カテゴリー別アーカイブ: 健康の話題

くしゃみと花粉の関係をモニターする「ポールンウォッチ」

ITmedia ヘルスケア によると。

 ウェザーニューズが、花粉の飛散状況を観測し、情報として提供する「花粉プロジェクト」の一環として、新たな“ウェアラブルデバイス”を発表しました。その名も「ポールンウォッチ」。くしゃみの回数を記録する機能を持っていて、Bluetoothを搭載しており、スマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」経由でそのデータの確認とウェザーニューズへの送付が可能です。

 ポールンウォッチは、直径4センチの「腕時計型くしゃみカウンター」です。腕からは3センチほど出っ張ります。くしゃみしたときにポールンウォッチの鼻を押すと、その回数によって目の色が「青」から「黄」「赤」「紫」へと4段階で変化します。文字通り“くしゃみに目を光らせる”というわけです。くしゃみの回数と時間は記録され、ウェザーニュースタッチアプリから確認できます。

 くしゃみの回数のデータは、ウェザーニューズの予報センターにも送ることができ、調査に役立てるのはもちろん、ユーザーの症状に合わせた花粉対策を毎朝届けるサービスも、くしゃみカウンターの分析結果を加味したものになるそうです。

 ウェザーニューズの予報センターでは、「ポールンウォッチ」でカウントされたくしゃみの回数や時間に加え、花粉観測機「ポールンロボ」で観測された花粉飛散量、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」を通して寄せられる、ユーザーの症状の報告(大丈夫、ややつらい、つらい、非常につらい)を分析して、くしゃみと花粉の飛散量や時間帯の関係性を調査するとのこと。

 ウェザーニューズでは、くしゃみと、花粉の飛散量や時間帯の関係を調査するためのモニターを募集し、抽選で100人にこのポールンウォッチを配布する予定です。応募締め切りは3月6日の24時。スマホアプリのウェザーニュースタッチから応募できます。

 なお応募するには以下の条件を満たしている必要があります。

1. iPhoneを使用している
2. ウェザーニュースタッチ有料会員
3. 花粉症である(通院証明などは不要です)
4. 就寝時等を除き、日常生活で基本的にポールンウォッチを付けていられる
5. 毎日くしゃみのカウントを行い、少なくとも1日1回ウェザーニュース花粉Ch.からくしゃみの報告ができる
6. くしゃみカウンターで記録したデータ、およびリポーター名の一般公開が承諾できる

 まずは100台のモニターからスタートですが、将来的には厳しい花粉の季節を乗り切るのに重要なパートナーになるかもしれません。

認知症の謎が1つ解明!80歳を超えても認知症にかからない人の特徴とは?

Mocosuku Woman によると。

厚生労働省が2014年7月31日に発表した調査によれば、2013年の日本人の平均寿命は、男性が初めて80歳を超えて80.21歳。女性は86.61歳で、1985年から連続世界一位を守っています。
でも、単に長生きすればいいというものではありません。認知症や寝たきりになってしまっては、人生を楽しむことができません。
最近、アメリカで認知症の謎を解く手がかりになるという一見、不思議な、それでいて希望の光となりそうな研究が発表されました。

認知症の謎が1つ解明!80歳を超えても認知症にかからない人の特徴とは?

◆新発見! 大脳皮質の厚さが、記憶力に関係していた!
研究者たちは、80歳を超えても50~60代の人たちと変わらない記憶力を持つ「スーパーエイジャー」と呼ばれる人たち12人に対して脳のMRIスキャンを含む様々なテストを行い、また5人の遺体の脳を解剖しました。その調査結果が、アメリカの神経学会誌JournalofNeurologに発表されました。
認識神経学とアルツハイマーセンター(CognitiveNeurologyandAlzheimer’sDiseaseCenter)で、この研究を統括するChangizGeul研究教授によれば、そもそもスーパーエイジャーの脳は、同年代の普通の人と比べると、構造自体や神経系統の結びつきに違いがあるというのです。一例をあげるなら、彼らの一部は、脳内で集中力をつかさどる前帯状皮質と呼ばれる部分が、より若い世代と比べても厚いそうです。つまり大脳皮質が厚いほど記憶力がよい可能性があるという新たな発見がなされたのです。

