カテゴリー別アーカイブ: スポーツ

浅田真央 GPシリーズ優勝でも不気味な“キム・ヨナの隠し玉”

日刊ゲンダイ によると。

 今季限りで引退を表明している日本の女王が開幕戦で好スタートを切った。 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケート・アメリカ(ミシガン州デトロイト)最終日は20日(日本時間21日)、女子フリープログラム(FP)が行われ、浅田真央(23)が131・37点でトップに立ち、ショートプログラムとの合計204・55点で優勝。これで浅田はファイナルを含めたGP全7戦を制覇し、自身が持つ日本勢最多記録を更新する12勝目を挙げた。

 この日の浅田は序盤のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で回転不足から転倒した。ジャンプでミスが出たものの、高い表現力が評価されて演技構成点で出場選手中トップの69・54点をマークし、2位のアシュリー・ワグナーに大差をつけて圧勝した。

 その浅田のライバルである「女子フィギュアの女王」キム・ヨナ(23=韓国)は右足中足骨を損傷。9月には全治6週間と診断され、すでにGPシリーズ(第2戦のスケート・カナダと第5戦のフランス杯)欠場を決めている。GPはソチ五輪に向けて審判団へのアピールの場でもあるだけに欠場は大きな痛手だが、それでも、浅田の不安は拭えないのではないか。

 ソチ五輪で連覇を目指すキムは今回のFP曲に、タンゴの「アディオス・ノニーノ」を選定。振付師のデビッド・ウィルソンは、「この曲を表現できるのはキム・ヨナだけ」と断言。キム自身も「これまでのプログラムで一番難しい」とコメントしながら、しかもその演技を公の場では披露していないのだ。

「キムは長年のキャリアから審判団から実力を認められ、ソチでいきなり高得点を出すことも考えられる。GPを欠場したのは大逆転を狙った演技隠しではないか」(フィギュア関係者)
 見えないキム・ヨナは不気味だ。

真央ちゃん、尻もちついても200点突破

朝鮮日報日本語版 によると。

 日本女子フィギュア界のスター、浅田真央(23)が国際スケート連盟(ISU)グランプリ(GP)シリーズ第1戦で200点超えの優勝を果たした。

 浅田は21日、米ミシガン州デトロイトで行われた「スケートアメリカ」のフリーに臨んで131.37点を出し、前日のショートプログラムの得点73.18点と合わせて合計204.55点で優勝した。2位は193.81点で米国のアシュリー・ワグナー(22)、3位は183.95点でロシアのエレーナ・ラディオノワ(14)だった。

 浅田はこの日、ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」に合わせて演技した。冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ、基礎点8.5)は回転数が足りずに転倒、3点にとどまった。トリプルルッツ(3回転)はジャンプをする時に使うエッジの方向が違っており、トリプルフリップ-ダブルループ-ダブルループ(3回転-2回転-2回転)はダブルループ2回の回転数が足りないと判定された。3つのミスで基礎点が8点近く削られたわけだ。

 しかし、スピンとステップはすべて最高レベルの「レベル4」と認定された。浅田は通算4回目のISU公認大会で200点を超え、キム・ヨナ(23)の200点突破回数に並んだ。浅田が今回出した204.55点は、 2010年のバンクーバー冬季五輪で2位になった時の自己最高得点(205.50点)まであと0.95点という数字だ。

 女子フィギュアシングルの歴代最高得点は、キム・ヨナがバンクーバー冬季五輪で優勝した時に出した228.56点。歴代2位の得点もキム・ヨナが今年3月の世界選手権で優勝した時の218.31点だ。五輪2連覇を狙うキム・ヨナは先月、足の甲の骨を痛め、GP第2戦・第5戦とも出場しない。

安藤美姫、ソチへ厳しい現実を実感「代表に一番遠いところにいる」

安藤美姫、ソチへ厳しい現実を実感「代表に一番遠いところにいる」

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケートの安藤美姫(25=新横浜プリンスク)が21日、都内で行われた「ナイキ フューエルバンド エスイー」国内発表会にプロボクサーの内山高志(33)、元陸上選手の為末大(35)とともに出席。ソチ五輪へ向けての現在の心境を明かした。

安藤美姫 優勝も課題残す…「何が足りないか明確になった」

 安藤は14日までに行われた関東選手権で優勝したものの、合計147・30点の得点は昨年の全日本選手権では10位相当と、目標にしているソチ五輪出場に向けて厳しい現実を付きつけられたばかり。自身の置かれた状況について「代表になるには一番遠いところにいる、厳しいとは正直思っている。選手としてはソチ(五輪)まで一番遠い位置にいるけど、少しずつ前進はしていると思う。(仕上がりは)40(%)ぐらい」と現状を分析した。

