カテゴリー別アーカイブ: 浅田真央&スケート

村上佳菜子が大ブレイク。タレントに転身した元女子アスリートたち

週刊SPA! によると。

 昨年4月に引退した、元フィギュアスケート選手の村上佳菜子(23歳)。今年は昨年に比べてテレビ露出が急増し、上半期だけで124本もの番組出演を果たした(ニホンモニター株式会社、東京地区地上波オンエア分)。昨年の上半期はたった5本のテレビ出演にとどまっていたというから、その伸び率には驚きを隠せない。

 村上は2010-2011年にシニアデビューし、全日本選手権で総合3位を獲得するなどして台頭。2014年には四大陸選手権で初優勝し、ソチオリンピックにも出場した。世界選手権では2014-2015シーズンまで5年連続で代表入りしており、昨年4月の引退後は、プロフィギュアスケーターやタレントとして活動の幅を広げている。昨年10月からは、日本テレビ系のバラエティ番組『メレンゲの気持ち』にレギュラー出演中だ。

 今回は村上のほかにも、引退後にタレントへと華麗なる転身を遂げた、5人の元女子アスリートを紹介しよう。ときには日本代表として、世界の大舞台に立つこともあった彼女たち。スポーツで鍛えられた胆力は、別の業界でも通用しているのだろうか。

◆丸山桂里奈 テレビ出演番組が一気に7倍

 まず頭に浮かぶのは、元サッカー選手の丸山桂里奈(35歳)。現役時代は2005年にL・リーグ(現なでしこリーグ)の新人賞に輝いたほか、なでしこジャパンのフォワードとして2011年のFIFA女子ワールドカップに出場し、日本を初優勝へと導いた。

 2016年9月に引退を表明したのち、タレント業に注力。赤裸々な恋愛トークや天然キャラがお茶の間に受け、主にバラエティ番組での活躍が目立っている。先ほど触れたニホンモニターの調査によると、丸山は昨年上半期のテレビ番組出演が12本だったのに対し、今年上半期は81本。村上同様、そのブレイクぶりには目を見張るものがあるだろう。

 今年9月1日には、日本最大級のファッションフェスタである「東京ガールズコレクション」へのゲスト出演も。ビビッドカラーのトップスに、薄いピンクのふんわりしたスカートを合わせて登場した丸山は、元サッカー選手といえども場違いになることはなく、“FOREVER GIRLS”(=女の子の“カワイイ”は永遠!)というイベントのテーマを見事に体現してみせた。

◆大林素子  実は演劇界で活動中

 次に紹介するのは、184cmという身長の高さで知られる元バレーボール選手、大林素子(51歳)だ。身長は小学生6年生の時点ですでに170cmに達していたらしく、学校では奇異の目で見られてしまうこともあったそうだが、バレーボールと出会ったことで才能を開花。現役時代は1988年ソウル、1992年バルセロナ、1996年アトランタと、3大会ものオリンピックに出場している。

 1997年3月に引退してからはスポーツキャスター、タレント、女優と、また違った一面を見せるようになった大林。面白いところでは2001年、つんく♂(49歳)のプロデュースにより、「デカモニ。」という名でアイドルデビューしたこともあった。

 また、あの蜷川幸雄(享年80歳)が演出を手がけた舞台には『ファウストの悲劇』(2010年)をはじめとし、3作品への出演を果たしている。もともと蜷川のファンだったという大林は、持ち前の高身長を蜷川に評価されたのだ。2009年に初演され、今年で11演目を迎えた舞台『MOTHERマザー~特攻の母 鳥濱トメ物語~』では10年連続で主演を務めており、着実に実績を積み上げている。

◆杉山愛  安定感のあるコメンテーター

 コメンテーターとして安定したキャリアを築いているのは、元テニス選手の杉山愛(43歳)。プロテニス界では全豪オープン、全仏オープン、全米オープン、ウィンブルドン選手権という4大会が“グランドスラム”と呼ばれており、今年9月8日、大坂なおみ(20歳)がシングルスとしては日本人初の全米オープン優勝を飾ったのはご存知のとおり。

