カテゴリー別アーカイブ: ネットの話題

ゾゾタウンが天下のユニクロを「追い抜く」ことの現実味

ダイヤモンド・オンライン によると。

 「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は最近、急成長しているアパレルECサイト「ゾゾタウン」を運営するスタートトゥデイについて聞かれることが多くなっているが、「あれは完全に(ショッピング)モールですよ」といってはばからず、暗にゾゾは《衣料品の製造販売の競争相手ではない》というそぶりを見せる。しかし、本当にユニクロのビジネスモデルはゾゾに揺さぶられてはいないのか。ゾゾにユニクロが追い越される日は来ないのか――。(流通ジャーナリスト 森山真二)

● かつては野菜や靴も売り 衣料品に特化したユニクロ

 ご存じの方も多いとは思うが、今から15年以上も前の2002年秋にファーストリテイリングはSPA(製造小売業)のビジネスモデルを応用して野菜・果物の製造販売に参入したことがある。

 当時、「フリース旋風」を巻き起こし、急成長していた「ユニクロ」だっただけに、SPAで野菜を手掛けるということで、相当注目された。

 柳井会長は自信たっぷりに「SPAのビジネスモデルを使えば野菜だって、果物だって何だってできる」として話したが、04年に撤退を発表。「ユニクロ野菜」はわずか2年足らずの運命をたどった。

 今思えばユニクロ野菜はなかなかのビジネスモデルだった。価格は割高だったが、品質への評価は高かったし、さすがユニクロと思わせた。

 しかし、「計画生産ができなかった」ため販売機会損失を起こし、子会社の黒字転換のめどが立たず撤退を決めた。流通業界ではナチュラル、オーガニックというキーワードがようやく広がり始めており、ユニクロの取り組みは少し早かったといえる。

 ユニクロは一時期、靴のSPA化にも取り組んだことがあるが、それも早々にやめて以来、脇目も振らず、衣料品一本やりに軌道修正する。
● 高い授業料を払って モノ作りの難しさを学んだ柳井会長

 柳井会長はユニクロ野菜や靴に高い授業料を払って、「モノ作りとは何か」という難しさを学んだ。

 『一勝九敗』という著書まで出し、ユニクロ野菜の失敗など多くの失敗を経験し、衣料品SPAとしての知見を蓄積してきた柳井会長からすれば、冒頭のゾゾへの「モールですよ」という発言は、《衣料品作りの何たるかが分かっていない》と言いたいのだろう。

 現状はゾゾタウンの採寸の仕組み「ゾゾスーツ」だけが“話題先行”のきらいがあるだけで、ゾゾタウン自体がショッピングモール、「乗り合いバス」のようなビジネスモデル。決して生産から販売までの仕組みが出来上がっていないと言いたそうだ。

● ユニクロと比較されるゾゾタウン 業績は好調

 柳井会長は「我々は衣料品の知見、資源をたくさん持っている」と強調し「企画から製造販売を一貫して行えるのが強み」と持論を展開する。その上で「ゾゾやアマゾンが市場をとるとは思っていないし、服を作っていくということはそんなに簡単ではない」とも言う。

 実際、店舗で販売して何が売れているか、消費者の購買行動やトレンドを読み取り、それを企画に生かし、製造に生かしていくというのがSPAのメリットだとすれば、ユニクロはそれを「教科書通り」に実行してきたといっていい。

 同じカジュアル衣料を扱っているため、ユニクロと比較され、柳井会長に批判されることが多くなったそのゾゾタウンだが、業績は好調である。

繰り返し使えるダイソーの万能ベルトが超便利♪ 面倒な梱包のガムテープ代わりにも

レタスクラブニュース によると。

涼しく過ごしやすくなってくると、衣替えはもちろん、なんとなく家じゅうの整理整頓が気になりはじめます。そんなとき、ダイソーで見つけたのが「万能ベルト」。想像以上に便利で大活躍しています♪  ガムテープ代わりに使えるのですが、何回も繰り返し使えるのがポイントです!

引っ越し荷物の結束、梱包時のガムテープ代わり、旅行カバンの結束、パイプや立てかけた棒の結束、パレットに積載した荷物の固定などほかにも使い方はさまざまなんですよ。長さは約245cm×幅2cmで2本入りとなっています。ワンタッチで長さ調節できるのがポイントです!

