カテゴリー別アーカイブ: 浅田真央&スケート

羽生結弦、宇野昌磨らはどう戦う? 今季の目玉は“ルール改正”

AERA dot. によると。

 フィギュアスケートの新シーズンが本格的にスタートする。今季の目玉はルール改正。羽生結弦、宇野昌磨、宮原知子、紀平梨花……。男女とも層の厚い日本勢はどう戦うのか。

 熱狂の平昌五輪から8カ月。フィギュアスケートの新シーズンが、10月20日(日本時間)からのグランプリ(GP)シリーズで本格的に開幕する。

 今季最大の見どころは、「大幅なルール改正」だ。この改正にどう対応し、技術をどう磨き直してくるかが、各選手に問われている。最も演技に影響がある変更点は、技の出来栄え(GOE)の加減点が「±3」から「±5」へ広がったこと。難しい技に挑むかどうかよりも、いかにミスなく質の高い演技をするかが、より重要になった。選手の演技傾向が変わり、新たな下克上も生まれることになる。

 日本男子は、依然として羽生結弦(23)と宇野昌磨(20)の2強時代が続きそうだ。羽生は、初戦オータム・クラシックを優勝で飾った。しかしジャンプをミスしたあとのリカバリーをアドリブで対応できなかったことや、スピンでの失点も多く、得点は260点台。新ルール対策という課題を残した。

「点数については、ふがいないです。オリンピック後に消えていた部分に火がつきました。とにかく今は『勝ちたい』という気持ちしかない。最短で強くなります」

11月のGPフィンランド大会に向け、気合十分だ。

宇野はすでに今季2戦を終え、まずまずの滑り出しだ。9月のロンバルディア杯では276.20点をマーク。今季から新たにカウントされる歴代スコアでは、GP開幕を前に世界最高点をマークしている。また10月6日に行われたジャパンオープンでは、フリーで186.69点と、ロンバルディア杯のフリーを超える高得点をマークした。

「今季は今まで以上に、質の良いジャンプを意識して練習しています。『ただ跳べたから次のジャンプの練習』ではなく、『質の良いジャンプが跳べてから次』という練習方法にしています。質が良いジャンプとは、見ていた人が『ああっ』ではなく『おお~』と言いたくなるイメージ。着氷で流れることが大前提で、僕がよくやる右手が動くクセや、上半身が外を向いて耐えるような降り方をしないよう、意識して練習しています」

 五輪では銀メダルを獲得したが、スケートへのモチベーションは変わらないという。

真央「いまアイスホッケーをしています。アイスホッケーの大会に出たいですね。趣味程度ですけど」

スポーツ報知 によると。

 フィギュアスケート元世界女王で、昨年4月に現役引退した浅田真央さん(28)が18日、2006年からCMキャラクターを務める保湿ティッシュの高級ブランド「ネピア鼻セレブティッシュ」の都内イベントに出席。イベント内のトークで、真央さんの今後のチャレンジが話題になると「いまアイスホッケーをしています。アイスホッケーの大会に出たいですね。趣味程度ですけど」と明かし、報道陣を驚かせた。

 フィギュアスケートのシーズンが深まる冬に向けては、競技者の間で需要が高まるティッシュ。真央さんも現役時代から愛用する「鼻セレブ」を「選手のみなさんに使ってもらえるように伝えます」とPRし、「これからどんどん大きな試合がありますので、選手の皆さんはけがのないように頑張って下さい」とエールを送った。自身の今後の目標については公演中のアイスショー「浅田真央サンクスツアー」で「最後の最後まで滑りきりたいです!」と元気良く抱負を述べた。

 同社製品は来年で発売15周年。リニューアルを記念し、19日からは東京・表参道に「鼻セレブcafe 鼻屋敷」(19日~31日)が期間限定でオープンする。この日のイベント会場では真央さんは、両肩を大胆にのぞかせたセレブなドレス姿で登場し、笑顔を輝かせていた。

真央にサプライズ『感謝』…サンクスツアー・福島公演

福島民友新聞 によると。

 2010年バンクーバー冬季五輪フィギュアスケート女子銀メダリストの浅田真央さん(28)のアイスショー「浅田真央サンクスツアー」福島公演が13日、郡山市の磐梯熱海アイスアリーナで開かれた。ショーに先立ち、浅田さんへ塙町の名産品ダリアをあしらったパネルがサプライズで贈られた。
 パネルは縦2.7メートル、横5メートルで同町などで栽培された約5000輪のダリアが敷き詰められている。浅田さんは「一気に心に花が咲いた気持ちになった。そのままの気持ちでショーに臨みたい」と喜んだ。宮田秀利町長は「ダリアの花言葉は『感謝』。ショーに花を添えられてうれしい」と話した。
 アイスショーは浅田さんが全国からの応援に感謝を伝えるための全国ツアーで、福島公演は7カ所目。この日は、浅田さんのほか、姉の舞さん、プロスケーター無良崇人さんらが出演。14年ソチ五輪のフリーで使用したラフマニノフの名曲「ピアノ協奏曲第2番」などの演技を披露した。郡山市の女子児童(10)は「真央ちゃんが目の前まで来てくれてうれしかった。すごくすてきだった」と笑顔で話した。

