カテゴリー別アーカイブ: 浅田真央&スケート

米紙が異例の呼びかけ“上原を好きにならなくては”

Full-Count によると。

 世界一の守護神まで、あと1勝だ。レッドソックスはワールドシリーズ第5戦でカージナルスを破り、3勝2敗として王手をかけた。この試合でも、上原浩治は4人を完璧に抑える快投で1シーズンでのポストシーズン最多タイとなる7セーブ目を記録。安定感抜群の守護神について、米全国紙USAトゥデー電子版は特集を組み「レッドソックスには最も素晴らしく、最高に愛すべきクローザーがいる」と題して、その魅力に迫っている。副題で「レッドソックスを嫌いでも、38歳のクローザーは好きにならなくてはいけない」と読者に呼びかける異例の記事だ。

 冒頭では、今季のチームの象徴となっているヒゲなど、レッドソックスのあらゆることが憎くても、コージ・ウエハラは嫌いになれないとしている。「レッドソックスのクローザーを嫌うことは不可能だ。試してみるがいい。うまくいかないから」と書かれている。

 それはなぜなのか。最も大切なのは、素晴らしい投手だからだという。ポストシーズンに入る前にも、上原は歴史的なレギュラーシーズンを過ごした。今季のWHIP(1イニングあたりの安打+四球)0.565は、過去にシーズン50イニング以上を投げた投手の中でも最も低いとしている。また、9イニングで換算すると平均12.2個の三振を奪取。1回の四球を出すまでに11.22個の三振を奪うほど、コントロールも抜群だ。そして、防御率は1.09。同紙は、これらは「途方もない数字」で「彼はモンスターだ」と表現している。

 ただ、魅力はこれだけではない。上原はクローザーに指名される前から、ボストンのファンの心をキャッチしていた。それは登板後に見せるパフォーマンスが大きかった。ピンチを切り抜け、ダッグアウトまで走って戻ると、視界に入ってきた1人1人と激しくハイファイブ(ハイタッチ)する姿は、早くから注目されていた。記事では「もし上原とハイファイブしたくなくても、気にしなくていい。いずれにしろハイファイブする羽目になるから」と書かれている。

 また、チームの象徴的存在であるデビッド・オルティスと仲がいいことにも触れられている。勝利後にオルティスが上原を抱え上げる恒例行事では、巨大な強打者と小さなクローザーが愛情を持って抱き合っている。

 さらには「上原がカズを試合に連れてきて一緒にフィールドでウォーミングアップするようになったことで、ベースボールファンの心を溶かすことに成功した」と、人気者の長男・一真くんについても、しっかり書かれている。

 同紙は29日付の紙面でも、スポーツ面のトップに上原の写真を大きく掲載している。世界一の人気と実力を兼ね備えた守護神が、日本から生まれようとしている。

安藤美姫、代表への道は「厳しい」も…「選んだのは自分」

デイリースポーツ によると。

 フィギュアスケート元世界女王の安藤美姫(25)=新横浜プリンスク=、ボクシングWBA世界スーパーフェザー級王者の内山高志(33)=ワタナベ=、元陸上選手の為末大氏(35)が21日、都内で行われたナイキの新製品イベントでトークショーを行った。

 4月の女児出産を経て、来年のソチ五輪出場を目指す安藤は「今はまだ1番遠いところにいる。代表への道は大変厳しいと感じてる」と話した上で「この道を選んだのは自分なので、できる限りやっていけたら」と、ソチ五輪最終選考会の12月全日本選手権に向けて、力を込めた。

真央ちゃん、ぶっちぎりの金メダルへ

DAILY NOBORDER によると。

 現在の日本の男子フィギュアのレベルは、過去最高の水準にあります。4年前のバンクーバー五輪のシーズンのときよりも、さらにワンランクアップした印象です。

 たとえば、日本代表からは外れた選手であっても、ほかの国に行けば楽々と代表になれる。それほどのレベルです。しかもGPシリーズ出場選手のなかで最年長の高橋大輔が27歳、一番年下の羽生結弦が今年12月で19歳。ひじょうに狭い年齢幅のなかに、ギュッと選手たちが集中している。やっている当人たちにしてみたら「生まれてくる時代が少しでもズレていたら」と言いたくなるような、この状況をつくり出したのは、やはり羽生の存在と言えるでしょう。

 初出場した去年3月の世界選手権で銅メダル。昨シーズンのGPファイナルでは銀メダル。「トーループ」と「サルコー」2種類の4回転ジャンプを、しっかりとプログラムに組み込むことができる羽生の登場。