 しかし杉山も全仏オープン、全米オープン、ウィンブルドン選手権の3大会で、ダブルスでの優勝経験がある猛者であり、歴史にその名を刻んでいる。シングルスでも、1994年から2009年まで62大会連続でグランドスラムに出場し、ギネス記録に認定された。

 2009年10月の現役引退後は、先述したようにスポーツコメンテーターとして活躍中。情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)では、月曜日のレギュラーに定着している。2015年9月には、4年間もの不妊治療を経て男児を出産しており、いつか親子が共演する日も訪れるだろうか。

◆北斗晶  夫婦で好感度タレント街道

 テレビ出演の多さから高い知名度を誇るのが、かつて全日本女子プロレスに所属していた北斗晶(51歳)。1985年6月にデビューしてから連戦連勝を重ね、新人らしからぬ快進撃で話題に。右膝に大ケガを負い、傷口から中の骨が見えているにも関わらず試合を続行しようとしたエピソードを持つなど、飽くなき闘争本能を備えた選手だった。

 そんな北斗も2002年4月に現役を引退。現役時代の1995年に結婚したプロレスラー・佐々木健介(52歳)との間には2人の男児をもうけており、ママタレントとしても親しまれるようになった。料理という特技を活かしてレシピ本や子育て本を出版しているほか、2015年には乳がん手術という大困難を乗り越えている。

◆東尾理子  すっかりママタレ

 最後に取り上げるのは、元プロゴルファーの東尾理子(42歳)。通算251勝を挙げ、名球会に名を連ねるほどのスター投手だった元プロ野球選手の東尾 修(68歳)を父に持ち、2009年には俳優の石田純一(64歳)と入籍している。

 親も配偶者もかなりのビッグネームだが、彼女自身のゴルフの腕前はどうだったのか。1999年に日本でプロゴルファーとなってからはケガに泣かされたこともあり、さほど優秀な結果を残せていない。ただ、日本大学に在籍中の1994年には、全米女子アマチュアゴルフ選手権でベスト8に入賞という好成績を収めている。

 ゴルフ以外の分野では、父とともにラジオ番組のパーソナリティを担当していた時期があるほか、2010年10月には、バラエティ番組『run for money 逃走中』(フジテレビ系)で勝利し、216万円もの賞金を受け取っている。今年4月には第3子を産んだばかりだが、『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)にてダイエット企画に挑戦すると、ウエストを13cm細くし産後太りからの脱却をアピールしていた。

 ――個性的なキャラクターと、厳しい試合をとおして培ってきた度胸を武器に、各方面で躍進する元女子アスリートたち。スポーツで鍛えられた“地力”は、タレントに転身するうえでの確かな礎となっていたようだ

宇野昌磨、シーズン初戦で優勝…ジャンプミスに苦笑いも25点差3連覇

スポーツ報知によると。

 男子フリーが行われ、平昌五輪銀メダルリストでショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=が172・05点、合計276・20点でシーズン初戦を制した。2位のドミトリー・アリエフ(19)=ロシア=に25点近い差をつけ、大会3連覇。友野一希(20)=同大=は141・27点、合計216・74点で5位だった。
 宇野は新フリーの「月光」に3種類4本の4回転を組み込んだ。冒頭の4回転サルコーでステップアウト、4回転フリップは回転不足を取られた。4回転トウループは2・28点の加点がついたが、続く4回転トウループからの連続ジャンプは着氷が乱れて単発に。3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)は転倒とミスが続き、演技後は苦笑いを浮かべた。
 今季から新ルールが採用され、出来栄え点(GOE)はプラス3からマイナス3の7段階から、プラス5からマイナス5の11段階に拡大された。男子フリーは演技時間が30秒短縮されて4分になり、ジャンプの数は8から7に減った。

坂本花織4位「一番理想な状態」昼寝効果で巻き返し

日刊スポーツ によると。

「昼寝効果」で挽回だ。ショートプログラム(SP)9位とまさかの出遅れだった平昌五輪6位の坂本花織(18=シスメックス)がフリー2位の130・94点をマークし、今季の国際大会初戦を合計180・85点の4位で終えた。

