8月 042018
 

 自民党の杉田水脈衆議院議員が、「『LGBT』支援の度が過ぎる」と題した雑誌寄稿で「LGBTは生産性がない」と暴言を吐いたというニュースが流れたとき、私は北欧の小さな国の首都にいた。

 その暴言のあまりもの酷さに、インターネットのニュース記事を読み漁り、さらには本人を批判する記事やツイート、さらには擁護する人々の発言を一通りフォローした。

 暴言の酷さ醜さは言うに及ばず、当人が何も悪びれていない様子であることや、彼女を支持する声が少なくないという事実に、いたたまれないほどの嫌悪と悲しさを感じた。

〔PHOTO〕iStock
団結する仲間の熊たち
 ところで、この小さな北の首都には、その中心に大聖堂があって、大聖堂の前には石畳の広場がある。ちょうどこの時期、あるイベントが行われていた。

 それは、世界各国のアーティストが、人間の背丈を超えるほどの熊の人形に、それぞれ自分の国を表すペイントをし、それがずらりと大聖堂前の広場に並べられているのだ。

 2002年にベルリンを皮切りに始まったこの「United Buddy Bears(ユナイテッドバディーベアーズ)」というイベントは、2005年には東京にもやって来ており、そのときは300万人を超える人出でにぎわったという。

 黒い熊もいれば、白い熊や黄色い熊、赤や青の熊もいる。2メートル近い大きさの色とりどりの熊の人形が、百体以上も手をつないで並ぶ姿は壮観だ。

 そして、その中央には水色の熊が、一体だけ独立して立っている。その体には世界各国の言葉で、「人権」と書かれている。背中には、国連の「世界人権宣言」の第1条が英語で記されている。

———-
すべての人間は、生れながらにして自由であり、かつ、尊厳と権利とについて平等である。人間は、理性と良心とを授けられており、互いに同胞の精神をもって行動しなければならない。
———-

〔PHOTO〕iStock
「生産性がない」と切り捨てられる恐怖
 杉田発言を聞いて以来ずっと、何か心に棘が刺さったような気分でいる。あの発言に驚き、怒りを覚えた多くの人も、大なり小なり同じような暗澹とした気持ちを抱いているだろう。

 最初私は、多くの人がそうしたように、怒りに任せて彼女と彼女の発言を批判する記事を書こうと思った。実際、これまでも私は、巷にあふれる「杉田水脈的」なさまざまな言動について、私なりの気持ちをぶつけて批判を繰り返してきた。

 それは犯罪に対してであったり、暴力やハラスメントに対してであったり、弱者に対する心ない言動についてであった。その性質や程度の違いこそあれ、「敵」はどれも人権を蹂躙(じゅうりん)するような出来事ばかりだった。

 LGBTを「生産性がない」という言葉で差別し、貶めることは、ちょうど2年前に起こった神奈川県相模原市の「津久井やまゆり園」事件の被告の思想を否が応でも想起させる。

 障害者施設の入所者19人を殺害した植松聖被告は、犯行の動機として「知的障害者は生きていても不幸なだけ」と語ったという。

 今回の杉田発言も、根は同じである。自分で決めた線引きで人間に優劣をつけて差別し、見下すという発想は、思い上がりも甚だしく、傲慢で醜悪だ。

 杉田発言に対しては、当然のことながら、多くの人が憤り、批判が噴出した。作家の乙武洋匡氏は、「次に排除されるのは『私』かもしれない」と述べ、誰もが「生産性がない」との言葉で切り捨てられることの恐怖を説いた。

 誰もみな年を取ったり、病気になったり、事故に遭ったりすると「生産性」がなくなってしまうかもしれない。それは、当の杉田議員だって同じことだ。生産性がない人に支援が不要であれば、年金や社会福祉は不要ということになる。

 一方、大阪府の松井一郎知事は、杉田議員への反論のつもりだったのか、ツイッターで「オカマにもゲイにも生産性はある」と呟き、却ってその思慮の浅さを露呈させた。公職にある人が、「オカマ」という侮蔑的な言葉をいまだに不用意に使う感覚には呆れるしかない。

 さらに「生産性がある」ことを理由に、差別の対象から外そうとする論理は、杉田議員と同一線上にある。生産性があろうがなかろうが、差別自体がいけないということの基本を理解していない。

 このように、とかく差別的な人々は、意図的であれ、無意識的にであれ、人々の間に勝手な線引きをしたり、条件をつけたがる。些細な違いを見つけては、その違いゆえに殊更に他者を差別しようとする。

8月 022018
 

東京バーゲンマニア によると。

デザイン性の高いインテリアや雑貨がお手頃価格で手に入るIKEA(イケア)。広々とした店内は、見て回るだけでも楽しいですよね。
そんなイケアで是非手にとってもらいたい商品があるんです。

