カテゴリー別アーカイブ: 浅田真央&スケート

安藤美姫、モロゾフ氏にコーチ就任要請……復縁を求められ決裂

NEWS ポストセブン によると。

 ママになってオリンピックに出場した女子シングルのフィギュアスケート選手はこれまで世界にひとりもいないという。その大きな壁に立ち向かおうとしているのが安藤美姫(25才)だ。

 4月にひまわりちゃん(5か月)を出産した彼女の復帰戦となる関東選手権(10月12~14日)は、ソチ五輪代表の1次選考会も兼ねており、ファンの間でも注目が高まっている。そのため、当初は埼玉県内のリンクで開催予定だったが、収容人数の多い新横浜スケートセンターに会場が急遽変更された。さらに地区予選では異例の有料となり、1000円の自由席前売り券が販売されることとなった。

 決戦の日まで1か月あまりとなったが、安藤のコーチはいまだ決まっていない。今回の妊娠・出産はごく限られた人にしか知らされておらず、日本スケート連盟の中で安藤は四面楚歌の状態。そんななか女性セブンは、安藤がかつてのコーチで、元カレのニコライ・モロゾフ氏(37才)を頼って渡米したことをスクープした。しかし…。

「8月の中旬に彼から電話があったそうです。コーチを引き受ける条件として、復縁したいと言ったそうです」(スケート関係者)

 モロゾフ氏は安藤との結婚を具体的に考えていた矢先の2011年夏、突然彼女のほうから別れを切り出されたことを『フライデー』で明かしている。その際、こんな心境も吐露していた。

<この状況で彼女のコーチだけ引き受けるのは無理です。将来にわたって、と言われれば…>

 つまり恋愛関係が破綻したのに、仕事としてコーチだけ引き受けるということは考えられないと公言していたのだ。

「だから安藤さんの中には、モロゾフさんから復縁を要求されるかもしれないという思いはあったと思いますよ。でも彼女にはもう子供もいるし、入籍こそしてないものの、“夫”ともいうべき立場の人もいる。今までと状況は違いますから、彼も恋愛と仕事を分けて考えてくれるはずと期待していたんですよね」(前出・スケート関係者)

 しかしモロゾフ氏は、窮地に元カノが頼ってくれたという事実に、逆に胸を熱くしてしまったのだろう。

「未入籍だということを知って、“子供も一緒にアメリカに住めばいいじゃないか”とまで言って、モロゾフさんは安藤さんを口説いたそうです。でも、彼女にしてみれば、モロゾフさんとのことはすでに過去の話です。ソチ五輪出場のためとはいえ、そうまでしてコーチを引き受けてもらう気はなかったので、そこで、ふたりは決裂したようです」(前出・スケート関係者)

安藤美姫、高須クリニックのCM出演決定「1億超」サポートも

女性自身 によると。

「ミキティのお母さんが、生まれたばかりの長女を選手控え室に連れて来ると、一気に控え室が『わぁ!』という歓声に包まれました。すぐに荒川静香選手が『抱かせて、抱かせて!』とせがんでいましたね」(スケート関係者)

 8月25日、新横浜スケートセンターで開催された『フレンズ・オン・アイス2013』で、安藤美姫(25)が、長女・ひまわりちゃん(4ヵ月)を、選手仲間に初お披露目したという。だが、ひまわりちゃんのため、逆境を生き抜く決心をした安藤は、今年1月にトヨタ自動車を退社。定収入なしの生活が続いていた。
 そんなミキティに愛の手を差し伸べたのが、高須クリニックの高須克弥院長(68)だ。
 いったい、どういう経緯でスポンサーに? 高須院長を直撃した。

「僕はシングルマザー・フェチなんです(笑)。1人で子どもを抱え、それでも一生懸命頑張っている女性を見るとね、もう黙っていられません。僕は彼女のためなら本気で何でもするつもりですからね。限度は設けていません。何千万? 1億円以上? いいですよ(笑)。トヨタにも負けないだけの金額を出す用意はありますからね」

 新横浜で、ひまわりちゃんに“お目見え”も済ませた高須院長。赤ちゃんの印象は?
「とってもかわいい赤ちゃんでした。ひまわりちゃんは僕に抱かれてもね、まったく騒ぎませんでした。安藤家のご家族がね、全身全霊を尽くして慈しみ、愛情を込めて育てている何よりの証拠です。
 ミキティは、9月からウチの新CMにも出演します。改めて全力でバックアップしていきたいと強く思いましたね」
 ソチ五輪出場へ、支援態勢は整ったーー。

真央ちゃんに続け……本田望結、女優業との二刀流で目指せ五輪! 

