいと言われています。家に戻ってからは飼い主のしっかりとしたケアが必要です。

■ペットシッターを利用する

最近利用者が増えているケースです。留守中は家に直接来て、ペットのお世話をしてくれます。基本的なお世話はもちろんのこと、散歩やブラッシング、遊びなども行ってくれます。時間で料金が決められていることが多く、新聞の取り込みや植木の水やりなどに対応してくれる事も。ペットも普段と変わらない環境ですごせるため、ストレスがたまりにくいのが魅力です。

ただし家の鍵を渡すことになるため、安心できるシッターを探すことが大事です。ペットシッターは動物取扱業登録証を持っているため、依頼する前に必ず確認しましょう。

■留守番or知り合いに頼む

猫は2泊3日までなら留守番が可能といわれています。ただし1匹では寂しくなってしまうため、2匹以上飼っている家庭のほうがいいでしょう。

エアコンなどを利用して常時温度調節を行い、水とドライフードをたっぷり置いていきます。心配なら臨時のトイレも用意しておきましょう。犬の場合は散歩が必要なため、丸1日以上留守番をさせるのはやめた方が無難です。

家族や友人にペットシッターのかわりをしてもらうという方法もあります。来てもらうのが大変なら、その人の家で預かってもらうこともできます。ただしペットの扱いになれていなければ負担になってしまいますから気をつけましょう。

■一緒に連れて行く

好奇心旺盛なワンちゃんが、車の窓からひょっこり顔を出している…といった光景を目にする事も多いもの。最近では航空会社や宿泊施設の多くが、ペットと一緒にいろいろなところに行きたいという要望にこたえるかたちで、さまざまなサービスを取り入れています。

ディズニーランドにはペットクラブがあり、飼い主が面倒を見られない時間帯は預けておくことができます。国内であればペットと泊まれる宿も多いので、利用してみるのもいいでしょう。マイカーでの旅ならペットのための移動費用もかからず経済的です。

ただし猫の場合は環境の変化を嫌うことが多いため、旅には不向きです。離れると心配という気持ちもわかりますが、ペットに一番負担のかからない方法を選びましょう

小田急百貨店に猫グッズが大集合

マイナビニュース によると。

小田急百貨店は、ペットフード協会制定の「猫の日(2月22日)」にあわせ、新宿店本館2階「サンドリーズ・アレー」スウィングスペースにて、猫をモチーフにしたアイテムを1,000点以上取りそろえる「にゃんにゃんにゃん! ~猫の日zakkaフェア~」を、2月15日から2月28日まで開催する。

同フェアは、「猫」が町おこしや観光PRのキャラクターとして起用されるなど、注目を集めていることから昨年初めて開催された。今年は週ごとに出展社の一部を入れ替え、アクセサリーのほかステーショナリー、ガラス製品、Tシャツ、バッグなど、さまざまなアイテムをラインアップしている。

今回初登場となる「『麻木子(まきこ)』 おすましポシェット」(29,400円ほか)は、革を使い、オリジナルカラーで染め上げた猫型のハンドメイドバック。 2月15日から2月21日まで販売される。

また、第2週目(2月22日から2月28日)には、猫アクセサリー作家コスギ シン氏の、猫の顔をデザインした丸いシルバーアクセサリー「『コスギ シン』 ねこ玉ネックレス」(7,350円)が登場するとのこと