カテゴリー別アーカイブ: 浅田真央&スケート

真央ちゃん、「シーズンオフに練習してきたことが、まずまず出せたと思います。次につながる試合になってよかったです」

Number Web によると。

 いよいよ、新たな五輪シーズンが始まった。バンクーバー五輪から、3年半。あっと言う間に経過したように感じられる。

 10月5日、さいたまスーパーアリーナで開催されたジャパンオープンで、日本チームは昨年に続いて優勝。それぞれが五輪用のフリープログラムを初披露した。

 女子で6人中1位となった浅田真央は、135.16といきなりパーソナルベストを更新した。彼女の新フリーは、ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」。フィギュアスケート界では定番の“勝負曲”と呼ばれる音楽で、これまで高橋大輔、村主章枝など、多くのスケーターがこの音楽を五輪プログラムに選んできた。振付は、長年彼女のプログラムを手掛けてきたタチアナ・タラソワである。

■圧巻だった浅田のステップシークエンス。

「シーズンオフに練習してきたことが、まずまず出せたと思います。次につながる試合になってよかったです」

 浅田真央は会見で、少しほっとしたような表情でそうコメントした。

 出だしの3アクセルは着氷でオーバーターンしたものの、回転は承認された。予定していた3フリップ+3ループが、3+2になるなど技の難易度を下げたところはいくつかあったものの、ミスらしいミスはルッツの不正エッジと、3サルコウで片手をついて回転不足と判定されたことのみ。

 最後のステップシークエンスの部分は圧巻で、彼女ならではのたおやかながらも力強いスケーティングを見せた。動作の一つ一つが美しく、昨シーズンにもまして滑りが伸びやかに見える。すべてのスピンとステップでレベル4を獲得し、芸術性などを評価される5コンポーネンツでは8点台半ばと高い点が並んだ。

■女子で唯一、6種類の3回転ジャンプを入れた構成が光る!

「課題にしていた、スピンやステップのレベルが取れたことは良かったと思います。ジャンプは失敗することもあるけれど、ここでは大丈夫かなと思っていたジャンプでちょっと失敗してしまった。次はそういうことがないようにしたいです」

 不安があったというのは、サルコウのことに違いない。3アクセルに強くこだわっていたバンクーバー五輪当時の彼女のプログラムには、苦手意識のあったルッツもサルコウも入っていなかった。当時に比べると、現在の浅田のフリーは格段にバランスのとれた構成になっている。女子の中で唯一、アクセルも含む6種類の3回転がくみこまれているのだ。

 自らの弱点から目をそらすことなく、佐藤信夫コーチと新たなスタートをきって3年半。現在の浅田真央は、当時の彼女とはまったく異なるスケーターに成長した。

 彼女の新たな五輪への挑戦がいよいよはじまろうとしている。

■ジャンプミスの目立った高橋大輔だが……。

 一方、男子のエース、高橋大輔はジャンプのミスが重なって6人中4位というふるわない結果だった。

 新フリーは、ビートルズメドレー。かなりアレンジが加えられた編曲で、タンゴ風の「カム・トゥギャザー」などは、高橋ならではの持ち味を生かしたお洒落な選択である。振付を担当したのはローリー・ニコルで、高橋とは初めての試みとなった。

「テクニカルのほうでミスが目立ってしまいました。でも演技としては気持ちよく、楽しく滑ることができました。たとえ疲れていても、楽しく滑ることができるプログラムだということを再確認しました。初披露を終えて、ほっとしています」

■高い可能性を秘めた高橋の新プログラム。

 4回転トウループと3アクセルという、もっとも大きなポイントを稼ぐ大技で転倒したことで、全体の流れを欠いてしまい、プログラムもうまく盛り上がらなかった。

 それでも5コンポーネンツでは2項目で9点台も出て、6人中でもっとも高い点を得た。男子でコンポーネンツに9点台を出せる選手はほとんどいない。これは、このプログラムに対するジャッジからの明らかなメッセージである。もし高橋がこれをノーミスで滑りきったなら、驚くほどの高得点が出る可能性を秘めているということだ。

■圧倒的な強みを誇るフェルナンデスの4回転。

 男子6人中トップだったのは、トウループとサルコウの2種類の4回転を合計3度成功させたハビエル・フェルナンデス(スペイン)だった。

 彼の4回転は成功率が高いだけではなく、ジャンプが大きく勢いがあるため、ジャッジから必ず加点を得て高いポイントを獲得している。このフリーでも一度の4回転でおよそ12ポイント、4回転だけで合計36ポイントも稼いでいるのだ。