オリコン によると。

 人気子役の本田望結(9)が、31日放送のTBS系の人気スポーツバラエティー『炎の体育会 TV SP』(後18:55~20:54)で、フィギュアスケートの“本気”演技を披露することが29日、わかった。「女優もフィギュアスケートもどちらも頑張りたい」と悩める9歳の、現時点での最高の演技をカメラが収めた。

 今年3月に開催された『第60回京都府スケート選手権大会』ノービス選手権B女子1位を獲得した時のプログラム「長ぐつをはいた猫」と、エキシビション用「マッチ売りの少女」をフルでテレビ初オンエア。恐れを知らないはつらつとした躍動感をみせる一方、9歳とは思えない豊かな表現力には女優魂を感じさせる。

 『家政婦のミタ』(日本テレビ)で注目され、ドラマやCMなどで活躍する女優業と並行して、「フィギュアスケートのメダリストになる」という大きな夢に向かって、努力を続けている望結ちゃん。

 実は、望結ちゃんの6歳上の兄、太一くんは日本スケート連盟の強化選手(2012/2013)であり、国際ジュニア大会で表彰台にあがる実力の持ち主。3歳上の姉、真凛(まりん)ちゃんも2011年に国内の9歳~10歳の部門で優勝し、国際大会でも優勝したことがあり、浅田真央、村上佳菜子に続く逸材として注目されている。

 そんな、一歩先を行く兄や姉を追って、女優業が忙しい時期でも週に5日は練習を欠かさず、着実に結果も出している望結ちゃんを番組では“未来の五輪選手”として今後も応援していく。

世界で最も撮影したいアスリート1位は?…… 2位浅田真央、3位はイチロー

によると。マイナビニュース

フォトブックサービス「MyBook(マイブック)」を展開するアスカネットは、写真とオリンピックに関するイメージアンケート調査を全国の20~70代の主婦1,000名を対象に実施した。調査期間は8月13日~16日。

9月7日に開催地が発表される2020年夏季オリンピック。このほど、「もしもオリンピックと同じような世界的な写真の祭典『フォトリンピック』があったとしたら?」というテーマでアンケートを実施。「絵になる(写真に撮りたい)」スポーツ選手について尋ねた。

○絵になるスポーツ選手1位は“人類最速の男”ウサイン・ボルト選手

金メダル(1位)を獲得したのは陸上の「ウサイン・ボルト選手」(281票)。しかし、フィギュアスケートの『浅田真央選手』(267票)、野球の『イチロー選手』(262票)もウサイン・ボルトに迫る勢いの票を獲得した。日本選手はその他、体操の「内村航平選手」、野球の「ダルビッシュ有選手」、サッカーの「本田圭祐選手」が8位以内にランクインしている。

○東京で開催なら観戦したいと考えているのは51%

フォトリンピックで金メダルとなった「ウサイン・ボルト選手」の活躍が期待される2020年夏季オリンピックだが、どこで開催してほしいか尋ねたところ、698票を獲得して「東京」が1位。2位は「マドリード」(117票)、3位は「イスタンブール」(112票)だった。

東京でオリンピックが開催される場合、見に行きたいか聞くと、「実際に足を運びたい」が50.7%、「興味はない」が49.3%で、「興味あり」と「興味なし」の割合は、ほぼ半々のようだ。

また、「世界一絵になる名所」という質問に対しては、「富士山」という回答が617票を厚め、断トツの1位に。以下、「日本の桜」(218票)、「グランドキャニオン」(217票」と続いた。

キム・ヨナ最後のプログラム曲に『悲しみのクラウン』など

中央日報日本語版 によると。

キム・ヨナが2013~2014シーズンの新しいプログラム曲を26日に公開した。ショートプログラム曲は米国のミュージカル作曲家のスティーブン・ソンドハイムの『悲しみのクラウン』(原題:Send in the Clowns)を選定し、フリースケーティング曲はアルゼンチンのタンゴの巨匠アストル・ピアソラの『アディオス・ノニーノ』に決めた。振りつけはキム・ヨナと7年間ともにしてきたデビッド・ウィルソンが務める。キム・ヨナは、「これまでやりたかった音楽だった。現役最後の舞台であるだけに素敵な姿を見せたい」とコメントした。

フリースケーティング曲『アディオス・ノニーノ』はキム・ヨナにとってさまざまな面で意味深い。「アディオス」はスペイン語で別れのあいさつを意味する。来年2月21日に現役最後の舞台となるソチ冬季五輪のフリースケーティングでファンに別れを告げる意味を込めた。

キム・ヨナは泰陵(テルン)選手村で1日5~6時間ずつ氷上と地上を行き来してトレーニングに励んでいる。すでに新シーズンのプログラムの振り付けは完成した状態だ。キム・ヨナは10月25日からカナダのセントジョンで開かれるグランプリ第2戦スケートカナダで新しいプログラムを公開する。