鈴木明子、離婚を生報告…「自分の言葉でみなさんにご報告」

スポーツ報知 によると。

 元フィギュアスケート日本代表でプロフィギュアスケーターの鈴木明子さん(33)が12日放送のTBS系「ゴゴスマ~GOGO!Smile!」(月~金曜・後1時55分)に生出演し、昨年2月に結婚した小学校の同級生で会社員、Aさんと9月に離婚したことを明かした。

 この日朝に一部スポーツ紙に離婚が報じられ、鈴木さんは急きょスタジオに出演。「ゴゴスマで結婚のご報告をさせていただいて、みなさんにお祝いしていただいたのにも関わらずこういうことになってしまったので、これはちゃんと自分の言葉でみなさんにご報告しないといけないと思ったので」と説明した。

 報道について「朝、練習していてあっ記事出ているって。記事が送られてきて初めて把握したので」と明かした。番組では昨年2月6日に結婚報告した時のVTRを放送した。

 わずか1年7か月の結婚生活だったが「スケート漬けでスケートしか知らないなかでやってきたので、本当に世間を知らなかったと思います。ずっと実家で甘えていたので。ただし、結婚生活中では家事はいろいろと身についていたと思います」と鈴木さん。

 その上で「毎日、お仕事もあっておうちに帰ることもできなくて、至らない点は本当にたくさんあったと思います。と話した。結婚当初から「専業主婦は望んではいなくて、お仕事をしながら、というのも、やっっぱり自分が今までやってきたスケートといろんなお仕事があるなかでやりながら、ちょっと欲張りなんですけど、お仕事も家庭のこともできたらいいなって私のわがままなんですけど」と打ち明けた。

 さらに「仕事ばっかりにもなっていたなぁと思いますし、彼と出会って今までスケートしかしらないなかで生きてきたなかでこの経験ってすごくいろんなことを学ぶことができましたし、こういう結果にはなってしまったんですけど、未熟な私に本当にいろんな方たちが優しく声をかけてくださったので、こういう形での報告しかできなかったんですけども、それでも応援してくれる方がいたときに自分にとって必要なことだったと思いますし、だからこそ、これからは人のために何かできるお仕事をやっていきたいと思っています」と涙を浮かべて誓っていた。

 続けて「将来、お互いが見据えたところと歩む道のりがちょっとずれてしまったので、話し合いは重ねたんですけども、こういう結果になってしまったんですけども、お互いに人生があるので、そこがどうしても歩み寄れない場合はお互いに生きる方向を自分で歩いていかないといけない」と声を震わせていた。

次は4回転跳ぶ!4年半ぶり復帰戦の高橋大輔

サンケイスポーツ によると。

 フィギュアスケート・近畿選手権最終日(8日、兵庫・尼崎スポーツの森)男子ショートプログラム(SP)で首位発進した高橋大輔(32)=関大KFSC=がフリーで118・54点の4位となり、合計195・82点で2014年ソチ五輪以来の現役復帰戦で3位となった。ジャンプの成功は1本。体力面に不安を感じさせたが、11月1日開幕の西日本選手権(名古屋)では今大会は回避した4回転投入を見据えた。昨季世界選手権5位の友野一希(20)=同志社大=が優勝した。

 勝負に敗れる悔しさがよみがえってくる。決まったジャンプは7本中1本のみ。SP首位ながら結果は3位。4年半ぶりの復帰戦を終えた高橋は開口一番に言った。

 「最低です。こんなにボロクソな演技は練習を含めて初めて」

 冒頭。フリップ-トーループの連続3回転は着氷も、その後は乱れた。2度の転倒に回転不足とミスが続出。客席を埋めた女性ファンの悲鳴と声援が交錯し、手狭なリンクにこだました。

 左内ももの肉離れに加え、古傷の右膝も痛み、追い込みはままならなかった。フリーを終えた順位が付き、規定で12月の全日本選手権への第一関門は突破も、「この演技では西日本(選手権)も通過できるか分からない」と危機感を抱く。

 闘争心を呼び覚ました元世界王者は、負傷明けで今大会は回避した4回転を投入する。「この後からやっていきたい」。長光歌子コーチ(67)によるとフリップかサルコーに挑戦する見込み。「練習で全てがそろったときの演技はすごい」と期待する。

 芸術面を評価する演技構成点はただ一人の80点台。度重なるルール改正で採点基準は異なるが、銅メダルを獲得したバンクーバー五輪での84・50点に匹敵する。「試合勘を戻せた。ここから上げていく」。やまない「大ちゃん」コールに包まれた競技者としての第2章が逆境をバネに始まる。