カテゴリー別アーカイブ: ディズニーの話題

堺雅人が声優で話題『くまのプーさん』実写版が中国で上映禁止。驚きの理由とは?

女子SPA!によると。

 日本では俳優の堺雅人が声優挑戦で話題の「くまのプーさん」実写映画が中国で上演禁止となり、その珍事にハリウッドが騒然としています。

◆プーさんが反政府組織のシンボルってどういうこと?

 問題となっているのは、9月14日から日本公開予定のディズニー映画『プーとおとなになった僕』。

「くまのプーさん」シリーズの初の実写化として注目され、すでに公開中の欧米では夏休み映画として家族連れを中心に人気となっている映画です。

 大人になり疲れた生活を送る主人公クリストファー・ロビンに「ピュアな心」を思い出させるため、プーさんと森の仲間たちがロンドンまでやってくる心暖まるストーリーで、R指定になるようなバイオレンス描写も濡れ場もなし。

 ましてや、中国政権に都合の悪い内容が含まれているわけでもありません。では、なぜ中国では上映禁止なのでしょうか?

『ザ・ハリウッド・レポーター The Hollywood Reporter』など複数の米メディアによると、禁止の理由は「プーさんが反政府組織のシンボルだから」だそう。

 でも、「くまのプーさん」ってそんなお話でしたっけ?

◆ぽっちゃり具合が国家主席とそっくりで中国出禁のプーさん

 疑問に思うのは当然! 中国当局が『プーとおとなになった僕』を上映禁止にしたのは、そのストーリーとはまったく関係のない“冗談”みたいな理由。ズバリ、「プーさんのぽっちゃり具合と習近平(しゅうきんぺい)国家主席の体型が似ているから」だというのです。

 2013年に習近平が国家主席となって以降、プーさんと主席との類似を面白おかしく比較するネット投稿が中国国内で急増。反政府派が主席を指すときの隠語と使われ始めたため、当局はネット上からプーさん一掃するのに躍起になっているそう。特にメッセージ性のない、ただのかわいいプーさんの画像さえも検閲の対象となっていると『ロサンゼルス・タイムス Los Angeles Times』が報じています。

『グローバル・リスク・インサイツ Global Risk Insights』によると、習主席がハイヤーの上から観衆に手を振る姿と、車に乗ったおもちゃのプーさんを並べた写真は、2015年に最も検閲の対象になったツイッター投稿だとか。

 プーさんより細くて背の高いティガー(オバマ前米大統領)と歩く写真や、“のろまでお人好し”イーヨー(安倍首相)と握手するプーさん(習主席)投稿も国外からは見ることができますが、国内からのアクセスはできないようです。

◆検閲大国・中国!劇場公開される海外映画は年間34本だけ

 もともと反政府的なメディアの記事やコメント、政府にとって都合の悪い画像や動画などは徹底的にネットから排除してきた中国。未だにグーグルやYouTube、Facebookも禁止され、世界各国でばく大な視聴者を持つNetflixさえも進出が許されていない国です。

 中国側は同映画を上映禁止にした理由を公表していませんが、これまでの“冗談みたいなプーさん騒動”を見れば、その理由は火を見るより明らか。傍から見ると、ディズニーキャラクターに似ていると言われただけで何を怒っているのかと思わないでもないですが……。

 ちなみに、中国では年間34本しか海外映画の劇場公開が認められていないため、今回のようなはっきりとした理由がなくとも上映禁止になる海外映画はあるそう。予想以上に閉じられた国なのですね。

「The Hollywood Reporter」https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/christopher-robin-refused-china-release-winnie-pooh-crackdown-1131907

「Los Angeles Times」http://www.latimes.com/world/la-fg-china-winnie-the-pooh-20180809-story.html#

「Global Risk Insights」https://globalriskinsights.com/2016/03/china-blacklists-winnie-pooh/

『プーと大人になった僕』森の仲間たちのキャラクターポスター5種解禁

クランクイン! によると。

 世界的に愛されるディズニーの人気キャラクター『くまのプーさん』を実写化した映画『プーと大人になった僕』より、森の仲間たちのキャラクターポスター5種が公開された。

 本作は、プーと大親友の少年クリストファー・ロビンが「100歳になっても、きみのことは絶対に忘れない」と約束を交わしたのち、大人になりロンドンで暮らすクリストファーとプーの奇跡の再会からはじまる物語。主人公の大人になったクリストファーを演じるのは俳優のユアン・マクレガー。

 既に予告編でお披露目され、早くもそのキュートさでファンの心をわしづかみにしている森の仲間たち。解禁されたキャラクターポスターには、ロンドンのさまざまな名所や街並みを背景に、プー、ピグレット、ティガー、イーヨー、カンガ、ルーがつぶらな瞳でこちらに微笑みかけている愛くるしいビジュアルが描かれている。

 “フワモコ”な毛並みや真ん丸な目など、ぬいぐるみ感が満載の彼らは、実際にぬいぐるみが製作され撮影でも使用された。細心の注意が払われ製作されたというぬいぐるみ達は、プーさんのお腹の適切な抱き心地や、ティガーの表情が効果的に驚きや困惑を表せること、イーヨーのぐったり具合は細部までこだわるなど、キャラクターの個性を大切に表現した仕上がりとなっている。

 映画『プーと大人になった僕』は9月14日より全国公開。

ディズニー スモールワールドに乗って寄付を 35周年で寄付プログラム実施

cinemacafe.net によると。

35周年イベントを開催中の東京ディズニーリゾートでは、11月1日(木)~12月25日(火)の間、対象商品を購入するなどして寄付つきプログラム“Smiles for Tomorrow”(スマイル・フォー・トゥモロー)の実施をする。

この“Smiles for Tomorrow”は、対象商品の売上の一部を寄付する寄付つき商品の販売と、期間内にアトラクションを利用したゲストの人数に応じた金額の寄付の、二種類の寄付を実施するというもの。ゲストとともに世界の子どもたちに“ハピネス”を届けるとの思いから35周年を機に実施する。

寄付つき商品販売として、クリスマスのスペシャルグッズ「アーモンドチョコレートバー バッグ」(1,500 円)を購入すると、税抜価格の 3.5%を寄付することに。ただし、販売数に限りがあるため、売切れの場合もあるのでご注意を。

アトラクション利用者数に応じた寄付では、35周年を機にリニューアルオープンしたアトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」を期間中利用したゲストの人数に、3.5円を乗じた金額を寄付。寄付先は、どちらのプログラムも日本ユニセフ協会「ユニセフ支援ギフト」プロジェクトだ。

※取材時の状況に基づいて記事化しています。ショー内容など、異なる場合もあります。また、紹介したイベント、メニューなど、全ての情報は予告なく変更になる場合があります。詳細は公式サイトを参照ください。

ディズニーリゾート&USJへの旅行プラン特集

東京ディズニーリゾートツアー&ホテル予約サイト特集

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM(USJ)旅行・ツアー予約サイト特集

格安航空券&ホテル予約サイト特集