カテゴリー別アーカイブ: ペットの話題

「IKEA新三郷店」で11月3日、2回目となる保護犬・保護猫の譲渡会

sippo によると。

 保護犬や保護猫の譲渡会が、商業施設など大きな会場で開催されることが首都圏で増えている。従来は小さな会場で細々と開かれていたが、もともと人が集まる場所に保護団体が犬や猫を連れて行って開催する。保護犬・猫への認知を広げて譲渡をすすめたい保護団体側と、社会貢献や集客につなげたい会場側。双方にメリットがある取り組みとして急拡大している。

 埼玉県三郷市にある家具販売チェーン「IKEA(イケア)新三郷店」で11月3日、2回目となる保護犬・保護猫の譲渡会が開かれた。

 同店が店舗入り口前のスペースを無償提供し、地元の「みさと動物愛護クラブ」が主催した。保護犬・猫80匹が参加し、来場者は家族連れなど4000人に上った。

譲渡会に参加した保護犬=イケア新三郷店
4000~5000人が来場
 同店ローカルマーケティングマネージャーの曽我卓史さんは「動物の力はすごい」と驚く。1回目は9月に開催し、5000人が来場、45匹の譲渡希望があった。当日、イケアはペット用品を10%割引し、売り上げは大幅に伸びたという。

 同じ場所で定期的に開かれる青空市場などのイベントでは1000人集まれば良い方だといい、2回の譲渡会は集客力の大きさを印象付けた。

 イケアは2017年秋にペット用品の取り扱いを始めたが、認知度が低いのが課題だった。同店では地域貢献ができて、商品のアピールにもなることから、譲渡会の開催を模索していたところ、保護団体側から開催の提案があったという。開催後、ツイッターなどSNSには「イケアやるじゃん」など称賛する書き込みもあった。企業のイメージアップにもつながったようだ。

4000人が来場した譲渡会=イケア新三郷店
保護団体から譲渡希望者の近くに
 譲渡会の事務局を担当した保護猫カフェ「ねこかつ」(埼玉県川越市)の梅田達也代表は「保護犬・保護猫の存在を、幅広く知ってもらえる」と商業施設での意義を話す。

 公園や河川敷などで開いていた従来の譲渡会では、関心のある人は集まるが、一般の人にはなかなか敷居が高い。譲渡を希望する人を待つだけでなく、保護団体側から希望者に近づいていく良い機会になる。

 商業施設で開催すれば、店舗やチラシ、ブログなどで告知してもらえる。予算が限られる保護団体には、このPRも大きなメリットになる。

「ねこかつ」では、4年ほど前に川越市の産業観光館で譲渡会をスタート。その後、家具・ホームセンターの「島忠」、「丸広百貨店」など商業施設での譲渡会を広げてきた。

 今年8月には、東京都新宿区の京王百貨店新宿店で、都内のNPO「ねこけん」と共催し、2日間で計300匹の保護猫を紹介する国内最大規模の譲渡会を開いた。会場は京王百貨店が店舗内の催事場を無償で提供した。昨年8月に続き2回目で、都内のデパートでは初の試みだ。

 ペットイベント「みんなイヌ、みんなネコ」の一環で、京王百貨店のチラシやサイト、SNSなどで告知。猫のストレスに配慮して、譲渡希望者は入れ替え制で、2日間で計1000人が入場し、102匹の譲渡希望があった。

エリザベスカラー派? それとも術後服派?

ねこのきもち WEB MAGAZINE によると。

そのときに、うにとてんちゃんは服を着るのが苦手!と書きましたけれど、実は『まぁ大丈夫♪』な場所が、一か所だけあるのです。
それはどこかといいますと・・・・首周りなのです!(・∀・)b

小さい頃から迷子防止用のネームタグを付けた首輪をしていたからでしょうか、うにもてんちゃんも首周りに何かを装着するのには、かな~り寛容でして。

うになんて特に『大丈夫♪』なタイプだったので、たとえ相当大きな物だったとしても、たいして気にすることなく、首周りに着けたまま遊んだりしていました(^∀^;)
なのでふつうの首輪はもちろんのこと、マフラー、襟付きの首輪、ワッペン付き首輪、ふわっふわのフェイクファーなどなど、いろいろな“首周りオシャレ”をした写真が残っているのでした(*^-^*)