 スケーティングの質や表現においては、彼は高橋にも、今回2位になった小塚崇彦にも及ばない。それでもスポーツである限り、やはり現在の男子の戦いで4回転は欠かすことができない武器だ。フェルナンデスがこの3度の4回転ジャンプを持っている限り、五輪でも怖い相手になるだろう。

 高橋ほどの表現力を持った選手でも、4回転なくしてはチャンピオンになりえない。それが現在の男子の現実である。その意味では、バンクーバー五輪当時とは違った戦いになってくることは間違いない。

 GP大会開幕まであと2週間、いよいよ新たな戦いが……。

真央ちゃん「ソチまですべてをスケートにささげる」

産経新聞 によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズに出場する日本の有力選手が6日、東京都内で会見し、来年2月のソチ五輪を集大成と位置づける浅田真央(中京大)は「ソチまで、すべてをスケートにささげて全力で頑張りたい」と強い意気込みを語った。

 浅田はGP第1戦のスケートアメリカ(18~20日、デトロイト)と第4戦のNHK杯(11月8~10日、東京・国立代々木競技場)に出場。

 昨季は2連勝した同シリーズに向けて「一つ一つの試合がソチにつながると思って、精いっぱいの演技をしたい」と語った。

 浅田と同じ2大会に出る男子のエース、高橋大輔(関大大学院)も「前だけを向いてやっていく」と決意をにじませた。

 全6戦で争うGPシリーズの上位6人、6組がGPファイナル(12月5~8日、マリンメッセ福岡)に進む。

真央ちゃん、びっくり自己ベスト!まだ伸びる 10点以上の上積み可能

スポニチアネックス によると。

 集大成の金メダルが見えた。フィギュアスケートのジャパン・オープンはフリーのみで行われ、今季初戦の浅田真央(23=中京大)が、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に着氷し、135・16点で6選手中トップ。日本の2年連続6度目の優勝に貢献した。国際連盟(ISU)のシーズンスコアには残らないが、昨季の世界選手権の自己ベスト134・37点を上回った。他のジャンプでミスがあってのハイスコアで、完遂すればキム・ヨナ(23=韓国)の持つ世界記録150・06点に匹敵するプログラム。現役ラストシーズンで好スタートを切った。

 フィニッシュ後の表情としぐさが、確かな手応えを物語っていた。天を見上げて演技を終えた浅田が、小さくうなずきながら笑みを浮かべる。フリーのみで行われる大会のためISUのスコアに反映はされないが、135・16点は“自己ベスト”だ。「得点は気にしていなかった。試合、試合によって得点は違うから何とも言えないけど、いい得点が出せて次につながる」とまた笑った。

 今季フリーはロシアの天才・ラフマニノフ作曲の「ピアノ協奏曲第2番」。振り付けを行ったタチアナ・タラソワ氏がデザインした黒と深い青の衣装に身を包んだ。昨季は6試合目の四大陸選手権まで封印したトリプルアクセルを、今季は初戦から投入。冒頭の大技はバランスを崩し、出来栄え評価で減点だったものの着氷した。連続ジャンプが2回転になるミスが2度出てもハイスコアをマーク。「始まる前は“できるかなぁ”“できる”って気持ちが重なったけど、オフに練習したことがまずまず出せた」と手応え十分だ。

 バンクーバー五輪シーズンだった4年前と何もかもが違う。09年ジャパン・オープンは2度挑戦したトリプルアクセルは転倒と1回転半。当時の自己ワーストの102・94点と不安の船出だった。今季は135・16点を出したが、潜在的な得点はもっと上。「まだまだ伸びしろがたくさんある」。完璧ではなかった大技、連続ジャンプのミス、回転不足だったサルコーを完璧にこなせば10点以上の上積みが可能だ。

 4月に今季限りでの引退を表明。その後は山梨で陶芸、米ニューヨークでショーを見てリフレッシュした。7月のアイスショーでは結果は1回転半だったが、トリプルアクセルに挑んだ。例年になく早い仕上がりで、初戦でも好発進。次戦は18日開幕のスケートアメリカ(米ミシガン州デトロイト)だ。「一つ一つの試合で自分の力を発揮して、集中して冷静に強い気持ちを持って臨みたい」。不安なんて何もない。浅田のラストシーズンは黄金の輝きを放ち続ける

