カテゴリー別アーカイブ: スポーツ

五輪開催地投票 “日仏密約”によりフランスは東京支持も……。

NEWS ポストセブン によると。

 9月7日(日本時間8日)、2020年夏季五輪の開催地が決定するが、東京五輪招致が決まったとしても懸念は残る。
 今回の五輪招致レースで、日本の招致委員が最も触れられたくない懸案事項は福島原発事故の影響だった。実際、8月27日、日本と招致レースを争っているスペインの大手通信社は「福島の原発問題が解決していない中、日本の五輪開催に影響が出てくる」とのネガティブキャンペーンを繰り広げていたのだ。
 東京招致に成功したとしても大会運営上、大きな不安となるに違いない。
「放射能の問題は外国人にとって最大の関心事。事故直後に、プロ野球やJリーグでプレーする海外選手たちがこぞって帰国してしまったニュースは記憶に新しい。それと同様の事態が起こる可能性だってあります」(在米ジャーナリスト)
 海外選手の出場ボイコットさえありうるという。
「7月中旬に東電が認めた『放射能汚染水の海洋流出問題』では世界中に波紋が広がりました。英BBC放送では連日この問題を取り上げています。こうなったら、国家全体の問題として事後処理に取り組むべきです」(同)
 もし国が有効な手立てを講じられなければ国際社会の中で日本の立場はより厳しくなるだろう。
 2008年の北京五輪では当時世界記録を保持していたハイレ・ゲブレシラシエ選手(エチオピア)が「あんな(大気が)汚いところで走るのは嫌だ」といって出場を辞退した。有力選手の離脱が相次げば、56年ぶりの五輪開催も興醒めだろう。

真央ちゃんに続け……本田望結、女優業との二刀流で目指せ五輪! 

オリコン によると。

 人気子役の本田望結(9)が、31日放送のTBS系の人気スポーツバラエティー『炎の体育会 TV SP』(後18:55~20:54)で、フィギュアスケートの“本気”演技を披露することが29日、わかった。「女優もフィギュアスケートもどちらも頑張りたい」と悩める9歳の、現時点での最高の演技をカメラが収めた。

 今年3月に開催された『第60回京都府スケート選手権大会』ノービス選手権B女子1位を獲得した時のプログラム「長ぐつをはいた猫」と、エキシビション用「マッチ売りの少女」をフルでテレビ初オンエア。恐れを知らないはつらつとした躍動感をみせる一方、9歳とは思えない豊かな表現力には女優魂を感じさせる。

 『家政婦のミタ』(日本テレビ)で注目され、ドラマやCMなどで活躍する女優業と並行して、「フィギュアスケートのメダリストになる」という大きな夢に向かって、努力を続けている望結ちゃん。

 実は、望結ちゃんの6歳上の兄、太一くんは日本スケート連盟の強化選手(2012/2013)であり、国際ジュニア大会で表彰台にあがる実力の持ち主。3歳上の姉、真凛(まりん)ちゃんも2011年に国内の9歳~10歳の部門で優勝し、国際大会でも優勝したことがあり、浅田真央、村上佳菜子に続く逸材として注目されている。

 そんな、一歩先を行く兄や姉を追って、女優業が忙しい時期でも週に5日は練習を欠かさず、着実に結果も出している望結ちゃんを番組では“未来の五輪選手”として今後も応援していく。

香川真司、ベンチ外でマンU……地元記者がモイーズ采配に疑問

スポーツ報知 によると。

 ◆イングランド・プレミアリーグ第3節 リバプール1―0マンチェスターU(1日・アンフィールド) 1日のリバプール戦で日本代表MF香川真司(24)をベンチ入りさせず、0―1で敗れたマンチェスターUのモイーズ新監督に、非難が集中した。リバプールは唯一の3連勝スタートを切った。アーセナルは1日、トットナムとの「ノース・ロンドン・ダービー」にFWジルーのゴールで1―0で勝った。FW宮市亮(20)はベンチ外だった。

 イングランドを代表する2クラブの激突で2戦連続ノーゴールに終わり、マンチェスターUは今季初黒星を喫した。高級紙「デイリー・テレグラフ」の主任ライター、ウインター氏は「中盤中央に早く、速さと権威、そして創造性を送り込まなければならない」と指摘。「シンジ・カガワは、どうやってモイーズを納得させればいいか、頭を悩ませているに違いない」と、現在のマンU中盤で唯一、創造性を持ち込める香川を使わない采配に疑問を投げかけた。

 大衆紙デイリー・ミラーも「6年ぶりに2試合連続無得点。この調子では4位という可能性もある」と早くもV逸を心配した。

掟破りの自宅襲撃にマー君激怒!……出版社が出入り禁止に

東スポWeb によると。

 楽天・田中将大投手(24)が8月30日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)に先発し、7回3失点で勝利。開幕からの連勝を「19」とし、大リーグのルーブ・マーカード(ジャイアンツ)が1912年に樹立して以来、実に101年ぶりの「世界記録」に肩を並べた。記録の上で“世界のマー”になったが、すべてが順調なわけではない。その裏では、ヒートアップする週刊誌の取材に絶対エースが激怒する事件が起きていた。決まりを守らない取材に対し、球団はこの出版社を“出禁”にした騒動を追った――。