使用方法も簡単で分かりやすいので安心です。留めを立てたら反対側のベルトを穴にさしてください。ベルトを通したら引っ張ってパチンと留めを閉めましょう。これだけでしっかりと締まり、好きな長さに調整可能となっています。

わが家では衣替えの衣類整理、本や雑誌の整理時に活躍していますよ。今まではガムテープやビニールひもを使っていたのですが、もうその2つは必要ありません。使っている最中に使い切ってしまって困ることもなくなり、なくなるたびに買い足す手間もいらないのがと~ても便利!

この万能ベルト、キャンプなどのアウトドアにも利用できちゃいます。折りたたんで丸めたテントやマット、レジャーシートやタープなどを固定。丸めて縛って持ち歩くことができ、とても重宝します。同じ道具をまとめたりするのにも役立ちますね。

似たような商品を通販サイトで見かけたことはあったんですが、お値段がそこそこよくて購入にはなかなか至りませんでした。それなのに、2本入りが100円で手に入るとは、本当にお得♪ さすが100均です! またダイソーに行ったら買い足そうと思います。

「ムーミン」テーマパーク完成、埼玉・飯能市

TBS系(JNN) によると。

 北欧のキャラクター、「ムーミン」の世界観などを体験できる日本初のテーマパークが完成しました。

 このテーマパークは埼玉県飯能市にある宮沢湖の湖畔およそ23.6万平方メートルを開発して造られたもので、北欧のライフスタイルを体験できるエリアやムーミンの物語に登場する灯台などの建物が集まったエリアから構成されています。

 3日、施設完成を記念する式典が行われ、飯能市の大久保勝市長や「ムーミン」の作者の故郷、フィンランド政府の関係者らが参加しました。

 「素晴らしい施設になるようご祈念申し上げ、改めて飯能っていいなというような施設運営に応援していきたい」(大久保勝 飯能市長)

 来月9日にはテーマパークの一部がオープンする予定です

ソフト、ハード、手帳?100均スマホケースの失敗しない選び方

サンキュ! によると。

100円ショップの定番アイテムのひとつ「スマホケース」。シンプルなものから凝ったデザインのものまで揃っています。今回は、100円ショップに足繁く通い、気になったアイテムを購入、実際に使用したレポートをするブロガーの「たくたく」さんに、多彩な100均スマホケースについて調査してもらいました。

ソフト、ハード、手帳タイプ……どれがオススメ?
100均で買えるスマホケースのラインアップはとても幅広く充実しています。一方で、ソフトケースとハードケース、カバータイプと手帳タイプなど、デザインも種類も豊富すぎる故に、どれを選べばよいのか迷ってしまいがち。そこで今回は、実際に100均スマホケースを試しながら、迷わない選び方について考えてみました。
「ソフト」vs「ハード」ケース選びは素材から
スマートフォンは本体デザインも魅力のひとつ。できればケースなしで利用したいという人は少なくないでしょう。とは言え、キズがつくのはやっぱり気になります。そこでおすすめしたいのが透明のスマホケース。今回は、シリコン製のソフトケースと、プラスチック製のハードケースという異なる素材のものを実際に使ってみました。

使ってわかった「ソフトケース」のメリットとデメリット
ソフトケースは、手に心地よく吸い付いてくれます。なので、落としにくいという安心感が最大のメリット。一方で、シリコン素材は熱に弱いようで、最初は透明だったケースがいつのまにかスマホ本体の熱にやられて茶色く変色してしまいました。利用から半年くらいたった姿は悲惨な状態に……。

なので、透明のソフトケースを使っている筆者は、半年ごとにケースを買いかえていました。長持ちしないというのがソフトケースのデメリットかもしれません。

ただし、透明のケースにこだわらなければ、このデメリットも解消できます。たとえば写真で紹介している木目調のケースもじつはソフト素材でできています。女性であれば、ダイソーとフリューの『GIRLS’TREND 研究所』とコラボしたスマホケースに、カワイイ系のデザインが充実しているので、選択肢も広がります。

使ってわかった「ハードケース」のメリットとデメリット
ハードケースは、熱や汚れに強く、長持ちするのが最大のメリットと感じました。ですが、プラスチック製のため、操作していると手からツルツルッと滑ってしまい、何度か落としそうになってしまいます。