500mlで550円は感動モノ
それがこちら、「ドリュック・フレーデル」。食品コーナー「スウェーデンフードマーケット」で販売されている、濃縮エルダーフラワーシロップです。
エルダーフラワーはマスカットのような甘い香りが特徴のハーブ。原産のヨーロッパでは、古くから万能薬のような存在として親しまれてきたのだそう。
エルダーフラワーの濃縮シロップ自体は国内でも輸入食品店などで購入することができるのですが、意外と値が張るのが悩みどころ。筆者が以前購入したシロップは500mlで1500円以上しました。

ところがイケアの濃縮シロップは、500mlで550円という驚きの安さなんです!
紅茶に少し垂らして香りづけしたり、リキュールと合わせてカクテルにしたりと、さまざまな使い方ができます。

おすすめは、水や炭酸で割るだけの簡単レシピ。たったそれだけで爽やかなハーブドリンクが完成しちゃいます。
キンキンに冷やした強炭酸で割れば、即・夏にぴったりの絶品ドリンク。ハーブといってもあまりクセがないので、ゴクゴクいけちゃいます。おもてなしドリンクとしても重宝します!水や炭酸で割る場合は6倍に薄めるよう書かれていますが、お好みで調整するのがいいかと思います。
この濃縮シロップ、ファンも多いようで、
「そういやIKEAで売ってるエルダーフラワーのシロップ、500円程で買えて、紅茶のシロップ代わりやら水にライムと入れて飲むとめっちゃ爽やかで美味しいのでオススメ!! 次行ったら箱買いしたいや……」
「IKEAに行って、エルダーフラワーの希釈用ゲットしてきたんだが、これを炭酸水で割るとほんとおいしい。ホットドリンクもおいしいのよ」
「IKEA行く人にもれなく買って欲しいから勝手にオススメするんだけど エルダーフラワーっていうお花のシロップでカルピスみたいに水で薄めて飲む。他のモノに例えづらいけど物凄く爽やかな味。とにかく飲んで欲しいー! 」
「KEAのエルダーフラワーのシロップ リピートしてます 爽やかで優しい香りが飽きない」
といった声がSNSにいくつも寄せられています。

ちなみに同じシリーズで濃縮リンゴンベリーシロップと濃縮ブルーベリーシロップも販売されています。
持ち帰るにはちょっと重たい商品ではありますが、家に帰ってからドリンクを作れば、買い物疲れも癒されるはず! イケアに立ち寄った際はぜひチェックを。

7月 292018
 

All About によると。

◆実はあんまり使えなかった……!夏の失敗アイテムとは
「これ可愛い!」と勢いで買ってみたものの、実はあんまり使えなかった……! 夏の失敗アイテムについてお伝えします。

見た目の感じは可愛いけど、実用性がイマイチだったニットのノースリーブ
◆ニット素材のノースリーブ
夏物が出始める5、6月頃に店頭に並ぶノースリーブアイテム。夏気分を加速してくれる淡いミントグリーンで、暖かさを待ちわびる気持ちと、長袖ばかり着ていた身には新鮮に映り、とっても輝いて見えました。素材はコットン100%なので、暑い時期にも着られるかな、と季節を先取りのつもりで購入しました。

しかし! いざノースリーブ一枚で過ごせる7、8月になると、やっぱり暑い! コットン100%素材もTシャツなら気持ち良いですが、ニットでは肌触りが暑く感じることが判明。室内はクーラーで寒いくらいだから大丈夫なはず……と見越して買ったものの、外に出た時の気温差が激しいとあまり快適に過ごせないものですね。

さらに日焼けを気にして外で長袖を羽織りたい場合も、少し厚手な分モコモコしてバランスが悪く、あまり手が伸びなくなってしまいました。

スタイルが良く見えて合わせやすいはずが、カジュアル過ぎて失敗……
◆タイトなニットスカート
トレンドの長め丈のタイトスカート。特にニット素材は昨年から人気ですよね。縦長で着やせしそうなシルエットのキレイさと、何にでも合うグレーが決め手で購入したのですが、こちらもイマイチ出番がありません……。理由はカジュアル度が高すぎたから。

ニットスカートはディスプレイされているとあまり感じないのですが、人が履いて歩いてみると、結構ルーズに見えることが判明。Tシャツ素材のマキシワンピースと同じように、ボディラインも出やすいというデメリットも……。

そして、シルエット的にインしないとバランスが取りづらいのですが、トップスがハリ感のある素材だと、なんとなくアンバランス。スリットも入っているので、何にでも合わせやすいグレーとはいえ、ラフなカジュアルがOKの時しか履けませんでした。これなら普通の素材のタイトスカートを買ったほうが良かったはず。

◆ビスチェやキャミソール
可愛いし華やかさもあり、Tシャツやノースリーブに重ねれば使える!とつい手を伸ばしていたビスチェやキャミソール。面積が小さいためかお値段も比較的お安く、何点か揃えてしまっていました。

