カテゴリー別アーカイブ: ペットの話題

「2012動物感謝デー in JAPAN ”World Veterinary Day”」が、10月6日に駒沢オリンピック公園で開催

RBB TODAY によると。

 日本獣医師会主催による「2012動物感謝デー in JAPAN ”World Veterinary Day”」が、10月6日に駒沢オリンピック公園で開催される。イベントには動物の同伴が可能で、獣医師がどのような活動をしているのかを、ステージイベントやブース展示でわかりやすく紹介する。

 同イベントは、獣医師の仕事や役割について広く一般に認知してもらうことで、人と動物の共生、動物愛護思想の普及・啓発に寄与することを目的としたもので、今年で6回目を迎える。

 今年のテーマは「動物と人の健康は一つ。そして、それは地球の願い。」。獣医師は動物の診療だけでなく、食の安全・感染症対策・環境保全など幅広い分野に貢献して動物の命と健康を守ることにより、国民の生活を支える役割を担っているとして、人と動物が健康に暮らすための獣医師の活動を、イベントを通じて紹介する。

 会場では、「一日動物親善大使」加藤夏希のトークショーをはじめ、ペネロペの参加型コンサート、一日獣医師体験コーナー、動物ふれあいコーナー、ペットファッションショー、プロカメラマンによる来場者とペットの撮影会、災害救助犬や警察犬など働く動物たちのデモンストレーションなどを予定している。

 昨年はファミリー層を中心に2万7千人が入場し、人と動物とのふれあいを体験した。入場料は無料で、動物同伴可能。

◆2012動物感謝デー in JAPAN ”World Veterinary Day”
日時:2012年10月6日(土)10:00~17:00 ※雨天決行
場所:駒沢オリンピック公園 中央広場(東京都世田谷区駒沢公園1‐1)
入場料:無料、動物同伴可

犬向けの歩数計「わんダント」を開発

Tech-On! によると。

 富士通は、犬向けの歩数計「わんダント」を開発し、「CEATEC JAPAN 2012」(2012年10月2~6日、幕張メッセで開催)に出展した。クラウド型サービスと併せて、2012年秋に発売する予定。価格は、「犬のトリミング代よりも少し高い」(同社の説明員)という1万円程度を想定する。

 開発した歩数計は、3軸加速度センサと温湿度センサ、FeliCaモジュール、揮発性メモリ、マイコン、ボタン電池などから成る。犬の歩数と飼育環境(温湿度)を測定し、「愛犬の健康管理に役立ててもらう」(富士通の説明員)。重さは20g以下であり、犬の首輪に装着して使用する。

 3軸加速度センサで、犬の前足の動きを検知して歩数を計測する。犬が歩いているときは片足の着地ごとに1歩と、走っている時は両足が浮いて着地するまでを1歩とする。犬の動きに最適化されているため、猫など他の動物では正しいデータが得られないという。犬の飼育環境の変化は、温湿度センサを用いて測定する。

 本体に格納できる測定データは、約2週間分。富士通では、FeliCa対応のスマートフォンを介して、クラウド上に測定データを転送・保存するサービスも併せて提供する予定。犬の活動状況の時系列の変化は、パソコンやスマートフォンの専用Webで確認できる。消費者が、犬の体重や食事などの状況を書き込むことも可能という。「普及が進めば、犬種ごとにさまざまな情報を提供していきたい」(同社の説明員)とする。

 富士通では、わんダントで得られた測定データと、動物病院やペット・ホテルなどの情報を、クラウド上で統合した「どうぶつ医療クラウド」を構築していく考え。将来的には、高度医療施設や研究機関、制約会社、保険会社などを統合した「ペット産業の社会インフラに発展させていきたい」(同社の説明員)とする

孤独な少年・ヴィクターと“禁断の実験”によって甦った愛犬・スパーキーとのピュアな愛が、街中に大事件を巻き起こしていく冒険ファンタジー

cinemacafe.net によると。

『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』や『アリス・イン・ワンダーランド』を始め、ファンタジックな独自の世界観で多くの映画ファンを魅了し続けるティム・バートン監督の最新作『フランケンウィニー』。10月5日(現地時間)の全米公開に先駆け、9月24日にハリウッドのエル・キャピタン劇場にてワールド・プレミアが行われ、バートン監督と本作に声優として参加したウィノナ・ライダーが出席した。

ディズニー作品史上、初となる全編“白黒3D”で描かれる本作。孤独な少年・ヴィクターと“禁断の実験”によって甦った愛犬・スパーキーとのピュアな愛が、街中に大事件を巻き起こしていく冒険ファンタジーだ。