また、ケースを外すときにも注意が必要。構造上ガッチリと本体にハマるため、厚みの薄いい部分がバキッと割れてしまうことがあります。この点もハードケースのデメリットと言えるでしょう。
100均スマホケース、選ぶならソフトとハードどっち?
以上、ソフトとハード、異なる素材を実際に使ってレビューしてみました。スマホのデザインが活きる透明ケースにこだわる人なら、変色のリスクが低いハードケースがおすすめでしょう。

しかし、使い勝手の面ではソフトケースが勝ります。先に述べたとおり、熱で変色するソフトケースのデメリットは、色がついたデザインなら発生しません。なので、個人的に100円ショップのスマホケース選びは「デザインありソフトケース」の一択ですね。

「カバータイプ」vs「手帳タイプ」のどちらを選ぶ?
各種カード類が収納できる手帳タイプのスマホケースを利用している人も多いでしょう。100円ショップでももちろん販売されており、最近はデザインも充実しています。今回はこの手帳タイプも、実際に試してみました。

手帳型のメリットは、「カード入れがある」「通知が見えない」のふたつ。電子マネーが使えるカードならスマホひとつで買い物にいけますし、通知が見られないのでプライバシーが守れます。

しかし、手帳タイプはどうしてもサイズが大きくなりがち。ポケットに入れたときの膨らみが気になってしまいます。値段もカバータイプはほとんどが100円ですが、手帳タイプは300円以上が相場。

メリットが多い手帳タイプですが、シンプルに使いたい人にはあまりおすすめできないかもしれません。

【結論】100均スマホケース選びのコツ
今回100円ショップに足を運んでわかったんは、スマホケースは圧倒的にソフト素材が多い&デザイン豊富なこと。どのタイプのケースを選ぶかはその人の好みですが、選ぶ楽しさがあるのはソフトケースで間違いないでしょう。

ちなみに100円ショップでは、日々新商品が登場しています。私は飽きっぽい性格なので、新商品がでるたびに新しいケースが欲しくなってしまいます。しかし、100円なので財布への負担は大きくはありません。飽きっぽく、色々なケース使いたい人にも、ソフトケースはおすすめです!

貴乃花はどこへ行くのか……。角界で再び巻き起こる不信の渦。

Number Web によると。

 貴乃花親方が日本相撲協会に引退届を提出した。

 すぐには受理されず、両者の言い分は食い違っている。今後、どのような展開となるのかはともかく、今回の事態を招いた大きな要因に、あの日馬富士と貴ノ岩の一件があることは間違いない。

 あの時、貴乃花親方は、「わが子」である貴ノ岩を守るべく、断固として戦った。そして、その一途な行動は、いささか強引であったにしても、相撲部屋の師匠、すなわち「親」として「わが子」に無私の愛情を注ぐ、相撲界の伝統にかなったものであった。

 相撲部屋は「家族」であり、師弟は「親子」だ。

 近年、相撲部屋の親子関係の在り方も多様になってきたが、貴乃花親方は一昔前のスタイルを貫く。指導は、自らの現役時代そのままに、妥協なく、厳しい。ただし、その裏には深い愛情がある。貴ノ岩を守ろうとする一途な行動からは、そんな「親」としての、ほとばしるほどの愛情が感じられた。

 残念なのは、その愛情が日馬富士には向かなかったことだ。もしかすると、心の底には愛情があったのかもしれない。しかし、例えば、日馬富士が師匠の伊勢ケ濱親方(元横綱旭富士)とともに貴乃花部屋の宿舎に謝罪に訪れた時、話すら聞かずに車で立ち去った姿からは、愛情は伝わってこなかった。
「親」としてどういう態度をとるべきか。
 「なぜ、日馬富士に愛情を注ぐ必要があるのか?」と疑問に思われるかもしれない。

 日馬富士は貴乃花部屋の力士ではないし、加害者でもあるからだ。

 しかし、貴乃花親方は貴乃花部屋の師匠であると同時に、日本相撲協会の理事でもある。理事に求められるのは、相撲協会全体を自分の相撲部屋と同じ「家族」とし、すべての力士に「わが子」のような愛情を注ぐことだ。

 ましてや、貴乃花親方は、将来の理事長候補とも期待されていた人物だ。

 だからこそ、日馬富士にも、自分の部屋の力士と同じく「わが子」として愛情を注ぐことが求められた。

 では、「わが子」が失敗をしでかしたとき、愛情深い「親」はどんな態度をとるのか。