 打線が2回まで7得点と大量援護したこともあり、初回からノープレッシャーで5回までスイスイと快投した。ところが、6回に2点、7回にも併殺打の間に1点を失い今季ワーストの3失点。自身の投球内容に納得のいかない様子の田中は「勝たせてもらったという感じ。何にも良くなかったです」とイライラを募らせた。

 それでも不敗神話は継続中。次は稲尾和久(西鉄)が樹立した「同一シーズン20連勝」という記録に加え、昨季から24連勝となるため、これはカール・ハッベル(ジャイアンツ)が1936~37年に達成した世界記録に並ぶ。自己新の20勝にも手が届く。調子が悪いながらも、白星が転がり込む流れの良さがあることから、一見、順風満帆にも見える今季の田中だが、実は人知れず苦しんでいた。連勝すればするほど、報道が過熱し“聖域”だったはずのプライベートまで侵されてしまったからだ。ある日に起きた“ピンポン事件”を出版関係者が明かす。

「ある週刊誌記者がマー君に直撃すべく、仙台の自宅を訪ねたそうです。その時は本人は不在だったようで、(里田)まい夫人が対応した。それにマー君が激怒して、球団の知るところとなり、その週刊誌を刊行する会社の全媒体を楽天が“出禁”にしてしまったそうです」

 球団は報道陣に対し「選手の自宅への取材活動」を禁止事項にしており、田中に関しては「まい夫人への取材もご遠慮ください」とNGを出している。Kスタ宮城にまい夫人が応援に来ているにもかかわらず、新聞などにコメントが掲載されないのはそのためだ。エースにとってグラウンド外は“聖域”。リラックスできる時間を過ごせるはずだったのだから、怒るのも当然か。

 今回の件について球団側は「確かに事実です。出入り禁止にしていることは、12球団にも通達しています」(球団広報)という。

「この措置に出版社は頭を抱えています。出禁がこの雑誌だけならまだしも、この出版社はスポーツ雑誌も刊行していますからね。このままだと楽天の初優勝が一切取材できなくなりますから」(前出の出版関係者)

 とはいえ、現時点では“出禁”が解ける気配はないという。

 もともと田中は「うちの周りに週刊誌(の記者)がウロウロしているらしいんですよ」とこぼしたこともあるなど、プライベートに関する週刊誌の取材攻勢には敏感だった。たとえインターホン越しとはいえ“ピンポン攻撃”を繰り返されれば、まい夫人も気がめいるというもので、田中が怒るのも無理はない。

 だが、皮肉にも不敗神話が続くほど、周囲が過熱していくのも事実。シーズン終了まで無敗で突っ走りそうな田中だけに、今後もヒートアップする取材攻勢から、愛するまい夫人を徹底ガードしていくつもりのようだ。

世界で最も撮影したいアスリート1位は?…… 2位浅田真央、3位はイチロー

によると。マイナビニュース

フォトブックサービス「MyBook(マイブック)」を展開するアスカネットは、写真とオリンピックに関するイメージアンケート調査を全国の20~70代の主婦1,000名を対象に実施した。調査期間は8月13日~16日。

9月7日に開催地が発表される2020年夏季オリンピック。このほど、「もしもオリンピックと同じような世界的な写真の祭典『フォトリンピック』があったとしたら?」というテーマでアンケートを実施。「絵になる(写真に撮りたい)」スポーツ選手について尋ねた。

○絵になるスポーツ選手1位は“人類最速の男”ウサイン・ボルト選手

金メダル(1位)を獲得したのは陸上の「ウサイン・ボルト選手」(281票)。しかし、フィギュアスケートの『浅田真央選手』(267票)、野球の『イチロー選手』(262票)もウサイン・ボルトに迫る勢いの票を獲得した。日本選手はその他、体操の「内村航平選手」、野球の「ダルビッシュ有選手」、サッカーの「本田圭祐選手」が8位以内にランクインしている。

○東京で開催なら観戦したいと考えているのは51%

フォトリンピックで金メダルとなった「ウサイン・ボルト選手」の活躍が期待される2020年夏季オリンピックだが、どこで開催してほしいか尋ねたところ、698票を獲得して「東京」が1位。2位は「マドリード」(117票)、3位は「イスタンブール」(112票)だった。

東京でオリンピックが開催される場合、見に行きたいか聞くと、「実際に足を運びたい」が50.7%、「興味はない」が49.3%で、「興味あり」と「興味なし」の割合は、ほぼ半々のようだ。

また、「世界一絵になる名所」という質問に対しては、「富士山」という回答が617票を厚め、断トツの1位に。以下、「日本の桜」(218票)、「グランドキャニオン」(217票」と続いた。