真央ちゃん、びっくり自己ベスト!トリプルアクセル全開

サンケイスポーツ によると。

 ジャパン・オープン(5日、さいたまスーパーアリーナ)日本、北米、欧州によるチーム対抗戦は、男女2人ずつがフリーを滑って合計得点を競う方式で行われ、浅田真央(23)、村上佳菜子(18)=ともに中京大、高橋大輔(27)=関大大学院、小塚崇彦(24)=トヨタ自動車=で臨んだ日本が、合計544・85点で2年連続6度目の優勝を果たした。浅田は冒頭にトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決め、135・16点の“自己ベスト”で女子1位となった。男子は4回転ジャンプを3度成功させたハビエル・フェルナンデス(22)=スペイン=が176・91点でトップだった。

 今季初披露のフリーで一発回答を出した。ラフマニノフ作曲の『ピアノ協奏曲第2番』に乗った真央は、トリプルアクセルの着氷をなんとかこらえた。出来映え点(GOE)で減点されたが、初戦でいきなり伝家の宝刀を抜いた。

 「いよいよ五輪シーズンが始まった。次の試合につながる、まあまあの演技ができた」

 氷に片手をついた3回転サルコー以外、残りのジャンプを無難にまとめた。スピンとステップでは最高評価のレベル4を獲得。4分7秒を重厚に演じきると、1万5523人から総立ちで祝福された。記録として公認されないが、3月の世界選手権(カナダ)でマークした134・37点の自己記録を上回る得点をマーク。2位のバンクーバー五輪銅メダリスト、ジョアニー・ロシェット(カナダ)に11点以上の大差をつけた。

 「これから伸びしろがたくさんある。向上を目指してがんばりたい」

 現役最後のシーズンが幕を開けた。次戦は18日に開幕するグランプリ(GP)シリーズ第1戦のスケートアメリカ。同シリーズに最大ライバルの金妍児(キム・ヨナ、韓国)はけがで不在。取り戻した代名詞のトリプルアクセルを武器に、ソチ五輪の金メダルを目指して滑り出す。

真央ちゃん、ベスト超えるベスト、日本6度目V

毎日新聞 によると。

女子フリーでトリプルアクセルを跳ぶ浅田真央。大会は日本が連覇を果たした=さいたまスーパーアリーナで2013年10月5日、木葉健二撮影
 フィギュアスケートのジャパンオープンは5日、日本、欧州、北米の3地域対抗戦としてさいたまスーパーアリーナで行われ、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させ、非公認ながらフリーで自己ベストを上回る高得点をマークした浅田真央(中京大)の活躍で、日本が2年連続6回目の優勝を果たした。2位は北米、3位は欧州。大会は1チーム4人(男女各2人)の混合団体戦で行われ、フリー1種目のみの合計点で争った。日本は浅田のほか、村上佳菜子(中京大)、高橋大輔(関大大学院)、小塚崇彦(トヨタ自動車)で臨んだ。

◇ソチ五輪へ、踏み出した一歩

 浅田が「集大成」と位置付けるソチ冬季五輪に向け、幸先のよいスタートでシーズン初戦を飾った。銅メダルを取った昨季の世界選手権(カナダ)でマークしたフリーの自己ベストを1点近く上回った。「初戦なので、試合前は『できるかな』とか、いろんな気持ちがあった。次につながる試合になってよかった」と笑みを見せた。

 序盤に3回転半と3-3回転という高難度のジャンプを織り込む構成は昨季後半と変わらない。3回転半は着氷が乱れ、出来栄え評価で減点されたが、要素自体は認定。3-3回転は後半が2回転になったものの、課題にしていたスピンとステップはすべて最高評価のレベル4を得た。

 ロシアの作曲家、ラフマニノフの曲に乗り、青を基調とした衣装はタチアナ・タラソワ元コーチ(ロシア)の作。浅田も「体の中心からパワーがわき出るような衣装」と気に入っている。心身ともに決戦の地、ロシアに向け、浅田は上昇を始めた。【芳賀竜也】

◇小塚が復活の4回転トーループ

 右足のケガから復帰した小塚が冒頭の4回転トーループを成功させ、男子で2位。「無事に初戦を終えられてよかった。体のキレと、体力を確認できたのは収穫」と手応えを得た。昨季の全日本選手権(札幌)では5位に終わり、世界選手権切符を逃した。ソチ五輪行きが懸かる今年の全日本選手権は、この日と同じ会場。「氷の質や、会場の大きさを確かめながら滑れたのは大きな経験」と、本番に向けて気持ちを高めていた。