カテゴリー別アーカイブ: ユニバーサルスタジオの話題

ミニオンたちと触れ合える!USJに新エリア「ミニオン・プラザ」誕生

シネマトゥデイ によると。

 映画『怪盗グルー』シリーズに登場する謎の黄色い生き物ミニオンたちと触れ合ったり、ミニオングッズやフードが楽しめたりする新エリア「ミニオン・プラザ」が大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に誕生することがわかった。

 エリアは6日、「サンフランシスコ・エリア」内にオープン。いたずら好きなミニオンが大はしゃぎする様子をイメージした専門ショップ「ミニオン・マート」では、手を押すと笑い出す「おしゃべりミニオン」や、顔が付け替えられるフィギュアなどオリジナルグッズが豊富に用意される。フードでは、ミニオンのにんまり顔が角煮まんになった「ミニオンまん~角煮~」や、目玉と手が動くミニオン型のポップコーンバケツ(17日より発売開始)などがそろっている。

 また、20日からはストリートショー「ミニオン・フィーバー」がスタートする。大好物のバナナを求めて大騒ぎするミニオンのおちゃめな魅力が満載の楽しいショーで、ミニオンが『怪盗グルーのミニオン危機一発』で話題になった「バナナソング」を歌ったりもするといい、ファンなら見逃せない。

 ミニオンを主人公にした新作映画『ミニオンズ』は7月31日より全国公開。同作では、ミニオンたちがグルーに出会う前に何をしていたのかが明かされる。

USJ、ハロウィーン仮装で大にぎわい! 今年は”ハリポタ”仮装者も

マイナビニュース によると。

大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で12日、「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」(~11月9日)が開幕し、仮装したゲストが多く詰めかけている。

「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」では、昼は、エルモやスヌーピー、ハローキティなどがフロートに乗って登場し、ゲストはビーズキャッチに熱狂する「パレード・デ・カーニバル」を開催。夜は、パーク内にゾンビが大量発生するなど、7つのホラー・アトラクションが体験できる「ハロウィーン・ホラー・ナイト」が行われている。

そして、ハロウィーン装飾が施されたパークには、仮装を楽しむゲストの姿がたくさん。ハットやカチューシャを付けて仮装する人や、エルモ&クッキーモンスター、『ワンピース』のルフィなどキャラクターになりきる人、さらに、ゾンビメイクを楽しむ人など、パークはハロウィーンムードに包まれている。

また、今年7月15日にオープンした新エリア「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」では、『ハリポタ』仮装者が続出。ハリー・ポッターのグリフィンドール寮のローブ(赤)や、ドラコ・マルフォイのスリザリン寮のローブ(緑)を着たゲストは、手につえを持ったり、ホグワーツ城を背景にしたり、記念撮影を楽しんでいる。