でも、オシャレ目的のみで実用性がないので、出番は正直1、2回。そして、ルーズなビスチェやキャミソールってあまりないので、着心地もキュッとしがちで、真夏には窮屈に感じることも。これも何個も無くても良かったかも……。

こうして見ると、単品そのものが光って見えたアイテムは実用性がイマイチかも。特に快適さが重要な真夏には、オシャレ優先はNG。実用性も重視しながらお買い物をするのが大切と言えそうです。

7月 282018
 

東京バーゲンマニア によると。

モチモチ食感のタピオカが入った、台湾の定番ドリンク「タピオカミルクティー」。最近では、日本でもタピオカミルクティー専門店が続々とオープンし、本格的な味わいを楽しめる機会が増えましたが、自宅でも手軽に楽しめたら嬉しいですよね。

実は「業務スーパー」では、湯せん解凍し、牛乳と氷を混ぜ合わせるだけで、本格的な「タピオカミルクティー」を作ることができる商品が販売されており、SNS上で人気を博しているんです!
原産国は本場・台湾
「業務スーパー」は、”毎日がお買い得”をコンセプトに、世界中から直輸入した食材や国内自社工場のオリジナル商品などを販売しているお店。プロはもちろん、一般の人も利用でき、高品質ながらお手頃な価格帯が魅力です。
前へ 1 / 2 次へ

東京バーゲンマニア
そんな業務用スーパーの冷凍食品コーナーで販売されている「タピオカドリンク(ミルクティー)」は、タピオカ入りのミルクティーの素が4パック、そして太めのストロー4本がセットになった商品。原産国は台湾で、価格は321円とお手頃。1杯あたり約80円です。
前へ 1 / 2 次へ

東京バーゲンマニア
作り方(湯せん調理の場合)は、沸騰させたお湯に凍った状態で内袋のまま入れ、約4分加熱します。その後、グラスに移して氷100グラム、牛乳150ミリリットルをよく混ぜ合わせたら完成です。湯せん以外に、電子レンジを使って作ることもできます。
●「まじで美味しい」「激安」
商品と別に牛乳や氷を用意する必要はありますが、1杯あたり80円程度で作れるコストパフォーマンスの良さは魅力的ですよね。
その味わいも好評のようで、SNS上には
「業務用スーパーのタピオカミルクティー、めちゃくちゃ美味しいからもうあと2杯しか残ってない、4杯分入りなんだけども1杯70円くらいだから激安すぎ、最高に美味しいし神なのでは?! 」
「業務用スーパーのタピオカミルクティーがまじで美味しい件について。 冷凍だからいつでも飲めるし、ストローも入っててお手軽。 しかも1杯100円以下。 ちなみに台湾から輸入されてるよ、もちもちだよ。 近くに業務用スーパーがある人はぜひ…(1袋298円でした)」

7月 272018
 

女子SPA! によると。

 いよいよ夏本番。そこで気になるのが、ボディライン。補正下着に頼りたいところですが、この暑さでは着るのも億劫になってしまいますよね……。

 そこで、補正下着よりも薄手で夏にもってこいのユニクロの「ボディシェイパーショーツ」2種に注目。実際の着用感をレポートしたいと思います。

◆「サポートタイプ」はキツめのスパッツを穿いている感覚

●ボディシェイパーショーツ(サポート・4分丈)990円(税別)

 まずは、ウエストを引き締める「サポートタイプ」。ウエストのゴムがきつく、ウエストを細く見せるというより無理やり押さえつけられている感覚で、ゴムの跡がついてしまいます。かといってお腹を平らにしてくれる効果もそこまでなく、ボディメイクの効果をあまり感じることはありません。

 太モモとお尻はキツめのスパッツを穿いている感じで着脱しづらいので、夏に着るのはちょっと遠慮したい、というのが正直な感想です。

◆「スムースタイプ」はお腹もお尻もサポート

●ボディシェイパーショーツ(スムース・4分丈)990円(税別)

 お次は、ヒップアップを立体的にしてくれる「スムースタイプ」。穿いた感じはサポートタイプよりお尻を持ち上げてくれ、しゃがんだり動いたりした時もズレにくいです。

 穿く時に自分の手でボディメイクしてあげると、お尻のラインがさらに良くなりますよ。そして、お腹の窮屈感はサポートタイプに比べると少なく、快適です。

 総合的に見て、お尻・お腹両方のサポート力は「スムースタイプ」の方が高い印象。細身の人で「スムースタイプ」だとサポート力が足りないと感じる人は「サポートタイプ」でも問題ないかもしれません。

 補正下着のようなボディメイクは出来ませんが、普段の下着よりは断然効果あり! 暑苦しい夏だからこそ取り入れたいですね。