 4月に長女を出産した安藤。「環境が変わったことで、フィギュアスケートの新しい魅力だとか、挑戦させてもらえるという姿勢とかはプラスに動いたと思う。(復帰は)すごく大変でしたけど、その道を選んだのは自分。フィギュアは人が評価するものなので、自分がいいと思っても、評価が付いてこない時もある。まずは自分がやるべきことをまっすぐ見つめてやっていきたい」と話した。

 最近では関東選手権でも露呈した体力面の不安を解消すべく、陸上トレーニングも取り入れた。「出産を経て、骨盤のゆがみや内転筋もすごく弱ってしまった。それをまず元通りに戻すこと。あとは足の筋肉。最初のうちはスケート靴が重かったんです。足の筋肉を補うために(陸上トレーニング)を始めました。陸上でやらせてもらって、こんなに動いているだって実感できた。でも、それをこなすゴールが大きな舞台になるのかなと実感もできた。頑張っていきたい」と前を向いた。

 今後については「お客さんとどれだけ一体感を持って演技できるかをエンジョイできたらなと思っている。今は体力面、筋力面を強化していかないといけないので、まだまだお客さんとフィーリングを合わせることができていない。全日本でまず勝ち上がらないとその上の目標がない。全日本(選手権)までにはその気持ちの余裕を持てるようになれたら」と話した

真央ちゃん、CMでなめらか演技「ガーナミルクチョコレート」のおいしさ表現

スポーツ報知 によると。

フィギュアスケート女子の浅田真央(23)=中京大=が、20日よりオンエアされるロッテ「ガーナミルクチョコレート」の新CM「メッセージリボン」篇で、甘くなめらかな“チョコレート”のような滑りを披露する。

「ガーナミルクチョコレート」のパッケージの色と同じ真っ赤なコスチュームに身を包み、誰もいないリンクで練習に励む真央ちゃん。軽やかなステップを踏みながら滑り続けるその横から「真央ちゃんファイト☆☆」や「応援してるからね!」など、ファンからの応援メッセージが書かれた赤いリボンが、まるで真央ちゃんを後押ししているかのようにその背中から幾重にも広がる。やがてそのリボンは、とろけるチョコの動きをなぞるように大きなハートを描く。「みんなの応援」と「口どけなめらかなガーナのおいしさ」の2つを“元気の源”に、笑顔で練習に励む様子が描かれている。

CM撮影とはいえ、リンクに立つと真央ちゃんは真剣そのもの。監督に「試合だと仮定した場合、ジャッジ(審判団)がどこにいると考えて滑ればいいですか?」と質問するなど、一流選手の「魅せ方」へのこだわりにスタッフ全員が驚かされた。しかし、リンクから出て自身の演技をモニターでチェックする時には、納得のシーンを見つけると「おっ、いいねえ」と笑みを浮かべて自画自賛するなどおちゃめな一面を見せて、周囲を和ませた。

選手生活の集大成と位置づけるソチ五輪に向けて、試合ごとに「最高の演技をする!!」ために練習に励み、今まさに頂点を迎えようとする真央ちゃんの美しい演技は要チェックだ。

安藤美姫、ママさんスケーターはスタミナや技術以上に右肩痛に足を引っ張られそうだ。

日刊ゲンダイ によると。

 安藤美姫(25)が満足そうに振り返った。14日、フィギュアスケートの全日本選手権(12月)の1次予選を兼ねた関東選手権に出場。妊娠、出産で3季ぶりとなる国内復帰戦で優勝を飾り、2次予選となる東日本選手権(11月)への出場権を手にした。

「もっとも、演技内容は精彩を欠いた。この日のフリーは91.05点。冒頭から3回転ルッツ、3回転ループが回転不足と判定された。終盤の2回転トーループで転倒したうえ、キレを欠いたスピンでは4段階評価で1と判定。スタミナ不足は明らかです。合計は147.30点。安藤が150点を切ったのは、07年以来です。昨年の全日本選手権を制した浅田真央は193.56点。今回の安藤の得点は10位に相当するもので、2年のブランクで大変な差が開いた」(マスコミ関係者)

 スタミナ以外の問題も浮上した。安藤に近い関係者が、「(レイバックなどの)スピン技の際、(本人は)『肩が痛い』と言っている」と右肩痛の再発をほのめかしたのだ。右肩痛は、06年12月の全日本選手権のSPで転倒して脱臼して以来の古傷。一時は、寝返りを打っただけで肩が外れたほどで、選手生命が危ぶまれたこともあった。

 09年4月に患部をボルトで固定する手術。術後は症状は治まったものの、リンクを離れて出産も経験したことで、筋力が衰えたからだろう。トレーニング不足もあり、ここに来て痛みが再発。復帰に向けて急ピッチで調整したため、オーバーワークも原因になったとみられる。

 今後はソチ五輪出場を目指し、東日本選手権、全日本選手権での優勝を目指すとはいえ、先行きは不透明。ママさんスケーターはスタミナや技術以上に右肩痛に足を引っ張られそうだ。