 そして彼に負けた悔しさによって、高橋たちの心に火が点いた。羽生の突き上げによって生まれた相乗効果が、日本男子全体のレベルを、さらに高いレベルに押し上げました。それだけにソチ五輪の3つの代表枠をめぐる争いが、日本男子フィギュアの歴史上、最も厳しいものになることは間違いありません。

 スケートアメリカでの高橋の演技は、あまり完成度が高くなかった。小塚崇彦にも同じことが言えます。ただ、そこはベテランですから。まだシーズンは始まったばかり。このままで終わることはあり得ません。現役最後のシーズンになるかもしれないだけに、悔いを残さないよう12月の全日本選手権には、しっかりと仕上げて来るはずです。

 女子については、浅田真央が200点を超える高得点をあげて優勝しました。浅田本人も「この演技でこれだけの得点がもらえるのは、すごく満足」と話していたように、フリーではいきなり転倒しながらも、いまの自分にできることをしっかりとやっていた。そういう部分に成長の跡が見て取れました。滑走全体の完成度が高くなっているから、ミスがあったにも関わらず、あれだけの高得点になったのだと思います。

 とはいえ、浅田本人にしても佐藤信夫コーチにしても、まったく満足はしていないでしょう。現段階はあくまでスタートラインであって、ソチ五輪で「ぶっちぎりで」「安心して」金メダルを獲るためには、3回転‐3回転も欲しい。トリプルアクセルを2度プログラムに組み込むことも必要でしょう。

 ただ、スケートアメリカで彼女が披露したショートプログラムは、完成度がものすごく高かった。あのショートを見たとき、ソチ五輪に向けてプログラムを改良していくだけの下地は、すでに充分とできあがっているように感じました。

 通常のシーズンだと、どの国の選手たちも3月の世界選手権にピークを持っていくよう過ごしていくのですが、今年のようなオリンピックシーズンの場合、例年より1カ月早く仕上げていく必要があります。

 それに加えて日本の場合、選手たちには世界で一番過酷と言ってよいほどの、国内での代表争いが待っています。12月の全日本選手権の段階で、自身の最高潮の状態に一度仕上げたうえで、さらに来年2月のオリンピックに調整していく難しさがあります。ですが、そうした困難を乗り越えていくことで、選手たちはたくましく成長していくはずです。

 日本フィギュア界全体の好循環がそのまま、ソチ五輪での成果へとつながることを期待しています。

真央ちゃん、「初恋」に思い込める!SP振り付け手直し

スポーツ報知 によると。

 フィギュアスケート女子のGPシリーズ開幕戦・スケートアメリカで優勝を飾った浅田真央(23)=中京大=が24日、米デトロイトから愛知の中部国際空港に帰国。帰国前に滞在したカナダでは7季ぶりに「ノクターン」を使ったショートプログラム(SP)を手直し、「初恋」がテーマの振り付けをより情感込めて滑ることを誓った。

 「悲しかったり、山があったり、雪が降ったり。いろんな感情の入れ方を教えてくれた。レベルアップしたノクターンを見せられると思う」。雪山に男性と2人でいるなど具体的なイメージを思い浮かべ、より感情を込めて滑るように振付師のローリー・ニコル氏から助言されたという。11月のNHK杯(東京)後にはフリーを手直しする計画も検討中。まずはNHK杯表彰台で2連覇のかかるファイナル(福岡)進出を目指す。

モイーズ監督、“トップ下”香川を絶賛 「今日初めて本物の真司を見ることができた」

ISM によると。

 現地時間23日に行なわれたチャンピオンズリーグのレアル・ソシエダ(スペイン)戦で、今季初の公式戦フル出場を果たしたマンチェスターU(イングランド)の香川真司。マンUのデイヴィッド・モイーズ監督は試合後、この日の香川のパフォーマンスを絶賛した。

 今季モイーズ監督のもとでなかなか出番を得られずにいた香川だが、この日は左サイドで先発すると、後半途中からは得意のトップ下でもプレー。得点こそ生まれなかったものの、2度の決定機を迎えるなどゴールに迫ったほか、今季初のフル出場も果たし、指揮官へのアピールに成功した。

 モイーズ監督は試合後、クラブの公式HP上で「今日の真司は、私がここに来て以来ベストのパフォーマンスを見せてくれた」とコメント。「まだ本領発揮には至っていないが、今日の真司は今までの試合で見せられなかったものを見せてくれた。その点にはとても満足している」「オフ・ザ・ボールの動きが素晴らしかった。真司に関しては誰もがその能力の高さを私に語っていたが、今日初めて私も本当の真司の姿を見ることができたと思う。背番号10のポジション(トップ下)でプレーさせたときのウェイン(・ルーニー)との関係はとても良かった。彼が見せた姿勢とエネルギーは素晴らしかった。大満足だよ」と、香川を称えている。