服を着ると途端に動きがきごちなくなっちゃうてんちゃんも、うに同様、首周りだけは大丈夫みたいです。
そんな2匹ですから、ケガなどをして致し方なくエリザベスカラーを付けたとき、付けたままキャットタワーに駆け登ってみたり、問題なくトイレに入ってみたり、便利なマクラとしてそのまま寝てみたり・・・・ものすごい早さでエリザベスカラーに馴染んでおりました。
『ちょっと大き過ぎるけどね、この首輪( ̄ω ̄)』ぐらいの感覚だったのかもしれませんよね、うに・てんにとっては(^∀^;)

もはや自分の一部!というぐらい、エリザベスカラーのあつかいが上手だったうに・てんとは真逆で、まったくエリザベスカラーになじめなかったのが、実はもーちゃん。
以前手術をしたあと、エリザベスカラーを付けなければならない時期があったのですが、歩くときもトイレに入るときもガンガンぶつかって上手くいかず、しまいには『もう動きたくない(_ _lll)』という感じになってしまい・・・。
あまりにも不憫だったのでカラーをやめ、術後服にしてみたところ、ようやくふつうに動けるようになったという(;・ω・A

まぁ、そんなことない方がいいに決まってるんですが、猫たちだって人間と同じで、やむを得ず手術をしなければならないときもあったりしますのでねd(・ω・;)
術後服かエリザベスカラー。
両方とも・・・とはいきませんでしたが、その片方だけでもあまりストレスなく付けてくれるコたちでよかったなぁと、思っている次第であります(;^∀^A

うちのコだけじゃなかった!一番共感を得た「猫あるある」ランキング

ねこのきもち WEB MAGAZINE newsによると。

これは、もふもふなスコティッシュフォールドの「らいち」と「もー太」にメロメロの猫野ココさんの4コマ猫マンガなのですが、そのお話の内容が「猫あるある」なものばかり!

そこで、ねこのきもちWEB MAGAZINEでは、漫画の中で描かれているネタで、飼い主さんがもっとも「あるある!」と共感できるものをアンケート調査してみることに。
1,864名の飼い主さんを対象に、回答の多かった上位3つをランキング形式で紹介していきます! 

第3位:飼い主がいつも座る場所が、愛猫にとってもお気に入りの場所だ(19.4%)
まず第3位は、「飼い主さんがよく座る場所が、愛猫にとってのお気に入りの場所になっている」でした!
飼い主さんがいつも座る場所をよく観察しているんでしょうね。飼い主さんのニオイがするため、愛猫にとって安心できる場所なのかも。

第2位:猫ハウスよりも、ビニール袋やダンボールのほうが好き(27.0%)
続いて第2位は、「猫ハウスよりも、ビニール袋やダンボールなどの箱が好き」でした。これは、あるあるでしょうね!
せっかく新しい猫ハウスを買ってあげても見向きもされず、ダンボールのほうが好きだったり……飼い主さんとしては、ちょっとショックな出来事でもありますよね(笑)

第1位:愛猫が飼い主の布団を奪うことがある(31.8%)
そして第1位になったのは、「飼い主さんが寝ようとする前に、愛猫に布団を奪われる(すでに寝られてしまう)」でした!

飼い主さんがそろそろ寝ようと布団へ行くと、まるで自分の寝床であるかのようにドーンと寝ている愛猫。「こんなに気持ちよさそうに寝てたら、動かせない……」というのは、飼い主あるあるでしょうね。

猫写真をグレードアップさせるコツ

ねこのきもち WEB MAGAZINE によると。

猫の撮影って、なかなか見たままの姿を撮ることが難しいもの。
「ねこのきもち」でもおなじみの猫カメラマン・石原さくらさんに、プロも使う撮影時のコツを教えてもらいました!