◆たんぱく質の「もつれ」が脳細胞を減らす
この研究には参加していないクリーブランドのBrainHealthandMemoryCenteratUHCaseMedicalCenterのAlLerner博士も、この説に賛成しています。彼によると、大脳皮質の衰退は認知症における貴重なマーカーなので、逆に言えば皮質が厚いほど認知症になる可能性が下がるかもしれないというのです。
またGeula研究教授によると、「細胞内で形成されて、細胞を死滅させるたんぱく質の『もつれ』が、同年代の人に比べるとスーパーエイジャーには少ない。この『もつれ』や大脳皮質の厚さと認知症の関係に関しては、より一層の研究が必要だろう」ということです。

◆特殊なニューロンを、3~5倍も多く持っていたことが判明!
人間、年をとると頑固になり、他人の意見をききいれなくなりがち。でもスーパーエイジャーたちは、社会との関係性が良好に保たれています。前述の研究結果によると、彼らはフォン・エコノモ・ニューロンという特殊なニューロンを、普通の高齢者や軽度の認知症患者と比べて3~5倍も多く持っているそうです。
スーパーエイジャーとは、一言でいえば、記憶力と協調性を兼ね備えた人たち、そういっても過言ではないでしょう。この分野は、さらなる研究成果が期待されています。

最新・花粉飛散予測を発表 ‐ 東京都のスギ花粉ピークは3月上旬から中旬

マイナビニュース によると。

日本気象協会はこのほど、全国・都道府県別の「2015年春の花粉(スギ・ヒノキ、北海道はシラカバ)飛散予測(第4報)」を発表した。

第4報では、北海道のシラカバ花粉の飛散開始時期を新たに予測。また、最新の長期予報や花芽調査などに基づいて、前回予測(1月14日発表・第3報)を一部修正している。

同協会では、1平方センチメートルあたり1個以上のスギ花粉を2日以上連続して観測した場合を「飛散開始」と定義している。それによると、2月前半には九州から関東地方の多くの所で花粉シーズンに入り、東京都心でも2月8日にスギ花粉の飛散開始が確認された。

2月中旬以降は中国地方から関東では晴れて気温が高い日が多く、広島(広島県)と高松(香川県)でも2月11日に飛散開始が確認されている。「九州や四国地方では、スギ花粉の飛散数が次第に増加しており、まもなくスギ花粉のピークを迎えるでしょう」と同社は発表している。

今週末から来週のはじめ頃(2月21日~2月24日)は全国的に気温が高くなる所が多く、西日本はスギ花粉の飛散数が増加し、北陸や東北地方の一部も飛散開始となる見込み。北海道では、3月から4月の気温は平年並みか低い予想となっている。しかし花粉の飛散開始時期が大きく遅れることはなく、シラカバ花粉は例年並みに4月下旬から5月上旬に飛散が始まるとのこと。

スギ・ヒノキ花粉の飛散数がピークになる時期は、花粉シーズン中の気温や予想される総飛散数と関係があると考えられている。3月の気温は全国的にほぼ平年並みとなる予想。4月の気温は西日本では平年並みで、東日本と北日本は平年並みか低い見込みだが、ピーク時期を遅らせるほどではないという。このため、スギ・ヒノキ花粉それぞれのピーク時期は例年並みと予測できる。

スギ花粉のピークは、福岡(福岡県)は2月下旬から3月上旬、高松(香川県)、広島(広島県)、大阪(大阪府)、名古屋(愛知県)、東京(東京都)は3月上旬から中旬の見込み。金沢(石川県)と仙台(宮城県)は3月中旬から下旬にピークを迎えるという。そして、スギ花粉のピークが終わった後は、各地でヒノキ花粉がピークを迎える見込みとなっている。金沢と仙台では4月にヒノキ花粉が飛散するものの、飛散数が比較的少なく、はっきりとしたピークはないという。

2015年春のスギおよびヒノキ花粉(北海道はシラカバ)の総飛散数は、九州から近畿地方のほとんどの地域は例年(2005年~2014年の平均値)より少ないかやや少なく、東海地方から北海道は例年並みの所が多いという。

2014年の総飛散数から予測すると、北陸、関東甲信、東北地方では、前年の2~3倍となる見通し。一方で九州や四国地方では、前年に比べて非常に少なくなる見込みだという。

また、2014年の夏の気象条件から考えると、西日本では例年より少ない所が多く、東日本と北日本では例年並みかやや多いと予測されている。