白黒の世界が特徴的な本作にちなんで会場の前には、レッド・カーペットならぬ“ホワイト・カーペット”が全長150メートルにもわたって敷かれ、来場したゲストたちはホワイト&ブラックのモノトーンファッションでドレスアップ! 『フランケンウィニー』の世界さながらの奇妙でハイセンスな雰囲気に、詰めかけた200名を超えるバートン監督の熱狂的なファンたちは酔いしれた。

バートン監督は、自身の少年時代の愛犬との思い出を原点とし、監督自身が最も撮りたかったと豪語する作品だけあって「長い間、多くのスタッフの手によって完成したことは、とても嬉しい!」と喜びを爆発させる。また、小さなパペット(模型の人形)を一つ一つ動かして映像を作り上げるストップモーション・アニメーションは、これまでも『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』などで取り入れてきたが、今回は3Dを加えた革新的な映像で話題を呼んでいる。これについては「とてもエキサイティング! ストップ・モーションアニメと白黒3Dという要素が混ざり、いままで全く見たことのない映像が出来上がった」と本作に込めた情熱を熱く語った。

さらに会場には、主人公・ヴィクターのクラスメイトであるエルザの吹替え吹替えを担当したウィノナ・ライダーもモノトーンファッションに身を包んで登場。バートン監督とは、『ビートルジュース』、『シザーハンズ』以来の仲で、本作への出演についても「監督にとって特別な思い入れのある作品に関われたことは、とても名誉なこと。仲のいい友人と一緒に仕事ができたことは素晴らしかった!」と目を輝かせていた。

『フランケンウィニー』は12月15日(土)より全国にて公開

キャメロン・ディアスが、最新作『ザ・カウンセラー』でチーターと一緒に寝たようだ。

RBB TODAY によると。

 キャメロン・ディアスが、最新作『ザ・カウンセラー』でチーターと一緒に寝たようだ。キャメロンは同作でチーターをペットに飼っている役柄を演じるため、チーターを手懐けなければいけなかったという。

 ある関係者は『ザ・サン』紙に撮影現場の様子について「キャメロンが最初にチーターと一緒に現場で撮影を始めた時、チーターは我が物顔で撮影現場を歩いていましたよ」「チーターはキャメロンのことが気に入ったようでしたよ。キャメロンとチーターはベッドで一緒に寝るシーンを含めて、たくさんのシーンを一緒に撮影しなけれないけなかったので、うまくいって良かったですね」と語った。

 キャメロンはチーターに噛まれるかもしれない危険があったものの、撮影中は常に調教師が傍につき、何が起きても万全な体制だったという。

 また、同作のプロデューサー陣はキャメロンのケガの心配だけでなく、チーターが、撮影が行われたイングランド南部ミドルセックスにある豪邸のスカイウッド・ハウスに傷をつけないかどうかも気にかけていたと先の関係者は続けた。「調教の専門家が万が一のためにいつも近くにいました」「スカイウッド・ハウスは全く汚れのない豪邸で、家具は高価なものばかりだったので、チーターが傷つけないかどうかが心配だったんです」

 そんなキャメロンの最新作『ザ・カウンセラー』は、リドリー・スコット監督がドラッグ・ディーラーの世界を描いたコーマック・マッカーシーの原作を映画化する作品だ。キャメロンの他にブラッド・ピット、マイケル・ファスベンダーらも共演予定だ

米国の研究チームがアフリカのコンゴ(旧ザイール)で新種のサルを発見

CNN.co.jp によると。

ケニア・ナイロビ(CNN) 米国の研究チームがアフリカのコンゴ(旧ザイール)で新種のサルを発見したとして、12日の米科学誌プロスワンに論文を発表した。サルの新種は過去28年で2種類しか確認されていないという。

見つかったのはコンゴ中部ロマミ盆地の森林に生息するオナガザルの一種で、大きな目とピンク色の顔、ふさふさした黄金色の毛を持つ。体型や大きさは東部に生息するフクロウのような顔のオナガザル「フクロウグエノン」に似ているが、外見に大きな違いがあるという。

発見のきっかけは、コンゴの森林を調べていた調査団が、近隣の集落で見たことのないサルが民家につながれているのを見つけたことだった。森で母ザルがハンターに殺された子ザルを、地元の少女が引き取り、ペットとして飼っていたという。少女の父親によれば、このサルは地元の人たちの間で「レスラ」と呼ばれ、ハンターにはよく知られた存在だという。

研究チームは鳴き声の録音や組織採集、生態観察などの現地調査と並行して、遺伝学、人類学的な検証や、頭がい骨の形状の比較などを実施し、3年がかりの研究を経て新種と断定した。

レスラが生息している森林はこれまでほとんど学術調査の対象になったことがなく、今後も科学的に重要な発見が期待できるという。しかし伐採や狩猟によって原生林が脅かされているのが現状で、研究チームはレスラを象徴として、この地域の森林保護を訴えていきたい意向だ