布の反射光を利用して、黒猫の表情もかわいく撮影☆
暗い毛色・柄の猫の表情をキレイに撮るコツ
黒猫など、顔の毛色が暗い猫を撮影する場合、表情がつぶれてしまいがち。なるべく猫の顔に光がたくさん当たるように工夫するといいでしょう。明るい色の布や紙などを敷いて、レフ板(被写体に光を反射させる道具)のようにして使うのがオススメ。撮影する直前に布を敷くと、好奇心旺盛な猫はニオイを嗅ぎたくて自然と布の上に載ってくれることが多いです。

見たままの毛色を写真で表現するコツ
見たままの毛色を写真で表現するコツ
写真にすると、肉眼で見たままの毛色を再現できないというお悩みも。原因のひとつとして、撮影時の照明の色が考えられます。自然光を使ってもキレイな色で撮影できないときは、カメラのホワイトバランス機能を使ってみて。ホワイトバランスとは、どんな光の中でも被写体本来の色(白を白く)に撮影しようとする補正機能のこと。ホワイトバランスを使って少し明るめに撮影すると、実際の毛色に近い色味で、かつ、毛並みもクリアに撮ることができますよ。

ふわふわな毛並みを写したいなら、逆光を利用
ふわふわな毛並みを写したいなら、逆光を利用
窓辺などで逆光を使うと、猫の体に光が当たって毛のふわふわした様子が撮影できます。光の真後ろから光が当たると顔が暗くなってしまうので、斜め後ろから光が当たるよう猫を誘導して撮影できるとベストです!

いかがでしたか?  どれも簡単にできるので、みなさんもぜひやってみてくださいね。

かわいいお顔も台無し!?愛猫の爆笑「ぶちゃいく顔」エピソード

ねこのきもち WEB MAGAZINE によると。

愛猫の爆笑「ぶちゃいく顔」エピソード
とっても愛くるしい表情のニャンコたち。でも、たまには「ぶちゃいく」な瞬間だってあるはず!(笑)
ねこのきもちWEB MAGAZINEでは115名の飼い主さんたちに、愛猫のことを「ぶちゃいくだな~」と思う瞬間について、アンケートを実施しました。

眠る顔はぶちゃいく鉄板!?
半目や白目になったり、変なポーズをしたりと、眠っていて無防備な瞬間はぶちゃいくになっちゃうみたいです!

「白目向いて爆睡姿」
「ヘソ天しながらグルーミング中に半目で寝た」
「私の足を枕にして寝ているとき、なぜか白目になってほんのりブチャイクに」
「猫じゃらしで遊んでるうちに、猫じゃらしを咥えながら寝ちゃったときの顔」
「爆睡するとお腹丸出しで足広げて寝るとき」

口を開けるときはぶちゃいく!?
ゴハンを食べようとするときや、あくびの瞬間など、口を開ける瞬間はぶちゃいくになっちゃうみたい!

「おやつが欲しいときの顔」
「ゴハン待ちで我慢できないとき、ぶちゃいくな顔になってる」
「大好きなちゅーるを食べるとき。必死すぎてぶちゃになる」
「あくびをするときの顔が、なぜか怖い」
「ベッドに人間のようにお腹を出して座って、あくびしてたのを見たときは、さすがに不細工で笑ってしまった」

何気ない瞬間もぶちゃいくに!?
そのほかには、何気ないふだんの日常で「何その顔!?」となることも……。

「顔を枕に乗せてるときのペチャンコ顔」
「気に入らないことがあると、子どもが地団駄踏んだり寝転がってゴネるような態度や表情を見せる」
「鼻をなでると、口を開けて甘えるときの顔」
「口を半開きでニオイをかいでいるとき」
「鈍くさいので、段差を越えようとして失敗したときは、ビックリするのかものすごい顔をした」

どんなにかわいいニャンコでも、ふとしたときにぶちゃいくになっちゃうみたいですね。でも、そんなお顔すらも愛らしい♡
あなたの愛猫の「ぶちゃいくな瞬間」はいつですか?