しっとりとした曲調から始まる新フリー「ピアノ・レッスン」を演じ「『昨日(のSP)と一緒の生活はしないでおこう』と思って生活しました。去年もそうだったんですけれど、公式練習が終わってから寝るんです。でも昨日は寝なくて。今日は睡眠入れながらやったり、ご飯食べる時間も考えて、一番理想な状態でやりました」と巻き返しの要因を分析した。

冒頭の連続3回転ジャンプは3回転フリップの単発。やり残した3回転トーループを「2つ目のフリップでつけるか、サルコーでつけるか、ダブルアクセルに3(回転)-3(回転)のトーループをつけるかとか考えてたけれど…」と頭をフル回転させながら、体は冷静に次々やってくるジャンプに対応した。3つのスピンは全て最高評価のレベル4。終盤のジャンプは着氷でこらえる場面が目立ったが「昨日よりはすごく緊張したので『いい緊張感の中でできたかな』って思います」と笑顔を見せた。

飛び損ねた3回転トーループに関しては「サルコーにつけたら曲に遅れるし、合わんかな…とか。考えている間に終わっていました。フリーのリカバリー力不足です」と苦笑い。それでも伸びしろを残しながら収穫も得て「(SP、フリーを)両方合わせて、しっかりとした点数を取らないといけない。練習で満足せずに、試合できっちりできるようにしたい」と総括した。

次戦はフリーのみのジャパン・オープン(10月6日、さいたまスーパーアリーナ)で、同19~21日にはグランプリ(GP)シリーズ初戦のスケートアメリカ(米エバレット)に向かう。「ショートは絶対にミスが許されない。その中でノーミスでできるように意識して、フリーはグランプリの前にジャパン・オープンがあるので、それに備えてしっかりできるようにしたいです」と、イタリアでの学びを生かしていく。

新プログラム披露の宇野昌磨、ロンバルディア杯SP首位発進

日刊ゲンダイDIGITAL によると。

 平昌五輪銀メダリストが、まずは好スタートである。
 フィギュアスケートのロンバルディア杯(イタリア・ベルガモ)が13日(日本時間14日)に開幕。男子SPで宇野昌磨(20)が104.15点で首位に立った。

 昨年のロンバルディア杯では、自己最高の104.87点をマークするなど、宇野にとって験のいい大会。安定した演技やジャンプで、今季から取り組む新プログラムを披露した。

 演技を終えると、笑顔でガッツポーズを見せた。

 今季のグランプリ(GP)シリーズで宇野は第2戦スケート・カナダ(10月26~28日=ラバル)、第4戦NHK杯(11月9~11日=広島)の2大会に出場予定。

 日本勢では他に友野一希(20)が75.47点で5位。女子SPでは平昌五輪6位の坂本花織(18)が49.91点で9位と出遅れ。シニア転向1年目の山下真瑚(15)は55.33点で5位につけた。ロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワ(21)が65.69点で首位に立った。

軽快な紀平梨花 成功率上昇「筋肉の調整の仕方が分かってきて、練習であまり崩れなくなった」

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケートの関大勢が7日、大阪府高槻市のたかつきアイスアリーナで練習を公開し、シニアデビューを控える紀平梨花(16=関大KFSC)が3回転アクセル―3回転トーループを成功させるなど、軽快な動きを見せた。

 今季は自分の筋肉の状態を見極めることで成功率が上がっているという。「こういう時はほぐした方がいいのか、トレーニングをした方がいいのか、筋肉の調整の仕方が分かってきて、練習であまり崩れなくなった」。ただ、全体的に見るとジャンプの失敗がところどころであった。これについては「きょうは不思議。飛行機で帰ってきて緩んでいた。思ったより(体が)しんどかった」と分析した。

 昨季の全日本選手権で3位に入り、ジュニアとは思えぬ実力を示したトリプルアクセルジャンパー。19日からのオンドレイ・ネペラ杯(スロバキア)に出場し、グランプリシリーズはNHK杯とフランス杯に参戦する。北京五輪の星の戦いがいよいよ本格化する。